人生、それはわからん

最後から二番目の虚妄

.

テツandテツじゃない方

  1. 2012.05.30(水) _07:33:39
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0

マリオ&マリオじゃない方RPG








サダメノハテの挿絵を補完しています。
絵あった方が読みやすいかなーと思いまして。実際ラノベめいた。

現在、序章~第一部第一章終了までに五枚の挿絵があります。
どれくらいの密度で絵を入れるかはまだ迷ってます。

児童書みたいに「むしろ絵が無いページの方が少ない」程度の
頻度にしてもいーかなーと思ったんですけど、たぶん私がもたないのでやめます。
もっと高速で何枚も描けたらいいんですけどねー。
スキル不足ですねー。


今回補完した挿絵

novel-haf002.png

断片B、ヤギを引っ張りだすルッシー。
こいつらに漫才させてるといつまでも物語が終わらなくなるので本編での出番は少なめです。


novel-haf111.png

#001冒頭でのウツセくん。
まがつーを送り出してるところなので、時系列的には次シーンのおよそ一年前です。


novel-haf111-2.png

その一年後、寝起きのひじりん。この頃のひじりんはまだ髪が黒く、ツノもありません。
幼体ひじりんは成長するに従って体毛が白くなり、ツノも伸びていき、水辺から陸に上がります。
しかし多くは完全に成長する前にアザラシとかに食べられてしまいます。嘘。


novel-haf112.png

#002の三人。
ギャグパートのツッコミなので、もうちょいダイナミックな構図にしてもよかったんですが、
序盤なので全員のビジュアルをわかりやすい形で入れたかったので無難な感じに。


novel-haf113.png

#003のラストあたり。夜な夜な出かけては虚数領域のデータ取り。
一年前からもういつ亜存在が出てもおかしくない濃度なんです。でも出ない。
実験的にヘイトが出現を制御していたんですね。失敗しますけど。
普段は出現直後に虚数領域の変動があります。でもこの状況は普通じゃない。
まがつーが最初に行方不明者を探してたのも、イレギュラーな事態を警戒しての命令。




edit

33

  1. 2012.05.27(日) _12:05:26
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0

サダメノハテ第33話『Master Of My Destiny』、
ちょっと前に更新してましたー。

こちらからどうぞ。


そんなわけでボス戦終了です。


止血法は大まかに分けて、
傷に直接ガーゼを宛い、上から圧迫して止血する「直接圧迫止血」
止血点という特定のポイントを圧迫して血の流れを抑制する「間接圧迫止血」
布をきつく巻いて血を止める「止血帯法」の三つの方法があり、
状況によって使い分けるのが基本です。
興味のある人は調べてみてね。


崖から落ちて脊椎骨折した人が、そのままならまだ無事だったものを
起き上がろうとした瞬間に背骨がずれ動いて脊髄神経を損傷し、
半身不随になってしまった――っていう事例、
だいぶ前にアメリカの番組で見たんですけど……

これ、警戒して起き上がらなかったとしても
回復魔法なんて存在しない世界じゃ一体どうしたらいいんでしょうね。
骨折治るまでその場でじっとしてればいいんですかね。


_人人 人 人人_
> 当然の餓死 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄




まがつー視点の描写だと、基本的にウツセくんを疑ってかかるので
なんか遣り取りの一つ一つが鳴海清隆みたいになっちゃいます。
そんなわけで、いっそ意識してみました。
アライヴは清隆がたくさん動いてて面白いなー。


ともかく、今回も第二部終了につきお掃除――とはいかず、
33、34話ともに大量の伏線をばら撒きっぱなしにして、続きます。
あんまりスマートな構成方法ではないんですけど、
この作品は“無難”な構成を避け、実験的に色々やろうとしてるのです。



今回のサブタイトル『Master Of My Destiny』は、
ドイツの様式美メタルバンド、Silent Forceの曲名です。
けっこー歌詞がそれっぽかったんです。
あと前回が「Master Of Puppets」だったのもあって。



edit

Cruel Fate

  1. 2012.05.24(木) _19:51:40
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0

