人生、それはわからん

最後から二番目の虚妄

.

ヒしたままボした

  1. 2014.04.27(日) _02:25:37
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
デッデッデデデデ!(カーン)デデデデ!
デッデッデデデデ!(カーン)デデデデ!
ぺーぺぺぺーぺーぺーぺーペペペペッペー
ペッペッペペペーペペペッペッペーペペー
(デッデッデデデデ!〈カーン〉デデデデ!)
ぺーぺぺぺーぺーぺーぺーペペペペッペー
ペッペッペペペッペーペッペーペーペペー
(デッデッデデデデ!〈カーン〉)
テレレーレーレレーテレレレーレーレテレレッテー(カーン)
テレレーレーレレーテレレレーレーレテレレッテー(カーン)
テレレーレーレテレレーテレレレレーテレレレレー
(ドドドド!)
パラパーパラパーパラパパパーパラパー
パラパパパラパーパラパーパパパパパー
パラパーパラパーパラパパパーパラパー
パラパパパラパーパラパーパララー
(ドン!)
デッデッデデデデ!(カーン)デデデデ!
デッデッデデデデ!(カーン)デデデデ!







植松伸夫 - 亡魂咆哮

ロストオデッセイのラスボス戦の曲。
あんま知られてないところですがメチャかっこいーです。
作曲はFFの植松伸夫さん。……なんか普段よりやりたい放題度が高いデスね。



黎明スターライン(さすがに本音源の動画が無かったので二人のを合わせた動画で)



久々にアイマス関連の曲を漁ってたんですが、
これはまた、なかなかにプログレですね。なんだこれッ。
調べてみたら作曲者が増渕裕二さんでした。
ナムコの作曲陣の中でも屈指のプログレッシャーです。そりゃこうなりますよね。


edit

オバマ is calling...

  1. 2014.04.25(金) _08:11:46
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0


319.jpg

アビスゲートは時間を操る鐫界器……
その能力を自在にコントロールできるようになれば、自己の若返りまでも可能になる……!


320.jpg

この間、まがつーの中では『ロリ化したひじりんを全力で愛でていきたい欲』と
『身体だけとはいえあまり子供に手を出すわけにはいかない感』との
熾烈な争いが繰り広げられている

でも最終的に、聖本人による
『先輩、遠慮せずにもーちょっと触ってください』コールで色々とダメになる(容赦がない)







FRUITPOCHETTE - 暴虐-PARASITE-



フルーツポシェット、略してフルポシェ。
愛媛の二人組アイドルユニット。
元はご当地アイドルグループ『ひめキュンフルーツ缶』の研究生だったんですが、
なんというかまさかの方向性を打ち立ててきました。

メロスピ、メロデス、ピコリーモ、メタルコア等、
近代における主要なメタル/ラウドサウンドをまとめてブチ込んでおります。
最近だとBABYMETALが有名になりましたが、結構こういうシーンの動きはあるんでしょうか。

BiSとかも色々とブッ飛ばしててすごかったし、アイドル侮りがたし。


最近はBELLRING少女ハート(ベルハー)も気になってます。
アイドルでサイケロック……だと……?



アイドルグループによくある不安定な集団歌唱をこういう形で活かしてくるとは……!
不安定に揺れる歌声が、この曲調に合わせて
プログレッシブな不安感と奇妙な中毒性を醸し出しています。
楽曲としてすげー上級者向けなんですけど、
一般受けをかなぐり捨てたアイドルって意外といるもんですね……!

演奏楽器にメロトロンなんて使うアイドルそうそういませんよね……。



edit

 デッデッデデデデ!(カーン)デデデデ!

  1. 2014.04.24(木) _12:28:30
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
MinstreliX - 叡智の華


ギャアアアアアアアアアア!!(クサさに浄化された)

つい部屋の中で
スピーカーに吹っ飛ばされたマーティ・マクフライみたいになってしまった……

この旋律はパガニーニ『24の奇想曲』ですかね?
毎度の事ながらクラシックのフレーズを使ったクサメタルには
魂を木端微塵に砕かれるので勘弁してくださいヒィィ!








318.jpg


森ガール(曲解含む)
こういう帽子好きです。ロシアのウシャンカに近い。





edit

死ね海老なでキッチン

  1. 2014.04.23(水) _22:17:17
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0

315.jpg

模索
描き方を1から10まで変えてみるという一種の修行のような何かです。
どうにか少しでも形になるまで練習しつつ。


316.jpg

シエラ。
もーちょっと後半で出す予定だったキャラなんですが、繰り上がりました。
チョイ役のようで実は重要なんです。覚えているといつか出てくる。



edit

オッケー ブラザー! ノリノリじゃーん!

