人生、それはわからん

最後から二番目の虚妄

.

R

  1. 2013.09.27(金) _02:10:43
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
243.jpg



「では……勝手ながら君に一つ、任務を与える……。
 僕が戦い終えるまで、預けた鞄に入ってる本を、読める範囲に守ること……以上、健闘を祈る」

*彼女は、黒く醒めた瞳をこちらへ向けもせず、ナイフを抜いた。青白い光が刃を覆う。*



ミサちゃんこと弥陵(みささぎ)レイン。改めてリデザイン。
相も変わらず趣味に近いファッションでないとさっぱり描けません。


いやー、「完全に一般人だと思ってたサブキャラが、いざ共に非日常に巻き込まれた時に
 普通に戦い始めて全然一般人じゃないことが判明する」っていう流れが好きでしてね?

ずーっとただのクラスメイトかと思ってたら、
当たり前のように専門用語ベラベラ喋って魔法を使って魔物と戦い始める感じ。
「うおおッお前もそっち側だったのかよ!?」みたいな。
序盤じゃなくて、キャラが読者に定着してきた中盤にやるのがミソ。

でも彼女が人間以上の領域で戦えるようになっちゃったら、
完全にひじりんと同系統のキャラになってしまう……。
いや、出てくる話が違うからいいんですけどね。


「弥陵レイン」と言う名前はハンドルネーム。本名は非公開。
サブカル系女子高生。読書家。将来の夢は無い。強いて言うなら「穏やかな死」。
ニーチェとかではなくエミール・シオランから哲学に入っちゃったニヒリスト。
一応、ギリシア哲学からの流れで神智学などにもそれなりに正しい知識がある。

平常時は非力だが、ナイフ格闘や合気道めいた投げ技は少しだけ扱える。
平常時で“ない”場合は、むしろナイフは敵の意識を集中させるための囮に過ぎない。


「致命的な攻撃は武器からのみ与えられる……と、認識しているなら、改めるべき」
「無意味性に意味を仮定する……これほど建設的な愚行は、他に無い」
「もし明日死ぬなら、後悔したくないから」
「……たのしい」



猫ブーツ、こういうの実際にあったらほしいです。


edit

文明退行

  1. 2013.09.26(木) _18:08:42
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
えー、この自然を忘れた高度な文明社会の中、
巨大生物を狩猟しては、その皮や鱗から衣服や狩猟道具を作ったり、
肉をその場で焼いて食ったりしているネイチャーな皆様いかがお過ごしでしょうか。

ああ……平和だなァ……。


さてわたくしはといいますと、
ハンターランクが7から54になりました
ずいぶん一気に上がったなオイ!?

HR上限解放されてから楽しすぎワロタwwwww(RPGのレベル上げ作業とか大好きな人)
いや、☆7の緊急クリアすると、今までのクリア分ポイントも加算されるっぽいんですよ。
これでみんな、かなり一気に上がります。やったぜ。



集会所のラスボスさんは龍>氷・雷が弱点っぽいです。
龍耐性-30でもダメージ大差無かったので、
敵の攻撃は多分龍属性ではないんじゃないかしら?




まだ探してもなかなか無かったので、それとなく攻略。

フィールドは一つですが、ペイントをつけておくとラクです。
下に潜るとペイントの光点がマップから無くなるので、ブレスがくる前にわかるんですよ。
(頭と尾が“探知不可”になるのでそれでも予測可能)

フィールド下に潜ったら、頭を出した後に高確率で
なぎ払いブレスx2→噛み付き攻撃のモンスター三連コンボが来ます。
どれに当っても即死級なので、絶対に突っ込まず、スタミナ残して回避準備に入ると吉。

ブレスは一旦向かって左に薙いでから、左から右に振ってきます。
やや高い足場に立ってれば折り返し分しか当たらないので、タイミング見て飛び込み回避。
ちょっと慣れが必要かも。

噛み付きはこっち見て大口を開けたら合図。一気に来る上、判定がかなり残るので、
慌てて早めに回避しちゃうと無敵時間の終わりに喰らいます。
縦に避けずに、横軸をしっかりずらすと回避可能。

