人生、それはわからん

最後から二番目の虚妄

.

スポンサーサイト

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

運命に囚われし者たち/光田康典

  1. 2009.09.29(火) _08:54:48
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
今回の大長編もいろいろ書いてきたけれど、
第一部が終わってちょっと経ったあたりで、立ち止まって振り返ってみます。
いわゆる場持たせのセルフ解説。
よほど暇な人は軽く読み返してみるといろいろわかる。かも。


序章
 エンドオブデイズはREN氏の動画にでてくるボルカノ浮かせてる究極動力から引用。
 別に内容的に繋がりがあるわけでもないです。内容はエセ「前作からの繋ぎ」パート1。
 タイトルコール前の短い文章だけで、この物語全体が持つ寓話性は説明できちゃいます。
 個人的に軍・戦争な要素は入れたくなかったので今回この世界観ではやりません。

断片A
 エセ「前作からの繋ぎ」パート2。文章作り絶賛スランプ中。
 ルッシーが理不尽なギャグをやりまくってくれて個人的には好きなノリ。
 でも文章のデキは微妙。展開ブツ切り。流れるようになんて夢のまた夢ッ。
 タイトル前文章に出てくる羅列は私が今まで書いた物語を指してます。

断片B
 文章構築にMissing臭全開。アストラルとエーテル、魔術と魔法という概念について
 一話まるまる使って解説入れてるだけの回。確実にこれだけじゃ足りないので
 以降ちょくちょく解説が入ります。これだからSFは!
 題名はフィリップ・K・ディックの有名なSF小説から。

第一話
 音楽用語だらけなタイトルの付け方は気に入ってます。
 でもやっぱり文章構築のデキは微妙。一番最初のキャラ紹介的な話って苦手!
 聖がシャワー浴びながら歌ってるのはKoRnのKill You。重い。

第二話
 それなりにグダグダ過ごさせて後々の展開をハイスピードに見せるための無意味な回。
 正直なくてもいいんだけどあった方がいい。ルシフェルは転移してきた直後です。
 他に意味のない話なので伏線はできるだけ解りやすく。

第三話
 劇中劇とは言え久々の戦闘描写にテンション上がりまくり。
 おかげで前半は無駄にカッコよさげな描写ばかりになりました。そして力を使い果たす。
 ダメじゃん。 どうでもいいけど「って馬鹿!」はちょっと気に入ってます。
 とりあえずいい加減日常シーン書くのも飽きたのでさっさとぶち壊しました。
 ちなみに全体的にARPGとしてイメージしてるので、冒頭のゲーム=戦闘チュートリアル。
 無駄に凝った。

第四話
 「一方その頃」的な話。もう最初から最後までSF全開で俺サティスファクション!
 というかこれ、タイトル前のちょっとした対話で終わらせるつもりだったんです。
 次々と台詞が沸いてきていつの間にやら一話分。どうしてこうなった!
 とりあえず伏線まつり。ポケモンと言う単語が初めて出てきました。

第五話
 最初の方は聖の心情描写に、後半はギャグのテンポに尽力した回。
 〝不意に雪の粒が睫に乗って~〟と言う描写はタイトル元曲の歌詞から。
 あと不良が不良してない。完全にギャグ要員に。星灯石やら黒竜神は昔の作品から。
 当初は襲われちゃう予定だったんだけど、ありがちすぎるのでこんな事に。
 その〝普通〟に叛逆する!

第六話
 無力な人間が正体不明の化け物に翻弄されまくる回。サディスト向け小説。
 恐怖を伝えるために心理・生理描写をわりと頑張った。……はず。
 敵の強さメーターに名無しキャラが殺されてどうの、と言う台詞は、
 ギャグに見せかけた「ありがち」へのアンチテーゼ。その〝普通〟に叛逆するッ!
 絶対兇闇が助けに来ると思わせておいてルシフェル登場ってのもアンチありがち。

第七話
 最初のボス戦、兼いろんな特殊戦闘チュートリアル。どこまでもゲームっぽく。
 まずは高速戦闘時におけるターゲッティングの練習からはじめます。
 本当ならルッシーは「Rボタンを押しながら3Dスティックで探せ!」みたいなこと言う。
 詠唱はロマン。

