人生、それはわからん

最後から二番目の虚妄

.

魂篝

  1. 2013.05.20(月) _06:56:30
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
TRPG【神の星】細かいとこですが更新しました。
1-4:冒険ガイド

「冒険者」とか「旅人」とか「来訪者」とか、
そんな言葉の意味について、明確に作りました。
いわゆる冒険の動機付けの一助になるような設定の類です。

あと、地球外活動に関連する法律に関しては、
可能な限り自由でアバウトな感じにしたかったので殆ど明言しなかったんですが、
一応それなりの指標があった方がやりやすいかなーということで、
とりあえず知性体の殺害や取得物の扱いについてちょっとだけ明言しておきました。

といっても、「まだ法が万全でなくアバウトな感じになってる」と
改めて宣言しただけなので、今までと特に変わりません。








小学生の頃の創作キャラシリーズ

192.jpg

クリス。双竜決戦編の主人公である。
西方の大国であるリビアフォード王国の第二王子であり、
クリスタル(水晶を指して言われる)の守護石を持つ聖剣士。
一見すると白髪だが、光の当たり方や角度によって薄い蒼色に見える。
眼の色はアメジストのように透き通った紫色。

素行が悪いわけではないが、決して真面目な質ではない。
どこか無気力なオーラを放っている。
とは言え、性格的にネガティブなわけではなく、本人は人並みに明るいつもり。
平和な城暮らしの退屈が根付いて彼をそう見せているだけなようだ。

城にいるよりも、城下町で子供と遊んだり、民の手伝いをしている事が多く、
王族にしてはかなり庶民的な価値観を持っている。
多くの国民も彼の性格には慣れており、普通にタメ口で話しかけたり、
ツッコミでどついたりもしてくる。


ある日、兄であるモーリオンが、独自に研究していた“神の化身”に関する事実を利用し、
「より良い世界のため、より幸福なる社会のための、管理と制御を齎す」と称して、
その一柱であるベルフェリアの封印を強制解除してしまう。
止めようとして交戦するも敗北。だが死の直前、父である現王リュークに助けられ、
遥か遠くの地へと飛ばされる。

その後、国へ戻るために旅人として各地を転々としながら様々な事件に首を突っ込み、
ゆかいな仲間たちと共にリビアフォードへと戻るが、そこにモーリオンの姿は無かった。
父に様々な教えを受け、両者は黒竜の神殿にて相見える。
死闘の末にベルフェリアを、そしてモーリオンを撃破するも、
彼は「奴らの定めた運命からは逃れられない」と奇妙な言葉を遺して息絶えた。
直後、巨大な揺れによって神殿は崩壊。クリス達も生き埋めになる既の所で、
エルディリアスに救われる。そして真の敵の名、ドラガリヴァスを知ることとなる。

最終的に崩れ去ったリビアフォード城跡でドラガリヴァスとの――
そしてゼロとの最終決戦に入り、最後のエレメント、インフィニティの力でこれを征した。

その後、未開発惑星管理委員会に真実を告げられ、
上位存在への誘いを一太刀のもとに棄却している。

王族的なカリスマ性は無かったが、民にはよく好かれていたため、
リビアフォード城の再建は比較的早くに成った。



200.jpg

エメル。翠玉(エメラルド)の聖剣士。
戦闘には積極的に参加せず、知識と知恵によるサポートを行うのが主。
一切の“不思議なコト”を信じず、
「奇妙な結果があるのなら、必ず妥当な原因がある」という言葉を信条とする。
19歳だが、身長が並の(日本で言う)中学生以下なのがコンプレックス。

年若くして優秀な智術士(地球で言うフィロソフィア。哲学に近い科学者の前身)であり、
錬金術の研究から、物質の構成単位=原子や素粒子(彼は“礎子”と呼称する)の構造や、
それらの振る舞いについての理論を“基礎物質理学”として打ち立てた。
現代で言う素粒子物理学である。