第33話、がんばって書いてるんですけど長くなりがちです。


いつも1話の目標容量はtxtで15KBなんですけど、
どうにも安定しませんねー。

どちらかというと長々書くよりも短くまとめる方が難しいので、
必然的な不安定なんですけども。

ともかく、なんか奇跡的にうまくいったら数日中に更新できるといいなー。


ウツセくんの台詞回しは毎回書いてて楽しいです。

黒幕的な天才キャラって言うといろんな作品にありますけど、
最終最後に物語を集約・解決するために、
一人の黒幕に全ての原因が押し付けられることが多いんですよね。
「すべては私が企んだ事なのだワハハハ」みたいな。

そんな黒幕が最後の最後までたくさんいたら面白いなーと思ってしまったがために、
この小説は黒幕キャラだらけになってしまいました。
複雑になりすぎないよーに、一部ごとに情報整理マンガでもつけましょーかねー……。



edit

ブラ・サガリ式 健康砲

  1. 2012.05.22(火) _07:07:33
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0

説明しよう!

それは当時軍に身を置いていたブラ・サガリ博士が開発した、恐るべき新兵器!
核子間力を媒介するヘルシオン素粒子による相互干渉(ダイエット・エフェクト)を
「健康器」と呼ばれる特殊な構造体を介することにより増幅し、放射することで、
対象の原子構造を破壊! またたく間に骨格の歪みを矯正し、
肩こりや腰痛を治してしまうという指向性エネルギービーム兵装でごめん飽きた








効果によってデッキに表側で入っている《寄生虫パラサイド》、
強欲で謙虚な壺の効果でなら手札に加えられるって知って爆笑しました。
ドローじゃないから効果発動しません。
そのまま伏せてリバースさせれば、元の持ち主のデッキに表側のまま滑り込みます。

なんだこの……なんだこの……何?


強制転移から自分のデッキに寄生させるまでは考えついてたんですけど、
こんな珍奇なコトもできるんですね……畜生やりてえ……!


天変地異+デーモンの宣告のコンボに組み込んで、
デッキが裏返しになっている中、一枚だけ裏側で出てくるカードに

「……馬鹿な……デッキのカードが読めんだと……! 何故だ!
 このカードは一体何なんだ……何虫パラサイドなんだッ!?


とかもやりたいですね。
コントローラー差し替えされたサイコ・マンティスめいた。





edit

(ウヴァの怯える声)

  1. 2012.05.19(土) _04:37:15
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0

設定画
ユニバーサル・トランスレイター
公式なものではないが、略称は一般に「トランスレイター」「U.T.」「翻訳機」
一部では「トランスレイター・サーキット」などとも呼ばれる

翻訳機


新時間軸、西暦2099年に原型となる初期型軍用モデルが開発。

(第三次大戦が終結し、S.U.N.S.が開発されて以降、
 先進国軍は惑星調査班としての需要が濃厚だった)


最初のものは「翻訳機」の名に違わぬ大型で簡素なものだったが、
「波形認識」という機能を応用した使い方が目立つようになり、
次第に様々な調査用アプリケーションが入れられ、通信機能もまとめられ、
いつの間にか他の機能がメインになっていた。
携帯電話がいつのまにか電話メインじゃなくなった的な進化である。

それから2110年に至るまで、一般向けに様々な民間モデルが開発されている。
一般人には「翻訳機って一番いらないの翻訳機能だよねー」とか言われてる。


仕組みとしては、意識(アストラル体)の虚数領域振動を感知して思考情報を解析、
ある程度の音波認識によってニュアンスを補整する。

【脳(思考)】→【意識体(虚数振動の発生)】→【虚数領域(周囲への振動伝達)】
という流れを想定しているため、これによらない思考を持つ生物の言葉は翻訳できない。

簡単に言うと、ある程度以上に高度な感情機能を持つ生命体でないとならない。
その一つの目安は【独自の言語体系(十分な語句と文法)を操れるか】である。
いくら「鳴く」としても、言葉として不完全なネズミの言葉を翻訳はできない。