第八話
 無論ルッシーの電話の相手は兇闇。これで聖が巻き込まれてると知って急行します。
 本来は兇闇の到着までこっちのHPが零にならなきゃ勝ち。イベント戦ですんで。
 でも魔法についての解説が不十分だったのでここに入れました。
 ストーリー的には〝転〟の連続。でも聖は偶然そっち側にいっちゃダメなんです。
 後々それを強調するための拒絶でした。タイトルはこの時点での聖の心情。
 「もうやだ私じゃどーにもなんない、こんなんなら死んだ方がマシだよ」、元ネタはSum41。

第九話
 兇闇の視点からの描写では、彼の心情に合わせて描写。彼は現を盲信していません。
 「こうしない限り大丈夫!」←そうするフラグ。ギャグです。作り手さんは笑って下さい。
 構成上、聖さんがほぼ一話中ZENRAというクサナギズム溢れる回に。挿絵は無い。
 聖さんは一般人ではなく魔術を使えるヘンな人、という事を再認識させる為の話でもあります。
 タイトルはスクライドの挿入歌、井出泰彰のMagma。
 〝優しさに触れたい? …でもそれは甘え 空回るだけなら いっそ
 全部投げ出せばいい 一回壊せばいい〟そんなノリだからって選曲。投げやり。

第十話
 平坦な情報で恐怖を煽るため、敢えてコール音をそのまま擬音で表現。
 さらに感嘆符をフツーに地の文で使ったり、ちょっと遊び心出してます。
 聖が「自分の意志で」怖い怖い世界に足を踏み出していくのがこの話で重要なこと。
 後の描写はぶっちゃけオマケみたいなもんです。娯楽小説的な。
 タイトルはIron Maidenの曲名。歌詞は考えずに響きで。
 強いて言うなら最後に行き着く場所に公園を選んだのは歌詞のせい。

第十一話
 バトルスタート。ファンタジーはこれがなきゃあ燃えない。萌えない。
 でも戦うのは正義でも悪でもない〝切り株に乗せられた甲虫〟ということで。
 理由も大儀も無い、ぶっちゃけ本当は戦いたくないんですけど。なんで戦ってるんだろ。
 そんなぎこちない戦いをうまく表現できてたらなあと思います。
 タイトルはAngraの曲名。これも一人の戦いっちゅーことで歌詞あんま関係ない。

第十二話
 タイトル前の語りが結構気に入ってます。もう何言ってんだかわかんねえ!
 第一部の中で一番好き勝手絶頂に書いてた部分だと思いますハイ。
 聖が戦いに入れた心理は、戦争中だったら人が人をサクサク殺せる心理と同じ。
 まさに死者をいざなう地獄の歌。元ネタはSum41。二回目。歌詞はあんま関係ないです。

第十三話
 出たッ! 決め手の〝化学反応〟ッ!!
 高校くらいでやりますかね、アルカリ金属と水との爆発的反応。
 ちょっと出てくる剣の名前にドラゴンフォースやらサーペントやら、完全に馬鹿の所行。
 で、やや大げさにヘイト登場。DQ5で言うとゲマ。初登場時の威圧感はボスの品格。
 このへんから執筆速度が超加速。バトル大好き。少年漫画や。

第十四話
 聖、では太刀打ちできない亜存在、を狩る者である兇闇、が逃げろと言ったヘイト。
 敢えて解りやすくインフレさせてます。圧倒的な攻撃力はバーン様初戦を意識。
 主人公が手痛い一撃を加えるも、すぐ相手の攻撃で戦闘不能になるあたりも意識。
 おともだちが「こういう子は内臓とかハミ出てるほが可愛い」と言ってたので実行。
 ごめん聖。 スリップノットだの全ての希望は失われただのは正直やりすぎた。

第十五話
 ほぼ全ての世界設定を断片的ながら書いちゃった回。ポケモンって単語、二回目。
 ベルヴェルク国とかいう単語も出てきて、ようやく序章とちょっと繋がりが見えました。
 鐫界器というものの力を克明に描くため、さらにインフレが起きます。
 そんな理由でヘイトの威厳終了のお知らせ。
 タイトルはフランス語で「白と黒」。聖とヘイトのことです。元ネタはlove solfege。