その後、研究を進めることによって、それまでは
「魔法は人間が神の力を無理に使う術であるため、
 強力な魔法を何度も使うと魔の波動に肉体を蝕まれる」と言われてきた現象が、
魔法のエネルギー源として大気中の礎子(陽子や中性子)を反応させることで生じる、
ただの高エネルギー電磁波(放射線)による影響であることを証明。
大魔法を使用する際にこれを防ぐための対処法を確立する。

中でも最大の功績は、聖剣の組成と構造を分析することで、
“伝説の武器”に秘められた不思議な力が、別に不思議でもなんでもない、
ただの複雑な機械であることを看破し、より強度のある合金を用いて、
オリジナルより強いレプリカを量産することに成功したことである。
彼のおかげで、一般兵が全員伝説の武具に身を包んでいるチート部隊が完成した。



201.jpg

ディアン。ダイヤモンドの守護石を持つ聖剣士にして白竜の巫女。
高い魔力容量と魔法の才、奇跡を思わせる御業から、白竜派の象徴であり、偶像とされた。
扱いの上では、エルティーナ聖王国の第三王女だが、現王・王妃と血の繋がりは無い。
しかし、そんな立場にありながら性格は扱いづらいことこの上なく、
よくその場の思いつきでカオスな行動を取る。
好奇心が非常に強い。加えて無口であるため、よく何も言わずに抜けだして迷子になる。

その正体は、人間の子に擬態して産み出された、白竜神エルディリアスの“補器”である。
彼女自身は殆ど何も知らないが、本能的に――と言うよりは、常識感覚として、
自分がそういった役割を持っていることを刷り込まれている。

白竜の騎士であったモーリオンには計画の全てを聞かされており、
計画始動=ベルフェリアの解放と共に一人身を隠す。
以降、それによって世界がどう動くか、細かく観察しながら旅をしていた。
しかし、“自らの感情”のために中立を保つことをやめ、
クリス達の最後の仲間としてベルフェリアと対峙する。
これは、「彼の行動を止めはしない。彼は行動した。故に私も行動する。
 お互い、行動を“やめ”させる権利は無い。信念は、より強い信念によってのみ斃される」
という、彼女の独特な行動原理による。



後半塗ってないけど、これでパーティ六人分です。
リメイクしてみたい気持ちはあるけど元々の話は長すぎて今やる気力は無い……ッ!
だいたい普通の単行本七冊分くらいで完結する漫画でした。
あの頃は作画がテキトーだったからやれたんだ。








199.jpg

学校帰りに怖いもの見たさで怖いもの(映画)見たら怖かったので
なんか一人じゃ寝られなくなりそーだったし
流れでライトとルナの家に泊まりに来たものの、
軽率な行動だったかなーと若干後悔しはじめているリミルさんの図。

罠というものは 触れてはじめて罠だと解り その時には既に逃れ得ぬもの
蜘蛛の巣に触れてしまった以上 蝶はもう助からない(神妙な顔)



まあこんな感じでグダグダしつつも普通に遊んで、
遊び疲れた頃に三人一緒に雑魚寝とゆー流れは確立されているので
だいたいいつものことです。もてあそばれてます。

いつも澄ました顔してるけど、慌て具合が一定以上になるとわりとすぐ表情崩れる。


「本人らも周りも含めて、先に進めるのわかってるのに、
 現状を壊したくなくてさっぱり友達以上に進まない関係」って
結構萌えるものがあると思うんですけどどうでしょう(





edit

食虫植物が文明をもちました。

  1. 2013.05.14(火) _09:19:16
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
らくがき

