人生、それはわからん

最後から二番目の虚妄

.

スポンサーサイト

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

夏の黄金比/相対性理論

  1. 2009.04.29(水) _09:18:41
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
こーんとれっくすはこがい
こーんとれっくすはこはこはこがい





キタキタを見に行ったガンガンオンラインで坂本太郎が連載してるの今知りました


なんで本誌でやらねえんだよォォォォォォ!


どう考えても過去の勢いを取り戻すチャンスだろコレはッ!
あのお家騒動(社員が仲間割れ起こして主力漫画家引っこ抜いてブレイド創刊しちゃったアレ)
以降わりとグダグダじゃねえか本家の方はーッ!

ジャンプは週間乙女ジャンプ→週間少年エロス
微妙な期間
を経ても持ち直しつつあるのに……
あの秀逸なギャグとジュブナイル系ファンタジィと基本的な萌えで
ことごとく埋められてたガンガンはどこにいったんですかーッ!

いや、今もちゃんと面白いのはあるからまぁいいんですけどね。
でもガンガンよりはヤンガンのが面白いかなあ、うーん。
とりあえず土塚理弘がすごく頑張ってるきがする。
マテパおもしろいな。清杉ろも相変わらず電車じゃ読めない。

オンラインでの数が溜まったら今までの作品も纏めて単行本出して下さい
坂本太郎だけの本って未だ一冊も出てないんじゃないですかよく考えたら
公開が五月六日までになってる作品多いからこれはその辺りに発売フラグでしょう
そうだと言ってくれ


アイレムの公式サイトに連載されてる〝ふる里4コマ小唄〟は本にならないんですか?
スペランカー先生おもしろいです
ていうかスペランカーがPS3で発売ってマジデスカ。なんだそれ買うぞ。





小説
私は平和な日常シーンほど書けないという厄介な病気にかかっています。
ヴァ高の異常な日常(仮)パートは短編で出すのがメインなんですけども
やっぱり世界観解説のためちょっとは出さなきゃいけませんネ! ということで
第二部の出だしはいつも私がマンガでやってるような
珍妙なテンションの(自覚有り)ギャグで埋めようとしてるのですが
これがまたうまくいきません。

ラノベ的な感情移入しやすい単純明快な一人称描写のほかには
SFか推理小説(しかも主に外国文学の)のそれくらいしか吸収していないので
もうなんか普通のシーンの描写能力あたりに致命的なエラーが発生しています。


全編通して血みどろ展開なら描写もポンポン思いつくんですけど
さすがにそんな
このサイトを赤と黒メインのゴシカルなデザインで改装しなきゃいけなくなるような
物語を量産する気はあんまりナッシング。
一つくらいならそんなのもいいかもしれませんけど。

気付いたら進度半分くらいでもう10KB。
描写が長くなってしまうのはいかんですね。精進せねば。
スポンサーサイト
edit

真っ赤なバラとジントニック/水森亜土

  1. 2009.04.26(日) _07:53:47
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
ジルオールインフィニットプラス
とりあえず一周クリア
ていうかこれEDリストがシステムデータ依存じゃ無いっぽいけど
まさかこれ記録セーブデータ毎なのか……!?
リストコンプのためには最低53回クリアしなきゃいけないとッ!?

……調べてみたらどうやらセフセフ
あぶねえ色々放り出して全力でやり込むところだったぜ(

ちなみに初回はフェルムENDでした。
パーティ内で一番親密度高いとイベントシーンにちょくちょく顔出すけど
武器を構えるときにくるっと回すのがやけにかっこいいですフライパンなのに。
終始ギャグテイストの個人イベントも個人的に好き。
まさか酒場のウェイトレスが新世界の神とか竜王と戦うことになるとは。
フライパン(によく似た魔導器)とエプロンドレス装備で。
いいカオスだ。

フレアさんは楽に仲間になりました。条件はリメイク前でED見るのと同じかな。
エルファスは仲間にならなかったけど兵士にわざと負けるの面倒だったから
リメイク前EDと同様に進めるの試して無いぜ! 新世界の神になっちゃいました。
あと誰か前作キャラで新規仲間いましたっけ。小説版キャラは割と楽に仲間になったけど。


しかしロードが異常に長い……!
いや異常ってほどでもないかもしれないけど
フィールドで魔法使ったらエフェクト読み込むのに時間かかって
読み込み終わってエフェクト出たら効果時間切れてるとかマジ徒労。