これだけ注意してればたぶんそんなに怖くありません(


フィールド崩壊後は、攻撃のパターンが変化しますが、
とりあえず爪を叩いてれば多分いけます。



岩に巻き付いている時、背中まで登れます。
対巨龍爆弾で羽を粉々にしてあげましょう。

頭は二段階破壊。
一段回目で頭の黒いのが取れるので、ダウン時などに飛び乗れるようになります。
ここに爆弾仕掛けてもよし、剥ぎとってもよし。

爪の破壊はたぶんかなりラク。考えなくても叩いてればできる。

尾はチャンスが無くてソロだと難しいかも。
破壊すると先端が取れるので剥ぎ取りお忘れなく。


たまに変な青い塊が地面に落ちてるので、ピッケルを持って行くとベネ。
ここからのみ、“凶星の欠片”が取れます。
ボロピッケルはベースキャンプに人数分あります。
敵から振り落とされるなどしてフィールドから落ちるといけるぞ。




で、せっかくなのでHR40とか50とかで解放されるクエストに行ってみたんですが、
防御469で耐性もちゃんとプラスなのに、
一撃食らったら体力140ほど持ってかれて目が点になりました。
HR50~70程度の4人で行って、綺麗に一人ずつ三乙。
当時の反応を見るに、全員これは予想外だったんじゃないかと思います。

受注資格が「HR8以上」のクエは、軽い気持ちで受けたら粉々になるので……心せよ……!




あと発掘装備ね、あれね、途方もなさすぎて途方に暮れてる。
ネトゲか。ネトゲなのか。



edit

永遠

  1. 2013.09.24(火) _14:22:32
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
MH4

集会所☆7まで進みました。
もー、ここまで来るとクエストに書いてある登場モンスター達が
錚々たる顔触れすぎて楽しみやらコワいやら。

まだ未挑戦なんですけど、
アカムとか初見だと流れるように一人ずつ死んでいく未来が見えます。







242.jpg

隔てるは透明なシェルター。





edit

メイジももんじゃ

  1. 2013.09.17(火) _12:51:52
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
もんはん4

あれだけ「まずは様子見しようかなー」って言ってたのに
発売日に見かけたらまあ買っちゃうよね!!(ゆるぎない瞳)



14日発売にして、16日の朝という結構なスピードでストーリークリアしましたよー。
今回のストーリーほんと面白くって一気にやってしまった。
ムービーもサウンドもかなりいい。
ストーリー性は今までのシリーズで一番物足りなかった部分なので、
これだけでかなり満足しています。



ラスボスさんは苦戦した……!
まあうすうす予測はできてたんですが罠が最終マップに設置できなくて、
調合書と罠の材料と、あと罠師と捕獲の見極めのスキルが完全に死んでました

でも二乙して回復薬を使い果たし、秘薬もギリギリまで耐えて使って、
残りHP二割くらいで、相手も全部位破壊されてボロボロながらも怒り状態で、
この状況下でオトモが合体攻撃で足止めした瞬間の隙を狙って、
「うおおおォォ――ッ!」って大剣のジャンプ攻撃を頭部に叩き込んだら
その最後の一撃で倒せた時はアドレナリンがやばかったです。


装備はクック先生の大剣と、龍耐性があったのでスキュラ装備一式。
装飾品で研ぎ師をつけていきました。
最初に一式揃えた装備で最後まで行くと、なかなか感慨深いものがあります。



いやー、段差アクション、慣れると楽しいですね。
乗れなくても怯ませやすいし、積極的に活用してます。
のっかりてェーッ のっかりてェーッ(ヨーヨーマッの声で)



あ、それと「クエストによる納品対象アイテム以外は
 赤箱に入れられなくなった」のに気付くのに少々かかりました。
ポイント稼ごうと飛竜の卵とか頑張って運んでも入れられないでやんの。
あれは今作ではどうやら山菜ジイさんに持っていけばいいようです。
ポイント稼ぎなら探索がいいかも。