197.jpg

燐。
ポージングの練習です。まだ身体のパーツ同士の相互干渉がよくわかんない。


198.jpg

すずめ in the アストルティア。
【干渉者】のラベルを利用して世界を旅するのが趣味だけど、
なんか旅先の身体がことごとくロクな運命を歩まない。

ようせいの首かざり、いつ取りに行くか迷ってます。
サイクロプス即沸き時代に取っとけばよかったッ。



世界観TIPS

◆アストラルラベル
 魂に刻印された『ラベル』のこと。
 実際にそういう物理現象が観測可能なわけではないので感覚的に理解するしかないが、
 情報領域レベルで観測を行える高次元存在にとっては認識可能なものである。
 虚数視力を持つ者は、そのラベルに応じた『紋章』を、保有者に重ねて幻視する事がある。
 高次存在は、低次元の生命体に干渉して特殊な権限を持たせたり、剥奪したりすることを
 よく『ラベルを張り替える』と呼称する。
 ものすごく感覚的に説明すると、カードゲームなどで言う
 『このカードを装備したモンスターは戦士族としても扱う』みたいな効果が、
 この“ラベルの張り替え”にあたる。

◆観測者
 燐に刻印されているラベル。
 この世界を“物語”として上位から観ることが可能な権利であり、
 鐘の守人ロアを始めとする高次元人が多く有する資格の一つ。
 このラベルだけでは、世界への過度な干渉は許可されない。

◆干渉者
 すずめに刻印されているラベル。
 物語という尺度で見た、世界の全時間点への干渉を可能とする権利。
 ただし、【観測者】のラベルを同時に持たない限り、
 物語の流れや結末などの情報は得られないため、
 飽くまでもキャラクターの一人として翻弄されることしかできない。
 また、無から有を形成する権利は持たないので、
 精神と記憶を容れる肉体は干渉先で容易する必要がある。

◆高次存在
 狭義的には、主に“四次元人”などと呼称される、
 この次元宇宙に対して比較的自由な干渉ができる種を指す。
 広義的には、人間の主観から見て、より高いレベルにある種族をこう総称する。
 基本的にはこの宇宙ではなく、別の時空連続体に居住している者が多い。
 人間にとって理解しやすい身体を持たないものは
 「高次意識体」だとか「情報生命体」などとも呼ばれ、
 身体があるものは、一般的な異星人と同一視され「高度な知性体」などとも呼ばれる。
 住んでいる場所がどちらでも、実質は同じである。
 四次元の世界なんて本当は存在しないのだから。



edit

銀河

  1. 2013.05.12(日) _05:56:25
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0

最近のDQ10


193.jpg

キメラになりました。
スマ~~~~~~イル。

(基本戦闘中は重ならないからコレ撮るの結構苦労した)


194.jpg

なんか予言された世界の破滅に対抗すべく旅をしている途中のひとコマ。
危機感が感じられない。


195.jpg

そして終を告げる旅が一区切りつき、
誰かがさそうおどりを踊りはじめてしまったら
一人また一人とつられて踊ってしまい御覧の有様です。
(べつにPT組んでもいない初対面だった)


196.jpg

そしてEXILEに発展。
ファーンファーンウィーヒッザステーッステーッ



わりと楽しくやっています。
ネトゲで変なことしてたら周りの皆が乗ってくるあの感じは好きです。

バトマスがLv.50になったので制限も解放しました。やっとです。
次は片手剣のスキルを上げる感じで行こーかなー。



edit

記憶

  1. 2013.05.09(木) _09:02:47
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
告知を忘れてました。


サダメノハテ第43話『月覆う夕闇は 叢雲よりも昏く』
こちらからどうぞ。


今回のタイトルは次の44話『月を追う狼は 時に月よりも眩い』とセットになってます。

『盈虧』、月が満ちることと欠けること――転じて文明の盛衰を表す。
月を覆う、雲より昏い闇とは、月の欠け、即ち『虧』。

月を追う狼とは、北欧神話の狼ハティ。
月神マーニを追う狼で、太陽を追うスコールの対。
月が絶えず天を廻る原因のほか、『月の欠け』の原因と信じられた。
その名の意味は、古代ノルド語で『憎悪(HATE)』を指す。