  1. 2014.04.22(火) _07:28:41
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
あっという間に時間が過ぎていって困ります。






最近よくニコニコで卓M@s動画を観てる(今までは実卓リプレイ動画ばっか観てた)んですが、
やっぱ観てみると面白さがわかるものですねー。
仮想卓であるからこそ可能なレベルのカッ飛んだプレイングが多々見られて超楽しいです。
アイマスやったことないけど


今のところ特にお気に入りの二つがコレ。(とりあえず完結している中で)



いわゆるひとつの開拓卓。政治・経済に興味があるとより楽しめるかもしれません。
何が剣と魔法のRPGか。
GMから投げつけられる殺意の塊と、小手先の運ではなく、
完璧なガチ戦術で対処するプレイヤー達から、誰が読んだか詰将棋ワールド。
後半になるにつれて、上昇する名誉点に従い
『政治献金で裏工作して保守派を黙らせろ』とかいう
到底冒険者の仕事ではない永田町アドベンチャーが幕を開ける。なんだこのゲーム。
『敵の強さがインフレするのではなく、インフレが敵になる』という斬新な展開は
他ではそうそう見られない。

たぶん実際にやる側に回ったら頭の使いすぎで超疲れるんだろうなァ……というわけで
まず見る側に回るのが推奨されるパターンですね。
個人的にはやりたいんだけど、一緒に経済学RPGをやってくれそうなPLもGMもいません!!





一方のインフレバトル筆頭。
かなりマスタリング描写・PL会話などが省かれているので、
読み物としてシンプルに楽しめます。その分、ストーリーの面白さが光る光る。
メインキャラ陣の性格が大抵ブッ飛んでるので『蛮族以上に蛮族』扱いされること多々。
そんな皆がキャンペーンを通して成長(別名:悪化)していく様も魅力。
本編終了までは比較的おとなしかったものの、『劇場版』ことS.28以降の
異次元的な数値インフレっぷりも見ていて爆笑できる。
俺はSW2.0を見ていたら、DQになってFFになってディスガイアになっていた……(ポル顔)


現在連載中の続編も面白いです。最近の展開はホントに目が離せない。


朝まで~も観ている途中なんですがこれも面白いですね。
すっげえ長いけど。いつ終わるんだろうコレ。



edit

運命浄化

  1. 2014.04.06(日) _21:20:26
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
BkYal7tCAAAnyT1.png

グッモーニンエブリワン。
悪い仲間、わたしです。









311.jpg


華鈴。
べつに犬型の亜人とかそういうわけではないんですけど、
精神的に犬なので犬です。犬耳はアタッチメント。

犬メンタルの持ち主たちは皆もっと積極的に「ごしゅじんごしゅじんっ!」していきましょう。
犬メンタルとは何か。








313.jpg

ぅゎ ゅぅゃ っょぃ
いつカバと合体するんだ……

遊戯王ARC-Vが始まりましたね。
まさかのバーバリアンアプデに次パックへの期待が高まります。

一応ネタバレを避けるためにあんまり多くは語りません。
ペンデュラム召喚、チャンプも知らないっぽいんですが大丈夫なんでしょうか。
他のペンデュラム召喚の使い手って滅多にいないものになるんですかね。



edit

北斗有情破顔拳

  1. 2014.04.05(土) _00:41:23
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
310.jpg

うたちゃんはかわいい(という感じの話をしていてそのへんの隅にンッて描いた)

ポップンサニーパークのCDが3月に出てたので買おう。
わんわんコアLONG収録は結構嬉しいデスよ……!







ライトとリミル(やや深めのNL描写注意 ゆえサムネ消し)
ここまで進んだ関係になるのは結構後の話なのですが。
ライトが女性慣れしてるっぽいのがちょっと嫌なんだけど、
その慣れに救われてる部分も大きいので複雑なリミルさん。

あまえびわーるどは中高生向け健全サイトです。
……い、一応! 一応なんにも見えてないからセーフですよ!





「……ていうかコレは本当に疑問なんだけど、なんでいつも真っ先にここ……?」
「なんでと言われても」
「いや……ほら、ルナの足元にも及ばんけど、ぼくの」
「いやいやいや、外面内面含めてお前の最大の魅力ポイントじゃないか」
「そん――最大? え、ぼく胸より魅力あるとこ他に無いの?」
「まあ強く生きろよ」
「なんで慰められたの今ッ!?」





……この二人は何をしていても友達としての仲が良すぎて
ムードも何もなくボケとツッコミに彩られてしまうという業を背負っています。
(細かすぎて伝わらない萌えシチュ選手権)

らぶらぶしつつも甘い雰囲気になりきらずに他愛もない話をしているのとか好きなんですよ!
『友達で恋人』でもいいじゃない。どっちか片方じゃなくて。



普通に考えると、リミルは決して他人を押しのけてまで自分を推していくタイプじゃないので
ライトは(初期状態だと)彼女を好きになることはないんですけどね。
彼の優しさは決して誰か一人に向けられるものではない……んだけど、
それだけに、リミルが勇気を出して一線超えて求めてくれれば応じてしまうって感じのソレ。

ルナの存在はライトにとって一種の呪縛であり、彼女自身も自覚してます。
自分なんかに運命を囚われずに自由に生きて欲しいと思う反面、
別に誰かのために身を引いたりはしません。そのへんは彼女の最後のエゴです。
そういうときにルナがどうするかというと、ライバルを敵視して取り合うんじゃなくて、
全力で好意を示して戦闘意欲を削り仲間に引き込むのだった(邪悪)


……ギャグを入れて行かないとドロドロの暗黒展開になってしまうんですよね、この話。
逆に言うとギャグなので全然暗くなりません。
大切なことは全てハーメルンから学んだ(ア感)


edit

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY




PAGE
TOP