そして現在、ゴア・マガラの逆鱗が全然出なくて悟りの表情。
な……なあに、まだたったの15回じゃないか。まだ慌てるような時間じゃない。
物欲退散! 物欲退散ッ!!(陰陽師の格好で)


edit

ダンディズムってのはな…

  1. 2013.09.11(水) _04:52:51
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0

トリックスター、運営変わってデータ移管時にキャラが消滅して以来触れてなかったんですが
最近ひさびさにやってます。
七年分のデータなので、失ったものが多すぎてアですけど。
ふっ……下手するとリアルマネー換算で100万円分くらいのアイテムが消えたぜ……。

せっかくなので白熊も作ってみようかしら。
まずはメインとサブを元のレベルにまで追い付かせてから……!



トリスタの魅力は「キャラがかわいい」という一言に全てが集約されるので、
キャラだけはいいクソゲーとかのアトモスフィアが好きな人にこそ向いている気がする……(








◆エリオノール・エルランジェ
中世フランス出身の吟遊詩人。崩壊前から同様に存在する人間。
“賢者”と呼ぶには些か枠を外れた“透見者”と称される。
“時の砂の詩”など、過去や未来を見透すような独特の神話めいた詩を多く詠い、書き留めたが、
周囲からは詩人としてより、占い師、もしくは魔術師としての方が名高かったようだ。
18歳の若さで死去。原因は、当時の医学では不明であった。


「軈て来たる別離を憐れみたもうな。
 厳(いつく)しき時の流れも、ろうたし刻の瞬きも、なべて落つ猩紅の赫りに過ぎぬ」
「憙々……月も日も星も我が身さえも、
 幽冥《ユメ》を廻る蝶であり、蝶を巡る夢幻《ユメ》に過ぎぬのだ」
「ああ、しかし神よ。神よ、慙悔せよ――」



様々な作中で登場する詩っぽいものの半分くらいは、エルランジェの作品とゆー設定です。
正体は謎。








亜人の分類

生物学的亜種ではなく「デミ・ヒューマン」(半人間)の訳語である亜人種ですが、
その囲いの中にも様々な種類があります。
白人とか黒人とか、そーゆーアレよりもーちょっと変わってる部分が多い感じ。
その中でも、細かい種はさらに文化します。

ちなみに生物学的な“同種”の条件は、
交配した時に同じ種が生まれ続けることができるかどうか。
異種交配で発生したライガーなどの動物は、生殖能力を失います。
人間は肌の色が違ってもとりあえず人間が生まれるので“人間”として同種。
亜人はどれだけ分類が違っても“亜人”として同種。
亜人と人間との交配はできるけど、ハーフっぽくはならず、必ず母側の種が生まれます。


亜人種の大まかな分類は以下に。


◆エルーン
 人間との外見的な差が少ない、エルフっぽい種族。魔力の扱いに優れる。人口比率多め。
 反面、身体は人間よりも華奢である事が多い。長命ではないが老化は遅い。
 耳の尖りや獣毛、小さな飾り羽のようなものが発現する事が多い。
 リミルやティア、ヒスイなどがこれ。

◆ドルファ
 強靭な骨格と頑健な肉体を持つ、膂力や体力に優れた種。ドワーフめいた種。
 量より密度からくる強靭さであるため、必ずしも外見的な頑強さは付随しない。
 地竜や猛獣を思わせる無骨なツノや、皮膚が硬質化した甲殻が発現する事が多い。
 クロスやリウェゼア、ゼノンなどがこれ。

◆ヴィント
 細身で身軽な個体が多い。空間把握能力に優れ、すばしっこい種。
 飛竜を思わせる細い角や、飾り羽、翼状器官(翔べはしない)が発現する事が多い。
 重力魔法に遺伝的な適性を持つ。
 ライトやシグマ、ラファエル、デューなどがこれ。

◆リリット
 小型の亜人種。小人族。どれだけ成長しても子供のようにしか見えなかったり、
 身長そのものが人間の半分程度だったりする。体力は少ないが、総じて手先が器用。
 外見的特徴は少ないが、獣耳が発現する場合が多い。
 オタ文化が敷衍してきた最近では、よくロリット族とか言われる。
 華鈴やラスティなどがこれ。