いま、ひとつの月が欠け落ちようとしている。
ラグナロクの日、ハティが月に追いつき食らったように。
その『HATE』は、『黄昏』の天心に浮く『文明』を捕らえて、砕く。

ちょっと比喩が複雑だったかなーと思ったのでセルフ解説です。



今回のアバンタイトル部分は何年も前からメモっておいた文章です。
よーやく使えたー。このような全文のストックはそんなに多くないのです。
第六幕終了までに、あと十個くらい。


内容は視点をルナに移してからいろいろ。
始まって即重症です。注意力が圧倒的に足りてません。

基本的には特に訓練されてない民間人なので、
戦闘力・適応力はともかく、気概には大きな弱さがあります。
友を危険に晒しても「自分を置いていけ」なんて絶対に言えない。

あとカッコよく痛がれない。「痛い痛い痛い!」って言っちゃう。
立派な二次元イケメンなら、どんなダメージ受けても「くっ……」とかで済ますぞ。


全メンバーの中で華鈴のことを一番心配してるのも、彼女のちょっとしたポイントです。
よくいじめてるのは嫌いだからじゃないのです。
嫌いだったら突き放します。対抗心はありますけど。
あれは、ワンちゃんに群れの中での位置関係を教えているに過ぎないのです。
……逆にタチが悪い気がしますね。

ともかく、皆が皆この“クロニクル”の中で、
当初の想定以上な事態に陥りました。
ライトとリミルなんか原子レベルで分解消滅してるし。
どこに着地すんのコレ? 感。
着地点は燃料が尽きかけてから考えます。








スターゲイト SG-1のDVDBOXを入手したのですが
やっぱり面白いですねコレ。
SFを書く上で色々と学ぶべきところが多い作品です。

でも一話一話の大筋は4人パーティのファンタジーRPGみたい。
行く先々の村に降りかかってる災厄を
知恵と勇気で解決していく感じ。
ただその手段が「剣と魔法」ではなく「銃と科学」なだけです。

まだシーズン2の途中なんですが、
今でも伏線の多さに先が気になりっぱなしです。
ていうか全10シーズンて。さらに続編がまだ本土で放映中て。
気になる先が長すぎて途方にクレイソン。(高度なメタラーギャグ)



スーパーナチュラルのDVDBOXも入手してあるのでこちらも観ねばッ。
こっちはSFではなく現代伝奇、ファンタジックサスペンスなんですが
やっぱり面白そーです。








DQ10

メインのバトルマスターLv.をひとまず47あたりまで……
上げたところで元気玉が切れました。
しばしチャージの時間を与えたいところです。

サブはようやく酒場デビューしたり。
それなりに稼ぎになりますねー。
今やらなきゃいけないことは多分HPパッシブ取り。
強い一撃受けると死んじゃう。



edit

まるで蛇博士だ

  1. 2013.05.03(金) _03:33:35
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
小学生の頃の創作キャラシリーズ

190.jpg

ラピス
瑠璃の聖剣士。サフォーの姉。
妹と違って大人しめで、慎重派のしっかり者。ツッコミ型。
傍から見れば出来のいい姉だが、本人は妹に劣等感と妬心を抱いている。


戦闘スタイルは格闘主体の“魔法戦士”型。得意とする能力は【風】。
より具体的に言うならば、【圧力】の操作である。
局所的な“低気圧”と“高気圧”の生成が、ただ風を呼ぶだけだ。
手刀が空を斬れば真空の刃が飛び、指パッチンで空気の弾丸が飛ぶ。
砂や砂利は超高熱の散弾となるだろう。

故に彼女の戦闘スタイルを“格闘”と呼ぶには語弊がある。
敵に当てるのは拳ではなく、それを覆う超高気圧のバリアなのだから。
だから、どれほど強力な一撃を放っても反動は無い。
その拳の一撃が直撃したならば、渦巻く真空の槍が敵を貫くだろう。