この形式の利点は、特にメタファーを多用する異星人の言語などを翻訳する際にも、
思考を直接読み取るため、真意を汲むことができる点だろう。

しかし、文化や生態の違いから、ただ真意を汲むだけでは意味が通じない事もあり、
そういった場合は種族自体の特徴を観察する必要がある。

例として、惑星フラウの原生種は「大元の意識を共有している群生体」だったため、
PC達のことを「私ではない人たち」と呼んでいた。
これは二人称・三人称の使い方に対するスタンスの違いからくる表現である。

また、「思考」を読み取る必要があるため、テレビやラジオ、録音された情報など、
中に「思考」が存在しない場合は読み取ることができない。


補助的な使い方として、虚数振動と音波の認識という機能を応用して、
様々な「波形」を発振・計測し、そのパターンをデータベースに照合することで、
既知の材質であれば組成解析が可能。

重力波や電磁波の計測のほか、地質や大気の組成、動植物の毒性蛋白質の有無など、
様々な情報が調べられる。

フェイザー銃のナディオン粒子制御の痕跡やクロニトン放射が残っていれば、
その場で戦闘行動や空間転移が行われたであろうことを推測することもできる。


ディスプレイスイッチとコンソールスイッチを二秒間同時押しで電源切れます。
スイッチやコンソールによる命令のほか、音声認識による命令も可能。
バッテリーはこのタイプだと水素燃料バッテリー。


アプリケーションにデュエルシミュレーターとかも入れられるので、
通信対戦がはかどるぞ!
ネトゲとかは多分、流行のものはバーチャルリアリティ重点。
ミニゲーム的なものが多いのかも。現代のスマホアプリみたいな。



edit

「半魚人ではなく18分の11魚人です」「細かいな」

  1. 2012.05.17(木) _03:39:28
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
「そしてこの子が18分の18魚人……」

「魚だよそれは」

「全魚人……」

「何ちょっと語呂良く言い直してんだよ」

「ほぼ3魚人……」

「円周率はちゃんと教えろよ、ていうかもう割合関係ねえなオイ」










先輩と後輩。
ひざまくらよりワンランクうえまくら。

ただただ仲良く一緒に寝ている状態に萌える。かわいいですよねー。
片方だけ変に意識しちゃってる状態とかもかわいいですよねー。

でもこいつらはお互い欺瞞にまみれててかわいくないですね……。

最初っから関係が妥協点込みで成熟しちゃってるから殆ど進展しないし!
以降やたらとディープな恋愛描写になっちゃって初々しさが全然無いし!

あれっおかしいな……主人公……女子中学生……?


せんぱいは もう ここまでされたら
てをだしちゃっても いいんじゃないかと おもいました。

でもしない。大事な娘さんですもの。


edit

AGES

  1. 2012.05.16(水) _23:26:09
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0


泣くがいい

声をあげて泣くがいい

その涙は

新しい時代を呼ぶ

水晶となって

アルカトラスの元まで

届くことだろう

ホトトギス



(字余り)








ネタデッキ同士でデュエルしてると、なんだかんだで
《燃えさかる大地》が最後のトドメを刺してくれることが多くて笑う。

オレが攻撃したのは……『森』そのものさ!








今日の音楽紹介コーナー


高橋洋子 - metamorphose




さーよならとっささーやーくー みにくきーせかーいーにー
あかく あーかいー そのはーねでー すべてをー かーざってー


個人的に、『残酷な天使のテーゼ』や『魂のルフラン』『夜明け生まれ来る少女』より
こっちの方が好きなんですよねっ。
あんまり知ってる人いないんですけど。
ちなみに後者二曲と作曲者は同じなのです。

というわけで、高橋洋子さん。
2004年の“この醜くも美しい世界”というアニメのOPです。

彼女の人気曲によくある激しく華やかな曲とは違って
即効性のあるクサメロというわけではないんですが、
静かな哀愁のメロディが美しい曲です。
間奏のバイオリンの旋律も緩急がついててディ・モールト(非常に)ベネだ!

