人生、それはわからん

最後から二番目の虚妄

.

プリズニャン

  1. 2013.08.28(水) _02:52:26
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
arterial - Terbang


インドネシアの作曲者達によるボカロコンピレーションアルバム「VOCALO.ID 3」より。
情報の和訳やらなんやらに精一杯で作曲者一人一人の情報は結局よくわからなかった!
ピアノやストリングスが美しい、透明感のあるボカロメタル。


idoyklik - 1LINER


同アルバムからもう一曲。こっちはやや重い曲調。
たまにシンセが前に出る、最近のラウドロックっぽい音造り。
なんと歌詞に日本語まで使ってます。(さすがに文体とかは海外直訳っぽいけど)

やるじゃないの、インドネシア……!



海外のボカロメタルですと、以前作曲者ごと紹介したこのへんもオススメ。
中国のボカロを用いたシンフォニッククサメタルであります。

litterzy - 诗的葬礼


ネオクラ様式美旋律が好きな人にオススメしたい。
といっても、ネオクラシカルメタル直系の音ではなくて、
様式美V系やアニソンにも通じる音造りでスね。

「洛天依」ってのは聞き慣れない名前かもしれないけど中国版ボカロの一人です。
さすがに日本では自国のキャラ達と比べてマイナーなんですが、あっちの子もかわいーのヨ。



他にもこの人もオススメ。
战场原妖精で「せんじょうがはら ようせい」と読むようです。

战场原妖精 - 韶音赋


ポップでキャッチーな民謡メタル。
明るいわりにヘヴィな音造りがなかなか独特です。
最近だと「プリンセス・ジブリ」とかで聴いた、
エットレ・リゴッティの作る明るいメロデスの音に通じるものがあるかも。


战场原妖精 - Rocking Cradle・摇篮曲


こちらはシューベルトの子守歌をフューチャーしたポップメタル。
先の曲で前面に出ていた、いかにもアジア民謡らしいメロディが時折飛び出す。



ヨーロッパ圏の音楽は探しやすいんですけど、
アジアの埋もれてる音楽って探しにくいですねー。
何言ってるかほぼわかんないんですもん。
勉強しろというのか、この膨大な種類の言語……!








わたモテのOP、これはなかなかいいスクリーモです。
シングルが28日に発売されるようなので欲しいですね。
ていうかリアルに16歳なんだ、女性パート歌ってる人……!?

神のみ女神編の“God only knows -Secrets of the Goddess-”も
すげーハイクオリティなシンフォプログレ的長尺曲ですばらしかったです。
前のOPの時点でフルで8分以上ある大作プログレだったのですが、
今回はなんとほぼ13分ですよ。13分。
元はクラシック音楽の技法である、起承転結を一曲に含めた展開美が光ります。








ファッション誌を買うと欲しい服が軒並み高くて死であります。
よ、よんまんはっせんえん……ぐ、ぐぬぬ……

edit

*・゜゚・*:.。..。.:*・'カニ'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

  1. 2013.08.22(木) _04:42:08
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
240.jpg

バニーの日とかそういうのは事前に言ってくれないと困りますよ!!もう!!


ここまでの笑顔を見せてくれるようになるには
よっぽどの好感度が必要となるだろう……。

くろ子はわりと無垢なので、この衣装でも
なんとなくかわいいなーくらいにしか思ってないです。あやうい子だ。

というわけで、昨日ですが821の日でした。



そして日は変わり、本日8月22日はチンチン電車の日です!
心の底からどうでもよかった!!



241.jpg

久々だったのでもう一枚らくがき。
これが初期状態です。警戒心だけは強いぞ。

くろ子のデザインは本当に自分以外の誰が好きになるんだろうってくらい
趣味に疾走しています。シンプルながらわりとお気に入り。








7for4 - Rock'n'Rolex



マイナーながらハイクオリティな、ドイツのフュージョン・プログレメタルバンドの曲。
美しい展開と技巧が光るインスト。
僕の音楽ライブラリにおける“戦闘BGMにピッタリなメタル曲”シリーズの一角です。
あの手のバトルミュージックが好きな人はきっとテンションが上がってくれるはず!