191.jpg

オニキス
黒瑪瑙の聖剣士。黒竜の騎士でもある。
目つきは悪いが悪人ではない。
無口。若干ひねくれてる。
いくつかの誤解から何度かクリスと戦うが、その後仲間に。

完全物理型の“バトルマスター”。魔法は不得手だが、最低限の補助は行う。
剣技の腕は黒竜の騎士に選ばれるだけあって一級。
通常、この世界の戦場において、単純な物理戦闘術は魔法に対して弱いため、
あまり重要視されない傾向にある(近現代で言う銃に剣で挑まないのと同じ)が、
彼の場合は、高い技量や、思考速度と柔軟性がそれを可能にする。



◆竜神信仰(ドラゴニズム)
 惑星ジェリアで主に信仰されている宗教。
 主神に白竜神エルディリアスと黒竜神ドラガリヴァスがあり、
 それぞれ「創造と維持」「破壊と流動」を司るとされる。
 白竜派と黒竜派の二宗派があるが、宗派間の対立は少ない。
 ヒンドゥー教におけるブラフマー・ヴィシュヌ派とシヴァ派のようなもの。
 それぞれに一人ずつの「騎士」と「巫女」を持つが、
 選定の基準はその時によってまちまち。伝統もあったりなかったりする。

◆聖剣士についてのTIPS
 そう呼ばれながらも、ラピスは格闘主体で戦い、殆ど聖剣を使用しない。
 これは“聖剣”と言うものが、威力や能力ではなく、
 飽くまでも象徴として機能しているが故である。
 この惑星ジェリアにおいて、“聖剣”とは単なる象徴であり、
 実在するそれは一般兵の持つ量産型の鉄の剣とかよりも弱い場合が殆ど。

◆オニキスの鎧について
 惑星ジェリアにおいて、鎧の防御力は当てにならない。
 強力な魔法が直撃すると、いかに分厚い全身鎧を着ていても即死するからだ。
 故に、一般的には防御力よりも回避率の方が優先される。
 そんな環境が作られてもはや長く、鎧は、騎士階級の礼服としての意味合いが強い。
 薄い軽金属のプレートを重ねて作られており、重量はあまり無い。
 オニキスの鎧が左半身を重点的に作られているのは、剣を振る邪魔をしないためだ。
 一応、近接戦闘を考慮に入れれば、この防御力は気休め程度にはなる。
 特に彼は接近戦を主体とする=接近できる実力があるため、その鎧は伊達や酔狂ではない。

◆聖戦士の格(ランク)
 基本的に現代日本における宝石の価値と、聖戦士のランクは同等と思って間違いはない。
 “ダイヤモンド”の守護石を持つディアンは最も高く、
 “サファイア”のサフォーが次点。ラピスが劣等感を持つ理由の一つにこれがある。
 “ブラックオニキス”のオニキスは最もランクが低いが、強さはその限りではない。
 聖剣士間での階級のようなもので、別に影響するステータス等はない。


edit

アリクイの主食がドッグフードという事実は顕在化したこの世の歪み

  1. 2013.05.02(木) _02:01:47
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0

188.jpg


撃ち殺された 明日の亡骸と
薄らいでゆく 今日の狭間に
遠く鳴り渡る 昨日の残響は
眩んで消える 夕日せきじつの追憶

Infinite-Sandglass――
万物は流転する 万象は輪転する






187.jpg

魔法戦士団の衣装って可愛いですね。
こっちは色変更したエルフの平服下と組み合わせて使ってます。
Lv.30の方は上下一揃いだけど、アレは別に何かと組み合わせなくても可愛い……。


パッシブとか全然取ってないのに大部分においてメインより強くて笑う。
さすが妖精さんだ。
でもすぐ死ぬ。
さすが妖精さんだ。






189.jpg

今回のヒロイン枠。
フフフ……神羅万象は毎弾毎弾これだッていうキラーカードを出してきやがるぜ……
超かわいい。この手のキャラほんと大好きなんですってッ!




edit

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY




PAGE
TOP