人生、それはわからん

最後から二番目の虚妄

.

Hallowed Be Thy Name/Iron Maiden

  1. 2010.01.25(月) _23:55:52
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
HAFの最終章タイトル「我らが御名の奉られんことを」及び
最終話タイトル「Hallowed Be Thy Name」は
始める前から決定事項でした。
私の世界のうち九割は音楽でできています。

いくらでも微調整できるってのがネット小説のいいところ。
悪いところは読んでて目が疲れるところです。
特に私のは凝りすぎて読みづらい文体なので相乗効果で宇宙がヤバイ。
紙媒体にしろし!って意見もあるんですが財力と心の余裕がありません。
でも書く!本にしたら売れる路線になんてしない!
ファイナルデラックス自己満足ダイナマ――――イ!!
アートなんてそんなもんだ!
やりたいことやったもん勝ち、青春なら!
そぉさーひゃくぱーせんとゆーうきー
以下フェードアウト

……なんて言っといて、
今はDQ3の勇×賢1.5次創作小説をチマチマ書いています。

レーベの道具屋の娘さんが、なんか勇者にさらわれて異国の地まできちゃったよ!
そんでなんかパーティと見なされて、流れで魔王退治に同行することに!
頑張れ一般人! わりと頻繁に叩かれたり踏まれたり縛られたりするけど頑張れ!
君にとって最大の敵はたぶん横にいる勇者だ!
とまあ全体的にそんな感じのベタなラブコメです ん……ラブ……?
勇賢と表記するのもおこがましい気がしてきましたが、私は元気です。

需要なんて考えない! それがマイジャスティス!
というわけで気が向いたらうpろうかと思います。
ああ、どんどんポケ擬サイトから遠ざかっていく……!
というわけでよろずアートサイトあまえびわーるどをどうぞよろしく。気が向いたら。
気を向けるのは、モニターの前の あ な た た ち で す!(古舘伊知郎の声で)
edit

万物快楽理論/あさき

  1. 2010.01.17(日) _10:44:46
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:2
↑あさき先生が完全に物故割れたと思った瞬間


清々しいまでのルナティック・プログレメタル……
神曲や猿の経でも凄まじい変態っぷりだったがコレも相当なものでした
2ndアルバムは……まだか……!





最近ヒウィッヒヒーことついったーによく出没している
(っていうか睡眠時or友達といる時以外は大抵いる)のですが、
あれはコミュニケーションツールとして非常に優れていると思うワケですよ。

ここでちょっと心理学のおはなし

【ザイオンス効果】
 ザイオンスの熟知姓の法則、単純接触効果とも。
 誰かの姿が目に入ったり、写っている写真を見たり、言葉を交わしたりすると、
 その回数の増加に従って、その人に好意を持つようになるという心理的傾向。
 前提として、その人の事を嫌っていない場合に限る。

まあ限りなく簡単に要約すると、
「人に会ったり喋ったりするとその度に好感度が+1されますよ」って事です。
まあ、もちろん「嫌われるようなことを言ったorした場合」はマイナスのが大きいのですが。

ついったーの最たる特徴は「気軽な短文post」です。
投稿を“呟く”と称する通り、パッと思いついた文章を
postすることを想定してデザインされています。
他人のpostに反応を返すこともできるし、
三人以上の相互フォローが成立していれば会話にも発展します。

まあ全体としては幾つもの「小さな会話」が
取止めも無く流れていくような感じになるわけですが、
それがザイオンス効果を促進しているわけですね。
一日に何度も接触したような感じになるのです。

会話を共有できる人数が増えるほど、そのグループ内での人間関係の潤滑油となる――
ついったーはついったーとして独立させず、何かしらの仲間内で使うのが、
最もこの効果を促進できる使い方となるわけですね。


【自己開示の返報性】
 自己開示とは、自分についての情報をありのまま誰かに伝えること。
 (ありのままでなく、何かしらの印象操作を目的としたものは自己呈示と言う)
 その返報性とは、プライベートな事を話してくれた相手に対して
 自分も同程度にプライベートな事なら話してもいいかなと思うこと。

ついったーの性質にはこれも結構関わっています。

十文字程度のつぶやきで気軽に更新できるため、ブログなどと比べると
量は少なくとも更新頻度が結構増えるわけですよ。
もうなんか自分実況中継。今どこにいるのか、どんな電車に乗ったのか、
何をしているのか、何をしようとしているのか。実際に取っている行動からただの閃きまで。
そして、簡略化されたデザインから、大抵の場合は読み手もそれをウザいとは思わない。
ていうかそういう使い方を目的とした設計ですしね。
まあ、そんな自己開示させることに定評のあるツールなのです。