リューガの変ではなんかわりと大虐殺。
やっぱ頑張って狙わないと死者出さないの難しいですねこのゲーム。
第二次ロストール侵攻ロストール側でのアイリーン生死分岐は確実に初見殺し。


二週目以降はもっと色々がんばろーう。

〝レベル上げに苦労するゲーム〟はあるけど
〝終盤までレベル上げないのに苦労するゲーム〟って珍しいですね。
ちょっと頑張っちゃうとレベルぽんぽん上がるー。
edit

LAST ALLIANCE/Last Alliance

  1. 2009.04.25(土) _00:46:56
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:2
ライオット徹子の陰欝な人情紙ねずみ(タモリ伝来篇)ver2.5

第五回
 『じじじじじじネタ』



聖「酒飲んで酔っ払ったせいでスサノオノミコトに倒されたヤマタノオロチの尾から、神器“草薙剣”が出て来たという話と、件のまっぱだカーニバルとの関連性について一言……」

ライト「強い作為の念と、神話の時代から続く怨念を感じます」

兇闇「時事ネタをやるにしてももう少しマシな話しろよ」

リミル「MMRみたいね」

ライト「せめて葉っぱ一枚あればいいんだけどな……」

ルナ「境界線そこなんだ」

リミル「しかしまた懐かしいネタを」

聖「私がやるなら三枚は必要ですね……」

兇闇「想定するなよ、て言うか何枚でも駄目だよ本来は」

ライト「でも“葉っぱ一枚”ってのが、全身隠せるほどの巨大な葉っぱ一枚だったら……?」

聖「なるほど……!」

ルナ「聖ちゃんそれは納得しちゃいけないところ」

リミル「……えーと、亜人化の弊害で常識能力が失われてたり?」

兇闇「いや、元からあんなだ」

リミル「そう……」

聖「失礼ですね、私だってちゃんと基本的なことは解ってますよ……」

ルナ「あ、よかった、内心本当にやりだしゃしないかと」

聖「ただ徒に露出度を上げるのではなく、重ね着しといて僅かに肩がはだけてたり服の隙間から胸元がちょっと見えてたりするくらいが真のえろすというもの……!」

リミル「と思いきや、なんか間違った方向で理解しているッ!」

ライト「おどりこのふく標準装備のマーニャよりも、ミネアのローブの肩がややずり落ちてる所に萌えるってわけだな!」

聖「まさにそれです!」

兇闇「なんかよくわからない話が始まったな」

ルナ「あれ、て事は聖ちゃんがいつもボタン止めなかったり上着は引っ掛けるだけだったりするのって計算?」

兇闇「いや……残念ながらアレは素だ」

聖「自分を飾るより他の可愛い子にいろいろ着せたりして見てる方がいいです……」

リミル「大丈夫なのかなこの主人公」

ライト「着せ替え人形みたいなものかな、俺としては着せ替えの過程も重要だが」

ルナ「ほら、お兄ちゃんの場合、その人形役が私だから」

リミル「……大丈夫なのかなこの主人公ズ」

聖「駄目だと思います」

兇闇「お前が言うなよ」
edit

DOZING GREEN/Dir en grey

  1. 2009.04.21(火) _03:06:18
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:2
ライオット徹子の陰欝な人情紙ねずみ(タモリ伝来篇)ver2.5

第四回
 『理系科目の専門用語は必殺技っぽく叫ぶとかっこいい』

 