第十六話
 指囘紅術のネーミングは遊びまくりました。超マリスミゼル。
 鐫界器というものの力を以下略。この一夜で何回パワーインフレが起きたんだ。
 そんなわけで戦闘終了。 タイトルは9mmの曲から。
 〝悪夢まがいの現実の中で夢を見られるなら すべて差し出してかまわない〟
 ――ということで、すべて差し出してしまった聖さんの「悪夢まがいの現実」そして夢は
 夜明けまで踊ったので終了です。ゆあう゛ぁんぱいあーがーる。

第十七話
 最後の大掃除というかネタばらし的なノリの一話。そして次の部への繋ぎ。
 現くんを敢えて悪役っぽく書いてます。あと第一部での伏線は回収しきったので
 その分いろんな伏線張りまくり。管理できんのかコレ。
 聖さんの心情描写はちょっとリリカルな部分がありますね。タイトル元曲のせいです。
 ポップンの〝エモ〟です、Sorrows。あれの歌詞をちょっと幸福にした裏バージョン。
 〝何故私は生きているの? 何故時は過ぎ行くの? 何故君は笑わないの?
 涙が空へと流れて落ちる、涙だけが心を感じさせてくれる――それでもまた、夜は来る〟
 和訳。この部分を全力で曲解しましたさせました。曲解ゆえ描写もわかりやすく。

あとがきまんが
 なんというか端から端まで馬鹿ですね。
 イングヴェーイ(←効果音)

断片C
 意味のわかんないコトをひたすら話しまくる回、ふたたび。
 前部ラストに引き続き、伏線はりまくってます。
 SpeculationとCalculationはどっちも「考え」って感じの似たような意味ですが、
 前者は「机上の空論」後者は「慎重な計算」というよーなニュアンスで使われます。
 真ん中に入ったスラッシュは、空論の中に埋め込まれた計算、って感じの意味のため。


あんどもあー。
第二部は現在のところ絶賛少々おまちください状態!
だいじょうぶ、終わらせるまでは死にません。たぶん。きっと。

スポンサーサイト
edit

Paint It Black/Glenn Tipton

  1. 2009.09.25(金) _04:30:39
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
まあそんなわけで久々の小説でした。
第十九話。第二部の二話目です。こちらからどうぞ。
たぶんブログ側で変換されるんで携帯からも見られます。無理だったらごみんなさい。


文章の作り方、組立て方に関して非常に珍奇な試みをした回です。
保守的でいながら前衛的に。
既存の常識をできるだけ壊さず、でも確かにおかしな組み方をしたりして、
まあ見た感じでは違いは解らないんですが、少し情報の伝わり方が違うかも知れません。

あと、語句から語句へ、文から文への繋ぎ方をできるだけかっこよくしようとしてみたり。
全部じゃないんですけど、これをやった箇所は比較的わかりやすいと思います。
すぐわかるといいなあ。なんというか言葉選びの楽しさを思い出しました。


で、今回のタイトルはかの有名な転がりんぐ石々(ひどい訳)の曲名です。
主に聴いてたのはジューダス・プリーストのギタリスト、
グレン・ティプトンがカヴァーしたものなんですけど。
タイトル決める時に天啓受けたのでこれにしました。
このタイトル、もっといい使い所あるよなあと思いつつ。

ちょっと今いろいろ忙しいので、サイトの更新は半凍結状態にしよーと思います。
来年ちょっと過ぎたころに解除予定。
とりあえずブログはちょくちょく更新しようと思います。
ぶっちゃけいつも通r……な、なにをする きさまらー!
edit

Berry/Dir en grey

  1. 2009.09.18(金) _16:28:54
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
TS



王女様連れ歩けるレベル(120)になりました。
昔はこれくらいのレベルだったら廃人扱いされてたのに
今はLv400までいるとは……これが時代の流れか……



ランダム範囲の中でもステ値低めだけどKY(かわいいから許す)
余裕出てきたらブリードしようかな。




メガロのアルにひたすら秘技を披露してもらうの図
左の金髪ひつじさんはよしこお姉さんです
最初に会った頃はLv90くらいだったのが200とかいってて追いつける気がしない




遺跡で出会った人たちとお食事会の図。(八割がみかんと塩漬けの魚)
アイテム消え始めてからのキャプなので本当はもうちょっとカオスでした
何故か情熱の赤い薔薇とかオディニアの魔法結晶とか大量に撒き始めて
なんだか収拾がつかない事態に




砂漠で出会った人たちと共にタンゴ博士を集中爆撃するの図。
動物虐待 ダメ、ゼッタイ。


edit

理力の枝/re-in.Carnation

  1. 2009.09.13(日) _13:37:17
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
ライオット徹子の陰鬱な人情紙ねずみ(タモリ伝来篇)ver2.5