しかしそれを見た読み手側には、その返報性により
「この人とはそれなりに深い話ができるんだな」と言う意識がだんだん植え付けられていきます。

人は自分のことを解ってもらいたいという欲求を常に持ってますので(自己是認欲求)、
話していいのなら話したい、という事は多いはずです。
普通は「こんな無駄な事話してもなあ」とか
「突っ込んだ話しても引かれるだろ」みたいな箍があるのですが、
相手が先に自己開示しているのなら「じゃあ僕も」と、話しやすくなるわけですね。

自然と、どんどん深い話ができる間柄になる。
そして、話せば話すほど親密になる。
そんなハイパーなかよし状態に導くことにかけて
非常に高性能なシステムであると言えるでしょう。


【ツアイガルニック効果】
 中断効果。
 完結した事象よりも、完結していない未解決な事象の方が
 気になってしまい記憶に残りやすいという心理的傾向。
 解りやすく例を挙げると、テレビ番組がいい所でCMに入っちゃって続きが気になるアレ。

これはついったーの中毒性を示しています。さて、いい面と取るか悪い面と取るか……。

ついったーは「掲示板とチャットの中間」のようなシステムをしています。
postは皆短文ゆえに、ある程度の人数がいれば会話になりやすいのですが、
入退室というものは無く、別にリプライする義務みたいなものもありません。

それだけに、“チャット終了”という明確な線が引けないのです。
フォローしている人がある程度できると、だいたい常にどこかで会話している状態になります。
完結せず常に続行しているため、自分が見ていた所まではいいのですが
やっぱり「離席した後のことが気になる」のです。

おやすみーっつって眠って、そんで起きた後、
自分の寝た後のTLを取得しに行きたくなっちゃうわけですね。
それからおはよーと言えばまた会話が始まってしまいます。

まあ他には「人の事を知りたいと思う欲求」ってのもありますので(分類は学者によるんですが)
それと、さらに自分のことを知ってもらいたいと言う欲求、あとは会話自体の楽しさなどなど
一度中毒になってしまうと結構離れがたいものがあるわけです。
精神力が強くなければ結構な作業妨害になるぞ!


以上、なんとはなしにちょっと考えたことでした。
まあちょっとした豆知識程度に。多分いろんな人付き合いや営業にも応用できます。多分。





設定集の各ページをいろいろしっかり書いています。
もうちょっと……早く終わると思ったんだけどナ……

個人的には完全に娯楽として書いてるDQ3勇×賢小説の続きを書きたい。
HAFの第二部も忘れちゃいません。くっそう時間ねえなあ!
いや時間はあるんだけど集中力持たねえなあ!

とりあえずまったりもっちりぐったり頑張っていこうと思います。

edit

触紅/Dir en grey

  1. 2010.01.11(月) _06:02:33
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
自室用のスキャナーを買いました
これで別PCを起動するのが面倒で取り込まなかったラクガキも取り込み放題です
家族の目に触れるような所では取り込めなかったアレな絵も取り込み放題です

そこまで古かったりするわけではないのに2000円(箱や説明書など一切無し)だったので
ちょっと爆発したりしないかどうかが心配ですが
まあ多分爆発してもギャグ補正でどうにかなるでしょう


でも一番キツかったのは
そのスキャナーと、同時に買ったテレビとDVDレコーダー(総重量子供一人分くらい)
を持って、2.5kmの道のりをひたすら歩かなきゃならなかったことです
安かったからってホイホイ買っちゃったら早速帰り道に牙をむきました

冬って さむいんだ!!! すごい!!!!!11


アレキシ・ライホ(チルボドのギタリスト)モデルのギターなんてものも見つけて
すっげえ欲しかったのですが自重しました
これ以上買ったら財布からお金がなくなる!!なくなる!!