ライト「喰らえ、スターバーストォッ!」

聖「負けるか! 電磁……誘導ッ!」

ライト「甘い、甘いぞ! ローレンツッ! アトラクタァァー!」

聖「くっ……エルゴ・スフィア!」

ライト「むぅっ、耐えたか! だがこれで動けまい、今度こそ終わりだッ! フェルマーズ……ラスト・セオレムッ!」

リミル「……何やってんの、きみたち」

ライト「サブタイの通りだ!」

兇闇「ネタじゃなかったのか、前回の予告……」

聖「待って、これは……ユークリッド空間! まさか“事象の地平線”が動き出したと言うの……?」

ライト「いかん、ERブリッジに蓄積されたクーロン力が減少している……禁術と言われる“ソルヴェイ法”の使い手がまだこの世にいたとは……!」

聖「あれはやはり奴らの旗艦、“シュバルツシルト改”……一時休戦ですね、まずはあれを墜とさなければ」

ライト「フン、このEMフィールド内にまで入ってくるとはな……しかしこの魔双剣テロメアとテロメラーゼに斬れぬものなど」

兇闇「もうだんだん技じゃ無くなってるじゃねーか」

リミル「確かに響きはそれっぽいけどさ」

聖「出ましたね、“マクスウェルの悪魔”……!」

兇闇「誰が悪魔か」

リミル「組織の四天王みたいなもんなのかな」

ライト「まぁ他にも無駄にかっこいい名前あるんだけどね」

ルナ「オゾンホールとかアクアリウムとか魔法っぽいよね」

聖「メガドライブ!」

ルナ「うわ威力高そう」

兇闇「ビーフストロガノフは鉄板だよな」

ライト「何故だろう、ガノンドロフが頭をよぎった」

リミル「あ、ぼくも……」

聖「食べ物で最弱は間違いなくピロシキですね」

ライト「ニョッキも捨て難い、あとポンカンとか」

ルナ「うに(笑)」

リミル「なんかそう聞くと格好悪いなぁ、うに」

華鈴「うー、酷い目にあいましたよ前回……なんですか皆さん、今度は食べ物の話ですか?」

ライト「いや、理系な必殺技の話」

聖「急に組織が来たので……」

華鈴「ああっ、参加してから台詞二つでもう既に意味がわからないッ!」

兇闇「その方がいいと思うぞ」

リミル「これで意味わかるようになっちゃったらもう戻れないよね」

ルナ「ふふふ……このくらいで音を上げていたらお兄ちゃんの妹という座は渡せないよ、華鈴ちゃん」

華鈴「う……ま、負けませんよ私は!」

兇闇「あーもう負けていいよ、何故わざわざ奈落に身を投げるんだよ」

ライト「ようこそ男の世界へ……」

聖「ドイツ! ドイツ! ドイツドイツ、ジャーマンッ!」

ルナ「兄貴! 兄貴! 兄貴と私!」

リミル「ああっ、ややこしくなるからもう黙ってなさい!」

華鈴「ううっ、これに入れなきゃダメなのですか……!?」

兇闇「いやだから入らなくていいよ別に……」

リミル「ていうか普通は一番特異な存在であるはずの人外の者から珍しがられるぼくらってどうなの」

ルナ「まぁ……世の中にはロボとゴリラとハイジャック犯とフレディ・マーキュリーが紛れ込んでる高校もあるくらいだから」

ライト「逆に言えばもうソレと同列なのか、この高校」

兇闇「貴様もその重要な因子だぞオイ、自覚無いのかひょっとして」

華鈴「なるほど、つまり――私がフレディ・マーキュリーになれば自然な形で仲間に!?」

聖「うぃーうぃーるうぃーうぃーるろっきゅー」

リミル「落ち着いて華鈴ちゃん、思考が汚染されかけてる!」

兇闇「と言うかフレディになるってどうやってなる気だよ」

華鈴「うーん……リッチー・ブラックモアかオジー・オズボーンならどうにかなるんですけど」

ルナ「なるの!?」

ライト「なれたらなれたで、タダでさえ無い萌え要素がさらに失われるから止めた方がみのためよのためひとのため、だよ」

華鈴「ジェフ・ベックも可なんですが、術が不完全なので肌の色がなんかCDの裏面みたいなメタリック虹色になるんですよね」

ライト「やべぇ超見てえ」

リミル「やめてあげて、きみが言うと本当にやりかねないから彼女」

華鈴「他はやろうとするとなんか変なモザイクになったりグラフィックが点滅したりセレクトボタンでレベル100になったりしちゃいます」

兇闇「それ術じゃなくて単なるバグじゃねえか! キャラチップおかしくなってんだよ!」

聖「グラフィックの点滅はバグじゃなくて同一軸上に四人以上並んでるからです……」

兇闇「わかんねえよ! FC版DQネタが通じる奴がここの読者に何人いるんだよ!」

ま「お前それ言っちゃーこのサイト全否定になるべや」

リミル「なんか沸いた――ッ!?」

ライト「自画像も代理キャラも定着させないで低次世界に出てきたから変なグニャグニャしたものになってる!」

聖「腐ってやがる……早過ぎたんだ……!」

兇闇「聖、お前なんか短編ギャグだと本編とは打って変わってノリノリだな……」