第七回『秋の夜長に大乱闘~Uノザワシンは猫なのか?』

 

ライト「いやー、もう夏も終わりだなあ」

ルナ「ああ、夏前に書き溜めといた時事ネタがもう来年まで使えなく……」

リミル「執筆ペース遅いから……ねぇ」

兇闇「本編も停滞してるしな」

ライト「なんでお前らそんな創造主に反逆者なの」

聖「中の人などいない」

リミル「うーん、夏にかこつけたネタなら沢山あるのに、海やら川やら山行くとか、お祭りなんかもあるし」

ライト「リミル……そいつは“リア充”の発想だぜ……ッ!」

聖「夏休みは積みゲーの消化に専念してました……」

リミル「もっと大事にしようよ高校一年生の夏休み!」

ルナ「あれ、本編って高一の夏休み前後が舞台じゃなかったっけ……」

兇闇「細かいことは気にするな」

ライト「サザエさん現象ってやつだな」

リミル「ギャグやコメディならまだしも、ストーリー物で学年ループって許されるのかな……」

聖「どうも最近SFのSFたる所以が薄れてる気がしますね……ちょっと科学っぽければSFと言い張っちゃってるような」

ルナ「や、まぁラノベや若者向け漫画では著しいよね、宣伝文句の一つとして形骸化してないかな」

ライト「いやそんなことココでマジメに議論しなくていいよ!」

兇闇「なんか学年ループ現象すら科学的に説明される世界設定だから別に平気らしいぞ、ってそのへんの猫が言ってた」

リミル「猫すげええええ!」

猫「崇め奉れ」

ライト「猫まだいたァァァ!? 普通この手の話をするときは本人いねえだろ! ばっちゃの隣で「ばっちゃが言ってた!」とはなんないだろオイィィ!」

猫「普通、なんて言葉は芸術を腐らせるためにあるのさ……」

ライト「やかましいわ! ていうかハロウィン漫画の時と流れが同じだっつのッ!」

猫「アッ――」

聖「最近のバンパーはぶつけるとよく飛びますねえ……」

ルナ「動物虐待ダメ、ゼッタイ! 他人の所有する動物を殺したら器物損壊罪だよ!」

兇闇「ああこんな地球に誰がした。救えるのは私か君か神なのか、それともUノザワシンか」

聖「いいえ、科学です!」

ライト「ボケがカオスすぎて俺がツッコミやらされてんじゃねーか!」

リミル「あいたっ、何このとばっちりツッコミ!? ぼく何もボケてないのにー!」

猫「まぁ落ち着けや……こう騒がしくちゃ落ち着いてメシも食えやしねえ」

ライト「人ん家のカントリーマァムを勝手に食うなァァァ!」

猫「いるよね最初の一回だけ許可取ったら勝手に人の菓子取ってく奴アッ――」

兇闇「菓子くらい許してやれよ」

ルナ「あーあかわいそうに、器物破損」

聖「かわいそうだと嘆くだけなら誰にでもできますけどね……」

リミル「保健所じゃ年間数万頭のワンニャンがガス室で殺され死に切れてない奴も含めて袋詰めされて丸焼きだよ」

聖「人が安全に生きる道はそれしかないの……わかってワンニャンたち」

ルナ「何だろうこの流れ」

ライト「今回のは特に流れがカオスすぎて理解できねえな、諷刺かコレ?」

聖「いいえ、科学です!」

兇闇「ばるばるー」

リミル「ぼくの中で兇闇くんの声が完全に檜山修之さんになったんだけど」

ルナ「忘れましょう」

ライト「しかしあれだな、動物がかわいいのって単に考えがわかんないからかもな」

兇闇「あー、まぁいくらでも都合がいいように性格補正かけられるからな……」

聖「私がニャウリンガルを装着して「^ω^おっおっおっおっ!死にたい」って言ったら「おなかすいたニャー」とか出たんですけどこれって」

リミル「あぶないそれは罠よ」

猫「おなかすいてたんじゃねえの?」

ライト「その一言だけのために舞い戻ってくんなし!」

猫「女性の脳は食欲と性欲が直結していると言うがそう考えるとおなかすいたって言うのなんかエロいアッ――」

ルナ「またどうでもいい知識を……」

聖「おなかすいたニャー(性的な意味で)」

ライト「なにそれえろい」

リミル「ニャーってついてるのがなんか別の効果になってる気がするね」

兇闇「やはり(性的な意味で)を後につけると何でも台なしになるな」

聖「(ただしイケメンに限る)と双璧を成しますね……」

ライト「(ただし性的なイケメン)」

リミル「混ぜるな危険ッ!」

ルナ「後につけると何でも阿部さんが言ってるみたいになる」

聖「少年よ、大志を抱け(ただし性的なイケメン)」

ライト「ウホッ……」

兇闇「冷静に考えるとこんな主人公sの物語いやだな」