歌詞も、OPでコレじゃ「ああ鬱アニメかな」って思いますよね。
まあタイトルがタイトルだし。



edit

メイアルーアジコンパッソ

  1. 2012.05.14(月) _15:15:33
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0

フィンランドのミクスチャーバンド、Waltariが1996年に発表した
“Yeah! Yeah! Die! Die! ~ Death Metal Symphony In Deep C”というアルバム。

邦盤は出ておらず、輸入盤すらほとんど市場に出回ってないため、
わりと入手困難(僕もフィンランドから直接個人輸入した)な本作ですが、
試しに探してみたら、およそ充分な音源が見つかったので紹介してみます。



一応8パート(+ボートラ1曲)に分かれているものの、アルバム1枚で1曲という扱い。55分。
あまりこの手の曲を聴き慣れてない人にとっては
イントロが6、7分あるみたいな感じになりますが、そのうち慣れます。
(この動画ではちょっと短くなってるみたいです)



ロックとクラシックの融合というものは古くから試みられてきたことで、
1960年代末にイギリスから流行が広まっていきました。
当初は融合の手法も手探りで、クラシックの名曲をバンドサウンドで演奏したり、
作曲技法を取り入れたり、オーケストラを導入したりと色々なアプローチが為されてきました。
今では“プログレッシブ(前衛的な)ロック”と呼ばれるものに多いです。

特にハードロック・メタル界に於いては
ディープ・パープルがクラシックの影響色濃く、
アイアン・メイデンは一曲の中に起承転結のあるクラシック的展開の大作を多く作り、
そして“ネオクラシカルメタル”としてストラトヴァリウス等が認知され、
その後ラプソディが“シンフォニックメタル”を高次元で完成、
以降、オーケストラの導入は、比較的聴きやすいメロディックメタル系の定番となっていきます。

シンフォプログレのアングラやシンフォニー・エックス、
メロデスではチルドレン・オブ・ボドムなど、メタル初心者にも易しいバンドが多く、
シンフォブラックのクレイドル・オブ・フィルスなども比較的聴きやすいですね。

しかし、シンフォニックなオーケストレーションを“より多く”導入していくに従って、
クラシック寄りの静かな音楽になってしまい、(それはそれでいいのですが)
だいたいメタル・ファンにとって物足りないものになっていってしまうんです。
ある程度いろんなメタルバンドを聴いている人なら、
そんなバンドをいくつも見てきたことだろーと思います。


さて、その点、このアルバムはどうか?

……前述した通り、クラシックとの融合を試みる場合、聴きやすい流麗なメロディを持つ
“メロディック”なメタルが相性がいいわけです。
デスメタルなら、メロディック・デス・メタルという聴きやすいジャンルがあります。

逆に聴きにくく、暴虐性を追求した“ブルータル・デス・メタル”というものもあり、
これはクラシックと融合させるには非常に相性が悪い。
なんせ、静かにしちゃったら、そのジャンルの良さを損なっちゃうんですから。

なんとコイツら、そのブルータル・デス・メタルを、
無理矢理クラシックと融合させちゃったんですねえ!
しかも不自然さが全くない。
決して「静」と「動」でバランスを取る形にしたんじゃありません。
クラシックの「静」とブルデスの「動」がそのままの形で共存してるんです。

普通に考えて絶ッ対に合わない、相性の悪いモノ同士を、
互いに反発させることなく、お互いがお互いを引き立てるように融合させたわけです。
ものすごい技術です。1996年の段階でそれをやってるんですねー。


最初はダークなクラシック、
そこから一気にデスメタルとクラシックが高次元で融合し、
次第にロック、ファンクの要素、さらにはテクノやラップまで飛び出して、
しかしそれらが“代わる代わる”訪れるわけではなく、全部共存している。
もうなんか最終的にお祭り騒ぎです。