edit

NARITA

  1. 2013.08.21(水) _15:38:48
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
西暦4120年
「プルガラティール争奪戦」編の二人

238.jpg

名前未定の主人公。
争奪戦に巻き込まれ、戦火を逃れて脱出ポッドに乗り
ワープドライブの故障で宇宙を漂流していたところを「匣」本体に回収される。

主人公ながらも前半は動かず、俯瞰した立場から状況を観察しようとするため、
ホームズに対するワトソン君的な位置。
物語中盤以降、惑星ジェリアに舞台を移してからは積極的に動くことになる。

やや押しが弱く、穏やかな物腰から、優柔不断な印象を受け取られやすいが、
実際は真逆で、冷静に即時決断を下せる人物である。
単に冷静であり続けた結果、あらゆる物事に対して一定の距離を取り続けることが多いだけ。
口で言っている事と頭で考えている事が全く違う場合もままある。

この“冷静さ”と“決断力”だけで全てに対応するため
“想定外の事象”に対して感覚的に即応できず、必ず一歩引いて思考を組み直す。
彼個人の性格自体は、かなりアクティブな方である。

「計算づくの言動で、他人を狼狽えさせるのが趣味」という困った嗜好を持つ。
彼にとっては小動物の行動を制御するのと同様で、人間のそんな姿が可愛いらしい。
狼狽と言っても、その言動で傷付けたり悲しませたりはしないようにしている。



239.jpg

アイテール。作中では「アイ」と呼ばれる。

鐫界器“アカシャの書”に選ばれることでディエス・イレの真相を“読解”し、
発見以来長らく人を寄せ付けなかった“罪咎の匣”プルガラティールに搭乗、
様々な組織が様々な思惑を以て奪い合う対象となる。

プルガラティールが撃墜された後は、封印から解放したゼロを操り、
惑星ジェリアそのものを“旗艦”として星団連邦政府を相手取る。
その時代にとっての“世界の敵”。

性格はクールに見えるが別段そんなことはない。
若干コミュ障気味なだけ。
ただ、いろいろな歴史を見てきたからか、人生を達観した感じはある。

アカシャの書を悪用して過去の人々の生活を覗き見るのが趣味。
観測する当人に感情移入して、とても自分ではできないような危険な遊びや、
歴史的な災害や戦争、アブノーマルな行為(本人の感覚による)を追体験して遊んでいる。
揃いも揃ってロクな嗜好をしていない。

一応、個人の感覚や感情も“情報”であるため、
集中すれば当時の視覚や聴覚、触覚や思考など、
あらゆるものを脳にインプットし、追体験することが可能だが、
簡単な情報を抜き出すよりも時間と集中力を要する。




この二人については1月8日の記事でもちょっと触れられてます。




設定TIPS

◆アカシャの書
 指輪型の鐫界器。正確には、その名は指輪中央の宝玉のみを指す。
 全時間、全空間におけるありとあらゆる事象、事物の情報を読み取り、
 使用者の意識へと送り込む能力を持つ。
 とは言え、実数時間に縛られる“人間”という存在が使う限りでは、
 過去視はともかく、未来視は「可能性を読み取る」程度の事が関の山。
 つまり「こうしたら、こうなる」という、選択肢の先を読むことができる能力に過ぎず、
 読み取る時間を未来へ未来へと進めるにつれて誤差が発生し、予知の確実性は減じていく。
 また、過去についても、絶対時間軸の進行によって変動する可能性があるが、
 その差は人類には知覚できない。

◆プルガラティール
 かつて未開発惑星管理委員会がアスガルドから脱出する際に用いた、
 正四面体型の航宙戦艦。ボーグキューブみたいなの。
 デリクとの決戦後、回収する術も理由もなかったため、外宇宙に放逐されていたが、
 約二千年後、ディエス・イレの波動により、再び人類の目に触れることになる。
 いわゆる高次元存在の遺産である、この“匣”と呼ばれた巨大な立方体は
 西暦4094年時点での人類にとってもオーバー・テクノロジーの塊であり、
 原理不明の強固なシールドで守られているため内部にも侵入できずにいたが、
 発見から26年後、匣に関するあらゆる知識を得たアイテールによって
 いともたやすく占拠される。

