人生、それはわからん

最後から二番目の虚妄

.

スポンサーサイト

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

㌘'`

  1. 2014.12.25(木) _07:06:23
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
514.jpg

「こら、何だ聖、いきなり脱がすな」
「……そういう流れかと」
「どういう流れだよ」
「だって……クリスマスイブに抱き寄せられたんですよ……?」
「過程を端折り過ぎだッ、全く……俺じゃあなかったら引かれてるぞ、それ」
「……でも、先輩だから……引かれません……よね?」
「…………まあな」


この後、先輩はいつも通り、特別いちゃついたりすることなく聖を丁寧に寝かしつけた後、
眠る聖の手を取って、こっそりプレゼントの指輪をはめておく感じです。
手の甲か頬にチュッとくらいはするかもしれない。

ちなみにほとんど無表情にみえる聖ですが、めっちゃ照れてます。






クリスマスです。

515.jpg

うちで飼ってる妖精さんが寒そうにしていたので、
冬服セットをプレゼントしてみました。見た目よりあったかい。

妖精さんサイズの服は作成時にかなりの精密性が要求されるため、
さまざまなハイ・テックを駆使して作成するのです。光ピンセットとか(粒子






DQXが今日からver.2.4です。けっこうたのしみ。



スポンサーサイト
edit

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。