聴きこめば聴きこむほど完成度の高さがわかるアルバムでしょう。




邦盤は出てなくても輸入盤に歌詞はついてるので、
あとで頑張って和訳してみましょーか。



edit

すたっぷれいんごっど

  1. 2012.05.13(日) _03:02:30
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0

らくがき

85.png

\ばふっ/
神の星のPCウォロス君と、彼に引き取られたNPCのマユさん。無邪気。
性格描写がほとんど無い限定的な情報からジェネシス装置によって作られた人間なので、
実際ありえないレベルで純粋さんなのです。

たぶん「だーれだっ!」的なことがやりたかったんでしょう。
クロク村には同年代の子供がいなかったから遊びたかったんじゃないですかね。
下着はちゃんと穿いてますが、隠す気は無いようです。
ていうか彼女からしてみれば、もう隠せてると思ってます。
だって服だもん。なんで服を服で隠さなきゃいけないんですか。みたいな。


おまけ

86.png

同じユグドラシル内部に住んでる月子とも高いコネクションがあるので、
たぶん家(居住区域)にもよく遊びに来てるんだと思います。

別にGM側としては狙ったわけではなかったんですけど、
彼はちまちました奴らにモテる運命にあるんでしょうか。



edit

絶望ハンバーガー工場

  1. 2012.05.11(金) _04:54:08
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:2
【食中毒】

つよさ:ネタ寄りにしてはちょっと強いんじゃないかな程度のファンデッキ
はやさ:意外とそれなり
まもり:皆無
安定感:あんまり無い



モンスター x16

上級 x6
 ハングリーバーガー
 ハングリーバーガー
 ハングリーバーガー

 光帝クライス
 光帝クライス
 光帝クライス

下級 x10
 終末の騎士
 終末の騎士
 終末の騎士
 ジャンク・シンクロン
 ジャンク・シンクロン
 ジャンク・シンクロン
 不死武士
 不死武士
 ネクロ・ガードナー
 悪シノビ


魔法 x14
 ハンバーガーのレシピ
 ハンバーガーのレシピ
 ハンバーガーのレシピ
 儀式の準備
 儀式の準備
 一族の結束
 一族の結束
 一族の結束
 増援
 戦士の生還
 ブラックホール
 死者蘇生
 おろかな埋葬
 闇の誘惑


罠 x10
 魔のデッキ破壊ウイルス
 魔のデッキ破壊ウイルス
 闇のデッキ破壊ウイルス
 リビングデッドの呼び声
 リビングデッドの呼び声
 リビングデッドの呼び声
 八汰烏の骸
 八汰烏の骸
 八汰烏の骸
 強欲な瓶


EX x15
 ジャンク・ウォリアー
 ジャンク・ウォリアー
 大地の騎士ガイアナイト
 大地の騎士ガイアナイト
 ジャンク・バーサーカー
 ジャンク・アーチャー
 ギガンティックファイター
 ギガンティックファイター
 クリムゾン・ブレーダー

 発条機雷ゼンマイン
 No.39 希望皇ホープ
 No.39 希望皇ホープ
 ソードブレイカー
 フォトン・ストリーク・バウンサー
 甲虫装機エクサビートル




ハングリーバーガーをウィルスキャリアにして集団食中毒を起こすデッキ。
ネタです。

クライスターボのギミックを組み込むことで、
儀式デッキ特有の手札消費を補っています。
クライスは戦士族なので不死武士も結束も阻害しないのだ!

終末などで不死武士を落として、リリースしてクライス召喚、
骸や瓶を破壊しつつチェーンして4枚ドローしたりしながら、
そのターンは攻撃できないクライスをリリースしてハンバーガー儀式召喚!