聖「そりゃあ人間の時は頭狂アンダーグラウンドに住んでいたので、引用ネタはヲタの浪漫ですよ……そう思うだろ、アンタも!?」

兇闇「ええいやかましい、たたみかけるなッ!」

ま「主役二人の大まかな性格の違いを聞かれた時に“VIPPERとニー速民”と即答しましたゆえこんなんなりました」

ルナ「うわ納得できてしまう! だからこんななのかっ!」

ライト「ひどい小説だなオイ」

ゴリラ「んゴ?」

兇闇「あ……ゴリラはうちにもいたわ、台詞無かったから気付かなかっただけで」

聖「ますますクロマティに近付きましたね……」

リミル「……お願い、もう少しでいいから、きみは、きみだけは常識的なツッコミ役でいて」

華鈴「…………はい」
edit

Breathing Life Into Devices/The Human Abstract

  1. 2009.04.20(月) _09:43:50
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:2
お久しぶりですわたしです。
ちょっと一週間ほど間が空いてしまったのですが私は元気です。


だいぶあたたたたたたたたかくなってきましたね。

このままあたたたたたたたたたたたたたたたたかくなったら地球滅ぶんじゃないですか。

そのうち全宇宙がプラズマ化します。マジ世もまつです。

そんなにあたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたゲッホゲホたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたホァタァ-ッおまえはもうしんでいるひでぶあべし
もう自分でも何が何だかわかりません





ジルオールが面白いです。
相変わらず歴史区分1のうちにレベル上げすぎて面白いことに。
ユーリスENDでも見ようとしてたら気付けばアトレイアENDの条件満たしてました。
もうなんというかエンディング多すぎて全部見られません。

PSP版買おう。今年の一月に出てたんですね。
フレアさん連れて歩けるらしいですねPSP版。
何故かただのウェイトレスだったはずのフェルムまでも。そんな馬鹿な。


ついでにずっと買おうと思ってたら友人が先に買ってしまったDir en greyのウロボロス、
Abigail WilliamsのIn the Shadow of a Thousand Suns、
Destroy Destroy DestroyのBattle Sluts、EquilibriumのSagas等を購入。

Abigail Williamsのやつはなんか輸入盤買った後で国内盤が最近出たと知ったので
そっちも買った後に輸入盤の方は誰かにプレゼンツすることにでもしましょうか……。
やっぱ国内盤が欲しいのです。ボートラも和訳も入ってるし。


edit

セケンチューナー/秋元きつね

  1. 2009.04.13(月) _03:08:15
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
CIMG0040.jpg

「明日も遠い日々を祝うために 幼子の声と君の想い 街に放て!」
というわけで途中オブ落描き。

マトモにかっこいいですねセケンチューナー。
こういうテクノポップも結構好きです。メロディアスなら。
ビバ雑食。





ゴールデンウィークの五月六日、昼一時から夜一時まで
一昨年の十月になんとなくラジオをつけたおじいちゃんを一網打尽に昇天させた
あの〝今日は一日HR/HM三昧〟の第二回が放送されるようです。
前回はツェッペリンからラプソディ、陰陽座にスリップノットと非常に幅広かったですが
日本放送協会で〝People = Shit!〟なんて連呼して大丈夫だったんでしょうか。

というわけで、私がいつも聴いてるようなこの類の音楽にちょっと興味があったら
NHK-FMを作業用BGMにどうぞ。
既にメタラーの場合は言わなくても突撃すると思いますけど。
V系好きやアニソン好き、とにかくノリがいい音楽好きにもお勧めです。
逆に現代J-POPや演歌やダンスミュージック好きが聴いたら死にます。

edit

WILD DRIVE/永井真人

  1. 2009.04.10(金) _09:56:52
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:2
落描き

ティア

うちでは数少ない巨乳キャラ。
最初はもっといかにもなヒロインとして作ったキャラだったのに
いつのまにやら天然破壊者、無意識悪女、ストーカーと凄いファクターが揃ってしまいました。
きっとキャラが変態ばっかになったのその頃からだ!