ルナ「いろいろ捨ててるよね」

猫「

ライト「もうええっちゅーねん!」

リミル「発言前に吹っ飛ばされた――! しかもどせいさんで!」

聖「だいぶダメージ溜まってたみたいですね……300%くらいでしょうか」

ルナ「とりあえず総括。動物虐待はやめようねみんな!」

兇闇「なんだこのオチ?」
edit

Vicinity Of Obscenity/System Of A Down

  1. 2009.09.10(木) _23:55:50
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
日記用

なんか描こうかと思ったけど眠くて途中でやめたので中途半端になりました。
寝ます。
おやすみなさい。
おやすみなさい。
わたしたちは。
わたしたちは。
たまごをまもっています。
たまごをまもっています。

不死鳥ならラーミアがバラモス倒せばいいじゃない。
ちまちまついばんでHP減らせばいいじゃない。
ラーミアって焼いたらおいしいんでしょうか。
ヒゲとメガネのオヤジが売っても平気でしょうか。
これってトリビアになりませんか?

カァァァネェェェルッ! サンダァァァァ――スッッ!!(←必殺技っぽい)


眠いです。
寝ます。
おやすみなさい。
おやすみなさい。
edit

S.U.N/Marchen Station

  1. 2009.09.04(金) _22:00:57
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:3
ちまちまやってますTS。



鬱箱【用語】
 開けるとペットや関連装備品などがランダムで出現する有料アイテムの総称。
 有料装備品の使用期限は30日と比較的長めでハズレアイテムも入っていないが
 肝心の当たりであるペットの出現率が異常に低く、また開封時からカウントが始まるため
 大抵、一体のペットを手に入れるために大量のゴミ装備を倉庫に抱えることとなる。
 福袋の場合は「鬱袋」とも。















ふ……やっちまったぜ……







1239373351219.jpg





あ、あとよしこお姉さんの協力を得てLv80代にてジュバンニも倒しました。
ようやっと蜃気楼の島です。
ゎぁぃ。









1247154283633.jpg




画像まちがえた。



edit

斬帝/Kagrra,

  1. 2009.09.01(火) _09:22:20
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
あっごめんなさい今度は死んでました。


ギリギリ今日になる前に死者蘇生を引けたので墓地から戻ってくることができました。
今日になってたら禁止カードになるところです。あぶないあぶない。

でも絶対制限のままのが良かったと思います死者蘇生。


遊戯王関連でアホなことやってたのでうp検討中。
棲み分け的にぴくしぶろぐにすべきかと思ったんですが僅差でこっち寄りです。






こっそりトリスタ再開してます。
最近過疎ってるから金鯖から日鯖に拠点を移して活動中。
俺とじょしちゅうがくせい(爆笑)二人で構成される三人ギルド、
「エターナルおすぎ-黎明篇-」に所属。
二つ名は「君の瞳にえなりかずき」。
キャラクター名「まるくん?」でやってます。
滲み出る馬鹿オーラ。



普段はPTメンバーを完全包囲したりしてます。


ギルド会話ログ。

果たしてこの三人の他に誰かついてこれるのか。
別に身内ギルドじゃないのでついてこれるならメンバー募集中です。


なんか久々に再開したら【Cast】イベントとかいうものができてたので行ってみました。



なかなかのアビスっぷりでした。

しかしまさかイシスに変身できる日が来ようとは。
孤高の亜人種萌えである俺サティスファクション!





Symphony Of The Blood

ワwロwリwンwグwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
ww


これはやってみたい……!
技名がもうGGと同様に俺ホイホイで吹いた。
どうしてこうメタラーの創作屋って馬鹿ばっかりなんだ!(いい意味で)
edit

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。