適当に戦いながら、危ないかなっと思ったら魔デッキでリリースして、
相手のデッキに集団食中毒を起こしましょう。
一族の結束で強化してあれば闇デッキも使えます。
無論、クライス効果にチェーンして使ってもいいです。

できれば骸も瓶もクライス効果にチェーンして発動したいところですが、
チャンスを待ち続けてるとそのままスーッと死にますので
状況の見極めが重要です。常に「この局面ではどう賭けに出るべきか」を考えると吉。


悪シノビは攻撃対象に選択された時に1ドローできるので、
選択された直後にリビデを発動すると攻撃対象を選択しなおすことになります。
もう一度対象に選択されるとさらに1ドロー。
リビデの蘇生対象をクライスにして、自身とリビデを破壊して2ドローしたりすると、
結局攻撃するなら悪シノビを選択せざるを得なくなるので爆アド取れます。



ゼンマインことまいんちゃんとエクサビートルだけは戦士族じゃないので、
これらが墓地に行くと結束と不死武士が効果を失います。
破壊耐性のあるまいんちゃんはともかく、エクサビートルは
「おいハンバーガーに虫ついてんぞwwwwwwww」ってやりたいだけなので
何でもない時に使うのはちょっとアレです。結束を割られた時などに使いましょう。




まだ作ったばかりで調整不足なので、回してるうちに色々変わるかもしれません。


edit

ごはんかいじゅうパップ

  1. 2012.05.10(木) _14:59:59
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0

パッパッパッパップパップwwwwwwwwwwパッパパプパップwwwwwごwwwごwwwごwwwごwwwwwwwwww


というわけで、10日ほど別時空にいました。
久々に帰ってきたので調子に乗って牛乳を1パック飲んだらお腹が死にました。
ヒュウーッ……さすが魔界の牛乳はヘヴィだぜ……。









らくがき

72.png

リミルさん。
とどけ局所的低気圧! キミの心臓(ハート)に崩壊電離!!(死ぬ)


73.png

ライト&まがつー。
当初はもっと本編にもBーコンLタス的描写が入る予定でしたが、
冷静になって思いとどまりました。



74.png

マユ。初期衣装です。ほとんど変わりませんけどね。
モノクロからカラーにした時の見栄えを意識して今の形に落ち着きました。
まゆたんって呼ぶと、アサルトライフルで狙撃しながら
「ちょろいもんだぜ」とか言い出しそうなのでやめたげてください。
やめない奴はそのキレイな顔をふっ飛ばしてやる!


75.png

どこかの端っこに描いてあったもの。なんとなく載っけてみます。
旧時間軸での西暦2600年、また新時間軸での西暦2100年ごろから現れる航宙巡洋艦。
【神の星】セッションなどで「巡洋艦」と言われたらこんなのイメージするとよいです。


76.png

聖&結。
アタリというか初期段階のラフだけ描いて飽きたので多分忘れた頃に描きます。描かないかも。
ちなみに今の予定だとこんなシーンは本編にはありません。
「二重の太陽」は第六部の舞台にあるんですけど、彼女らが戦うのは第五部なのです。


77.png

もりそば。
ソード・ワールド2.0のPCです。タビット種の魔法使い。
モルガナ八相で一番強いのって一番最初のスケィスですよね。死の恐怖。


78.png

ライト&ルナ兄妹。
彼らの設定に関する伏線は結構な量をバラ撒いてあるんですけど、
うまいことバランス取れてるかどうかわかんないところです。難しいですねー。


79.png

再びマユ。「厚手の服」というのがなかなかパッと表現できません。
トレーナーのみで下はいてないみたいな服装ですが、不思議な事に中は見えない。


80.png

ぎょうざ。

……い、いや、大天才てれびくん観ててですね。
「絵描き歌を歌だけ流すから想像で描け」ってミッションがあったのでやったんですよ。
「空には半分欠けた月、三本の川が流れる景色」。
その通りに描いたら、なんかこんなんなりました。正解はぎょうざらしいのでコレはぎょうざです。


81.png

なぜならばちゃん。
( ∵)<なぜならば!!
( ∴ )<……ゆえに!!


edit

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY




PAGE
TOP