影はどういう風につくのかってのがうまいこと脳内演算できません。
これに反射光とかまで加わると意味わかんないです。

デッサン人形か何か買おうかなあ。
edit

ペンギン/Hz

  1. 2009.04.10(金) _03:44:42
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
最近たわむれにPSとかCD-ROM媒体のゲームをCDプレイヤーに入れて
トラック2以降を再生(トラック1はゲーム本編の内容だからノイズ)したりしてるんですが
せがれいじりがいい感じにカオスでした。



見つけたのでちょっとした作業用BGMにどうぞ。
途中から流れる歌はEDテーマの『ペンギン』です。
カオスです。

これをかけて作業していると
きっと作業対象がわけのわからないことになります。





新規キャンバス

動かそうとしたけど髪靡かせてるアニメーションで気力が切れた。


edit

mazohyst of decadance/Dir en grey

  1. 2009.04.09(木) _01:59:41
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
nameless-grave.png

えんどれすらいふ。
たいむれすでぃぱーちゃー。
ねーむれす……ぐれいぶ。

平和のもとに安らぎを。
躯揺らし。軆浮かせ。
いざ咲みて祈れ、
平和のもとに安らぎを。


なんとなく思うままにらくがき。




とりあえず第一部の分まで辞書を更新。
記事同士のリンクや挿絵などはまだ不完全な状態ですけど。

あとそれまでに描いたやつをイラストに追加しときました。
らくがきも纏めなければ。





桜が咲いてきましたね。
五日ほど前にはまだ直径2cmくらいだった花がもう5cmに。

この調子なら今月の終わりには直径15cmくらいになりますね。

一年後にはおよそ2m30cm。
数十年もすればもう地球とか滅びます。

世もまつですね。





DBに続きフルメタまで実写映画化ってちょっと面白すぎるだろ
ハリウッドなにかんがえてるの





20090409.png

edit

Nymphetamine (Overdose)/Cradle Of Filth

  1. 2009.04.07(火) _09:41:35
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
ようやくできました辞書
あとはそれぞれにリンクを貼りまくるだけです
キャラ画像は妹に頼んであるんだけどできてる気配がねえ
うpまでに間に合うのか

とりあえず寝てない上に他の用事があるのでこのへんで休憩
次に自由時間ができるのは多分明日の朝二~三時くらいになります!




1229275235a0e.jpg




……ああ、進度が殆ど変わらないー。
もう全然誰とも会わずに全力で行動してるのにー……
edit

明鏡止水/Due'le Quartz

  1. 2009.04.03(金) _19:38:14
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0


練習と遊びを兼ねてリデルさん。
全体的に亜人は好きです。あるこばれーのー。



そろそろ何か更新しないと!
三月ほとんど更新できませんでしたちくしょう。
edit

Bloodstain~血痕のフーガ/皇兵交響楽団

  1. 2009.04.02(木) _22:03:02
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:2
ライオット徹子の陰欝な人情紙ねずみ(タモリ伝来篇)Ver2.5

第三回
 『じゃーにーいんざすかい』

 