◆ゼロ
 かつて未開発惑星管理委員会が干渉実験のために惑星ジェリアに配置した
 生体管理ユニットの一形態。エルディリアスとドラガリヴァスの融合体。
 この話から軽く六万年くらい前に、リビアフォード跡の決戦においてクリス達に封印される。




edit

ベルトルトのばら

  1. 2013.08.19(月) _13:51:18
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
MAP兵~~~~器!!
(帰宅したら大量発生していたヒメアリたちに熱湯をぶちまけながら)



というわけで帰ってきました。
一週間以上の連続した大規模オフでございました。ひさびさです。
ひこにゃんと家を提供してくれたそのおじさんに無限のHAIL。


いやー楽しかったですねー。

ゲームしたり映画やアニメ観たりカラオケ行ったり
カード買ったりTRPGしたり肉を食べたり
ひたすらぐだぐだしたりと言った日々でした。
ザ・キャット? あれの話はするな



ゑさんが持ってきてくれたので、ごはんかいじゅうパップ
スタドラを一気に観たんですが、面白いですねアレ。
ここまで突き抜けてぶっ飛んでていいんだ……! って感じでした。
説明不足は華である。
登場人物が変人か変態かホモくらいしか居なかった。



久々に遊戯のパックを買ったりしまして。
ゼアル編じゃなくてシャドウ・スペクターズです。
新しいヴァンパイアが欲しかったのです。
紅貴士-ヴァンパイア・ブラムが即出てくれたのでわりと完璧。

なんか字レアに偏りがあって雪女ちゃんが一枚しか出なかったので、
ゴーストリックの魔女と雪女だけ投入した魔法使いデッキを考えてたんですが
作るのはもうちょっと後になりそうです。
いや入れるのは一枚でじゅーぶんなんですけど。


あとなんか異様に高いと評判の武神-ミカヅチが出たので
誰か周りに欲しい人いたらあげるッス。



ついでに無料で配布されてたので
「Last Chronicle」というカードゲームをやってみました。
いろいろ組み替えて戦ってみた結果、スターターデッキだと
青と橙が効果にさほどハズレが無くて強い感じ。
白はカードの強さにムラがあるけど、
ジリー・プアー(徐々に不利)に陥らなければ競り合って勝てるかなー。
速攻で決められると弱いので相性が重要かも。
黒はコストが重くて振り回しづらいので上級者向け。
紫……は、触れてないのでわかんないのです。

九月にパックの第一弾が発売されるようです。
ちょっとやってみようかなと思いつつ。




最後にうちに来たあかつきさんの精神を
尿意(格ゲーキャラ)で粉々にしたのは悪いと思っています。
嘘です。








235.jpg

今回のSW2.0で使ったNPC。
ミルト・ノイシュテット。幼名か渾名のようなものでミィちゃんでした。
降魔の神子ミストの子孫で、血筋の中に魔神エストラディウスを継承しているとかそんなん。
でも今回はPCが多かったので賑やかしのNPCはさっといなくなりました。


236.jpg

星団連邦所属 惑星エルドア宇宙艦隊指揮下
第117師団 フラム級重巡洋艦 三番艦「フラメリス」搭乗員、
トーマ・L・ゴート中尉。
もはや何ひとつSWではない
決して苦労人というわけではないんですが、普通に真面目に頑張ってる姿が
どこか立場を下に下に見せてしまいます。敬語キャラだし。この連邦の犬め!


237.jpg

そして魔神、白銀の魔竜エストラディウス。
Lv.19の魔神種という初期作成キャラにとっては意味不明に不釣合いなボスでした。




あとついでにらくがき

234.jpg

8月2日がぱんつの日とかいうアレだったので
わりといつものように看板娘は犠牲になったのだ

常に浮遊移動であるため妖精さんはパンツなど気にしない生き方を強いられているんだ!
しかしそんな妖精さんでも観察されるよーにまじまじと見られるとさすがに恥ずいとか
そんなんだきっと








アリは一度MAP兵器で全滅させても
10日後には卵が孵って\アリだー!!/なので
ちょっとリアルクィーンを粉々にできそうな兵器を開発してきます。





edit

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY




PAGE
TOP