◆フェアリー
 一纏めにされがちな亜人種に対し“妖精種”と特筆される、超小型の種族。
 人口比率が最も少ない希少種であり、独自の集落を形成する事が多いため、
 街中で目にすることは稀である。身体能力は無も同然だが、魔法全般に高い適性を示す。
 燐がこれ。

◆イヴル
 身体能力や魔法力にバランス良く優れた種。精神的な成熟も早い傾向にある。
 色素が不安定なのか、肌や髪は透き通るような白か、黒が多い。中には青や紫なども。
 悪魔を思わせる尖角や翼などが多く発現する。
 兇闇や聖、ルシフェルなどがこれ。

◆リーフィ
 フェアリーに次いで稀少な種。他種に比しても鮮やかな色彩の髪や瞳を持つ。
 独特の甘い香りや、蜜のような味の涙などを持つ個体など、どこか植物を思わせる。
 男女問わず容姿に優れ、また知識面や思考能力に優れる者が多い。
 死の寸前まで、殆ど若い姿で過ごす。寿命は30年~140年ほどで、ばらつきがある。
 (一応)マヤがこれ。彼女が老いないのには別の理由もあるけど。

◆ミディア
 “吸血種”と特筆される種。外見特徴的にはイヴルやエルーンに似ている。
 血などの体液を通じて他者の魔力を吸収することができ、人より寿命が僅かに長い。
 力や魔力、精神力など、全体的に優れているが、体力は少なく、不器用な傾向がある。
 また、貧血気味な者が多い。
 レムがこれ。


より細かい分類は更に多岐に渡る。


edit

Beyond the darkness, lies greatness.

  1. 2013.09.02(月) _23:23:48
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
スタートレック:イントゥ・ダークネスをですね、観てきたのですよ。



じつはも何も無いんですがワタシは全身全霊トレッカーでして、
それはもー書く話書く話、ことごとくスタートレックの影響だだ漏れなんですけど
またひとつ影響元が追加されました。
すげー面白かったです。

でも前作に比べて「予備知識なしで新規参入できる」かっていうと微妙でしょか。
せめて前作(2009年劇場版)は観た方がよいかと思われます。
あと、わりと重要なオマージュシーンがあるので
「TOS:宇宙の帝王」と続く劇場版二作目「カーンの逆襲」あたりも。


ジョン・ハリソンって聞き覚えあるなーと思ってたんですが
ジョン・ハリマンでした。劇場版「ジェネレーションズ」にちょっとだけ出てきた
カークの次のエンタープライズの艦長です。ややこしいな名前!



それとドラマ版を観てない人にはわかりづらい所なのですが、
クリストファー・パイクはパイロット版スタートレックでの艦長だったりします。
以前の歴史だと、カークに艦長の座を譲り渡した直後、Dクラス艦の事故により車椅子生活に。
その時の損傷が「クルーをデルタ線から守るために自分が犠牲になった」というものです。

で、以前の歴史ではスポックが10年以上パイクと共にエンタープライズに乗っていたのですが、
新時間軸では父親の居ないカークの方が、彼に認められ、影響されて宇宙艦隊に入るなど、
より色濃い影響を受けています。(本来その役目は父ジョージ・カークのものだった)


そんなわけで、今回の映画でスポックとカークの役割が以前の歴史と逆転したのは、
先任者であるパイクの影響をどちらが受けていたか、とも言えるかもしれません。
後続の艦長たちと同様、それくらい偉大な人でありました。



ちなみに超どうでもいい知識なのですが、
パイロット版のパイクは“その時限りの主人公”なので有名な俳優を起用したんですけど、
後々TOSで再登場する時にはほんのチョイ役だったんで、
元の俳優をその一瞬のために持ってくる予算が無かったんですよね。
で、顔を大きく負傷させることで、よりギャラの安い別人にしました。
完全に苦しまぎれです。
低予算SFに定評のある初代スタートレック。








サイトデザインを一新しよっかなーとなんとなく思ってます。
とりあえず手始めにTRPG用の表とかそのへんで実験中。


edit

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY




PAGE
TOP