ライト「電車に揺られる時間を持て余して第三回の始まり始まりィー」

華鈴「この題名ホントに定着しちゃったんですか……」

ルナ「おや華鈴ちゃん、久しぶり」

華鈴「毎日会ってますよ学校で」

ルナ「世間は春休みなんだけどね……」

ライト「いやほら、このコーナーには出てなかったからさ」

華鈴「うー、一応いましたけどね、最初っからキャラ大量に出すと読者が混乱しかねないから発言しなかっただけで……」

ルナ「おおっ、文章媒体であるという特性を利用した隠密術」

ライト「なんて完璧な隠れんぼだ、さすが幽霊……」

華鈴「幽霊っていうか、定常アストラル波固着被験体半人工人間みたいなかんじです」

ルナ「それ本編より先に言っちゃっていいの?」

華鈴「えー、いいですよ別に、そんな重要な位置占めるわけじゃないですし」

ライト「まぁ途中で死ぬしな」

ルナ「なるほど」

華鈴「そうそ……うぇえっ、死ぬんですか私!?」

ライト「うん」

ルナ「だいぶ序盤で犬死にする」

華鈴「知りたくなかった! しかも意味ある死じゃないんですかひどすぎる!」

シャープ「おっと、騙されてはなりません華鈴さん」

フラット「ここで言えるのならば確実性は薄いです」

ライト「お、プラマイコンビじゃないか」

ルナ「ごく普通に地面突き破って出てきたけどツッコんだ方がいいのかなコレ」

華鈴「……うーん、考えてみれば、まぁ確かにそうですね」

シャープ「て言うか私達が死なせませんから」

フラット「逃がしてなるものか恰好の実験台」

華鈴「と思ったら理由が黒い! これひょっとして大人しく死んでた方が幸福なんじゃないですか!?」

ライト「なんかあんまり本編で動かないキャラを好き放題動かすコーナーになってきたなココ」

ルナ「ストーリーがあるとどうしても動きが限定されるからねぇ」

華鈴「ちょっ、呑気に話してないで助けてくださいよ二人ともー!」

ライト「ん? オゥ、あんまり華鈴虐めるなよお前らー」

シャープ「なに、ちょっと改造を施すだけですよ」

フラット「ズゴッグみたいにします」

華鈴「せめて原型留めてください! もう最初から作った方が早いですよソレ!」

ライト「やべぇ超見てえ」

華鈴「肯定的に捉えないでッ!」

ルナ「せめてドムにしてあげようよ」

華鈴「せめてって何ですか!? スカートついてるからって納得したりしませんよ私!」

シャープ「じゃあ一体どんなMSがいいんですか、はっきりきっぱりしてください」

華鈴「いやなんでMS限定なんですか!」

ライト「グラブロ」

フラット「それだ」

ルナ「ナイスアイデア」

華鈴「遂にMAに!? 人型からどんどん掛け離れていくッ! さっき原型留めてって言いましたよね私!?」

シャープ「仕方ないですねー、じゃあ原型留めて改造しますよ」

華鈴「はい、……あれ?」

ルナ「お元気で」

ライト「皆には戦場で散ったと伝えておくよ」

フラット「じゃあ間を取ってFCのガチャポン戦士とかに出てきたサイコ(ロ)ガンダムみたいにします」

シャープ「ハイパー容量削減タイム突入ですね」

華鈴「およそ考えうる限り一番嫌ー! て言うかやっぱり原型留めてないじゃないですかーっ!」

ライト「さらば華鈴、立派な最終兵器彼女になれよ」

ルナ「よかったねー華鈴ちゃん、機械の体を手に入れられて」

フラット「じゃーにーいんざすかーい」

華鈴「なんという孤立無援ッ! うわーん、なんですかみんなしていじめてー!」

シャープ「ああ大丈夫です、きっと次回になったら何事もなかったかのように戻ってますよ」

フラット「ギャラクシーエンジェル方式ということで」

華鈴「ちょ、ちょっとマジですかマジなんですか!? いくら元に戻るからって本当に改造なんて……おわあ目がマジだコレ、誰か助けてー誰かー!」

ルナ「……フェードアウトしてったね」

ライト「弄られキャラは短編や小ネタだと往々にしてひどい扱いになるよな」

ルナ「仕方ないね」

ライト「ではまた次回『理系科目の専門用語は必殺技っぽく叫ぶとかっこいい』にて!」

ルナ「※サブタイは変動するおそれがあります」
edit

Mr.Torture/Helloween

  1. 2009.04.02(木) _20:12:17
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
20090402201212
ちょっとサイレントヒルまで行ってきました。
結果、UFOエンドでした。
♪サーイレントヒールーのーうたー みんなでうたおうー

 

小規模オフ会みたいなものだったわけですが
大半gdgdしてるだけで終わりました。
皆そんなもんだとおもいます。

 

写真は荒ぶるイエローのポーズ
edit

Destruction Preventer/Sonata Arctica

  1. 2009.04.01(水) _08:28:51
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
聖「題……考えましょう」