以下ハイパーらくがきタイム


リミルのドイツ滞在時コスチューム
Scan10001.jpg


その下にちっさく描いてあったおまけ
 ツンデレなリミルさんは教えるの恥ずかしいけど自分のことは知って貰いたいから
 ライトに敢えてハイキックでツッコむことで遠回しに見せてあげてるんd(ry

Scan10003.png


きっと中学生(第一部)の頃はもうちょっと澄んだ目をしていた
聖


そして今(殺し屋) 暴走時はリボンが解けて髪がばっさーてなります
聖


どうにも影が薄い看板娘
燐


かわいい顔が数秒も維持できない看板娘
燐


DQ7のマリベル
マリベル


剣が描きたかったはずなのに剣を描く前に気力が尽きた
Scan10008.png


操られたりもしたけれど、私は元気です
えくすかりばー


正直小説は最後まで全部できてるし早く書き終わりたくてたまらないのですが
どうしても執筆時間が取れなかったりモチベ上がらなかったり
ごめんなさい時間はあったのに頑張って神経塔に潜ってましたごめんなさい

ちょっと手違いで資料ページへのリンクが切れてるようなので
その辺もさっさと修正したいと思います。
あとマンガ二つ仕上げてあるので、片方だけでも上げたいところです。
もう片方はpixiv内の企画でのものなのでどうしようか検討中。
ここに保管してもいいと思うけれども。
edit

イナクナリナサイ Metal ver./camellia

  1. 2010.01.05(火) _17:02:20
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
嫁さんが病に倒れる

看病する

案の定感染する ←いまここ

桶屋が儲かる

 

お……桶屋め……!

我が生命を糧として、更なる進化を求める気だな……!

ワシは、ワシはもうダメじゃ……
この残り僅かな生命、お前達にくれてやろう……!
後のことは頼んだぞ、四人の“光の戦士”たちよ……
ぐふっ!

 

 

そんなわけで死にかけながらコンニチワ。わたしです。
吐き気と寒気がヤバいです。
桶屋の卑怯な戦略にやられちゃいました。ひどいわよね!

でもまあ、これで光の戦士たちは
アイン・ソフ・オウルのセフィラが司っていた
最終魔法インフィニットゼロを会得したので、
力を合わせて魔王シゼを倒してくれるといいと思います。
何の話だ。
edit

おおぞらに戦う/すぎやまこういち

  1. 2010.01.03(日) _23:45:43
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
どうも皆様あけましてとじましてあけましてとじまして
フハハハァーまんまとだまされたな
この新年サマがそう簡単にあけるとでも思ったかーソイツはニセモノだー
ナニィ卑怯なり新年(ソニー製)
あけましたりとじましたりしてたらなんかこう
あけるとこの金具みたいなやつがガッタガタんなっちゃったじゃないか
それはピーコのファッションチェック
ラララおすぎのファッキンシット(とてもうんこ)

(二匹のコオロギがひたすら跳ね回ってる情景にアテレコしながら)

 

そんなわけで皆様おめでとうございます
“新年のデジメンタル”アップにより去年は今年に進化しました
♪立ち上がーれー勇者はー 僕のなーかーにいーるー

こうして一年ずつ刻まれては、一年ずつ風化していく時間の流れに
ただひとつとして抗うすべもない矮小な私達ニンゲンに、
新年を「おめでとう」なんて言う価値は本当に見出だせるのでしょうか?
時の果てに待ち受ける確実な闇に向かって一歩を踏み出すたびにそれを喜ぶなんて
それは滑稽極まりない姿なのではなかろうか――!?
イエーイおめでとんじるo(^-^)o(笑)(笑)(笑)

あっコオロギが一匹かじり殺された
盛大な葬儀を挙げなければ

 

最近あんまり更新できてなくてごめんなさインテール!
更新材料は溜まってるんです!
あとはこの材料をひいてのばして粉にしてついてこねてついてこねて2のこなを入れてペロッ……うまい!(テーレッテレー)
ねっておいしいねるねるねーるね!
――いかがでしょうか、これが霊の声が入っているというCMです
きゃーこわーい(by会場)
ドンドコドッコドンドコドッコ(by和太鼓叩く人)
あまえび職人の朝は早い……

 
まぁちょっと信じてた人に手痛い裏切りをくらって死にたくなったり軽く血を吐いたり
オフ会の時に手に入れた3D格闘ツクールに夢中だったりしたのでテンションの落差でダメージ(地形ダメ扱い)受けてたのです
回復なんざしちゃいねえが俺にかかれば一瞬で小屋を建てて見せるぜ!
そ~れハッスルハッスル!

それでは今年で九年目に突入したこのサイトをどうぞよろしく!
私が今年で十四歳なので逆算すると私が五歳の時からやってるんですねー
おばちゃん年取るわけだHAHAHAHAHA

去年も十四歳だったような気がしますがまぁいいです
気にしたら負けです
edit

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY




PAGE
TOP