ライト「……何? DIE? それとも竜の騎士の子?」

兇闇「この対話コーナー、突発的に始まったはいいが原動力が作者の気紛れとネタ切れで見切り発車なため題名も無いから自分達で考えよう……と、言っている」

聖「当たりです……」

ライト「お前なんか凄ぇなオイ!」

リミル「うーん、とは言っても題名って」

ルナ「どうしたらいいもんやら?」

兇闇「まず題名が表すべき内容がどういうものか考えなきゃな」

ライト「……決まってんのか、内容?」

聖「定番で言うと、よくわかんない裏話とか……ですかね」

ルナ「例えばー?」

聖「私というキャラはKanonの川澄舞とlainの岩倉玲音を足して二で割った感じとイメージされて作」

リミル「わーストップストップ! 身も蓋も無さすぎるっ!」

ライト「小説本編で出てくる黒衣の老人の正体は」

兇闇「危ねぇ、こんな所でネタバレんなーッ!」

リミル「この方向性だとぼくらツッコミ隊の寿命のが危険だよ!」

聖「……?」

兇闇「聖、芳香性じゃなくて方向性な、香りは関係ない」

聖「なるほど」

リミル「なんでわかるのよ君……」

ライト「結局雑談コーナーになりそうだな……どーする題名? Tつ子の部屋にでもするか?」

ルナ「ライオットのごきげんよう」

聖「それだ……」

リミル「嫌だよそんなウォーリアー達がダンスオブデス踊りそうなサンダースティールトーク番組は」

ライト「夕刊倶楽部」

兇闇「トークから外れてきてるぞ、変なものマニアとか洋楽の空耳でも発掘する気か」

ルナ「やっぱパロディは駄目か……」

リミル「駄目じゃ無いけど、今挙げられたのは多分何かが間違ってる」

聖「ほとんどゲストが必要な番組ですしね……」

ライト「どっか突撃してくるか、ローエングリンあたりにでも」

兇闇「このカオスに他人の子まで巻き込む気かお前」

ライト「そして安価で行動する」

兇闇「ほぼ確実にロクな事にならん上にもうトーク番組じゃないなそれは……撃たれるぞマジで」

ルナ「翔山さんごめんなさい勝手にネタにして」

ライト「て言うかそんなに言うならお前らも案出せよー」

リミル「うぇっ、えっとー……ね、ねずみ!」

兇闇「黒焼き白米の陰欝な午後(サツマイモ伝来篇)」

ルナ「予想を遥かに上回るこのシュールさッ!」

ライト「なんで一瞬の思案も無しにそんな回答が出来るんだ兇闇!?」

兇闇「ねずみって何だよ」

リミル「いや、何だよってそればっかりは君に言われたくは……」

聖「サツマイモ伝来篇って響きがサクラテツ対話篇と似てますね……」

ライト「また微妙にマイナーなタイトルを!」

ルナ「元ネタのソクラテスの方じゃー無いのがまた」

兇闇「どんどん脱線していくな、相変わらず……」

聖「もうあれです……どっかから途切れた物語の系統樹拾ってきて、勝手にPTS2.5にでもしちゃえばいいんじゃないですかね……?」

リミル「そんな荒唐無稽なッ! て言うかなんで異世界コミュニケーションにそんな積極的なの!?」

ライト「グローバルコミュニケーションってやつだな」

兇闇「若干違うと思うぞ」

ルナ「えたぐろさんごめんなさい勝手にネタにして」

聖「あ、毎回タイトルが違うってどうですかね、誰かと誰かの人情紙なんとかみたいな……」

リミル「やめてひどいノリになっちゃう」

ライト「まず誰かが燃やされたりワンちゃんに食べられなきゃなー……」

ルナ「えーっと、じゃあ一旦整理しよ。まず皆の纏めてみたらどうかな」

リミル「纏めるったってなぁ……えー、と……?」

聖「ライオット徹子の陰欝な人情紙ねずみ」

ライト「…………」

兇闇「…………」

聖「タモリ伝来篇、Version2.5」

ルナ「…………」

リミル「…………」

全員(……もうこれでいっか……)

 

 

“ライオット徹子の陰欝な人情紙ねずみ(タモリ伝来篇)Ver2.5”

決定。
edit

林檎と嘘/メリー

  1. 2009.04.01(水) _07:18:46
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
エイプリルフールですね。

 

特にいい嘘が思い付いたわけでは無いのですが
せっかくなので嘘をつきます。

 

“私は今日嘘をつく”

 

これが私の嘘です。今日はこれ以外に嘘をつきません。

なので上の文は“本当”になってしまいます。
とすると、“嘘をついた”事実が“嘘”になってしまいます。
でもそうすると“嘘をついていない”ことにはなりません。上の文は“本当”になります。

さあ、思考実験の始まりだ……。
虚構と現実が重なり合ったこの世界のパラドックスから、君は逃れられるかッ!?

 

 

二日ほど失踪します。
探さないでください。
偶然見つけてしまった場合はポマードポマードと唱えてください。

ディスガイア2P欲しいなあちくしょう……!
edit

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。