人生、それはわからん

最後から二番目の虚妄

.

スポンサーサイト

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

祭りとは本来神を慰撫する神聖な儀式

  1. 2016.07.26(火) _06:04:39
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0

【カバまつり】


最上級
2 Theアトモスフィア

上級
2 光帝クライス

下級
1 大くしゃみのカバザウルス
1 俊足なカバ バリキテリウム
1 EMディスカバー・ヒッポ
3 素早いモモンガ
3 サイ・ガール
2 カバリスト
3 スケープ・ゴースト


魔法
3 超カバーカーニバル
2 カバーカーニバル
3 トークン復活祭
2 スケープ・ゴート
3 団結の力
1 緊急テレポート
1 ハーピィの羽根帚
1 ブラック・ホール
1 死者蘇生



2 奈落の落とし穴
3 聖なるバリア-ミラーフォース-


EX
シンクロ
1 星態龍
1 氷結界の龍トリシューラ
1 閃珖竜スターダスト
1 クリアウィング・シンクロ・ドラゴン
1 ナチュル・パルキオン
1 HSR魔剣ダーマ
1 TG ハイパー・ライブラリアン
1 幻層の守護者アルマデス
1 A・O・J カタストル
1 転生竜サンサーラ
1 古神ハストール
1 たつのこ
1 霞鳥クラウソラス
1 フォーミュラ・シンクロン


エクシーズ
1 No.64 古狸三太夫







よぉ、お待ちどう。まだクソデッキのお時間だ!


《超カバーカーニバル》  / 速攻魔法

(1):自分の手札・デッキ・墓地から「EMディスカバー・ヒッポ」1体を選んで特殊召喚する。
その後、自分フィールドに「カバートークン」(獣族・地・星1・攻/守0)を可能な限り特殊召喚できる。
このトークンはリリースできない。
「カバートークン」がモンスターゾーンに存在する限り、
自分はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。
この効果で「カバートークン」を特殊召喚した場合、
ターン終了時まで相手は「カバートークン」以外のモンスターを攻撃対象にできない。


《カバーカーニバル》  / 速攻魔法

(1):自分フィールドに「カバートークン」(獣族・地・星1・攻/守0)3体を特殊召喚する。
このトークンはリリースできない。
「カバートークン」がモンスターゾーンに存在する限り、
自分はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。
このカードの発動後、ターン終了時まで
相手は「カバートークン」以外のモンスターを攻撃対象にできない。


kaba1.jpgkaba2.jpg

感じ取ってくれるだろうか……
このイラストの""圧力""を!



《超カバーカーニバル》はEMディスカバー・ヒッポをデッキや墓地からも特殊召喚できるカード……!
通常、ヒッポを☆3のエクシーズやシンクロに用いるために発動されるこのカードは、
展開の邪魔になるカバートークンは出さず、ヒッポ1+超カーニバル3のセットでタッチされることも多い……

が!

ここは敢えて、カバまつりを開催できるという唯一無二のポイントに注目して
カバートークンを出しまくる方向でこのカードを使用する!!



いざ! カバまつり――開幕!




kaba3.jpg

\ヒュ~~~~~~~~~~~~~~!!/
(デッデーデッデッデーデッデッデーデッデッデーデッ)





kaba5.jpg

(ズンチャッズンチャッズンチャッズンチャッ)
パーラーラッラーパララーラーパーララーwwwwwwwwwww





kaba4.jpg

ピッピッポーwwwwwwwwピッピッピポーwwwwwww
ピッピッポーwwwwwwwwピッピッピポーwwwwwww

(ドンドコズンドコドンドコズンドコ)




と、まあ、

このような気持ちを対戦相手に味わわせる、
そのためのデッキです。


なんかデッキ組むたびにどんどんどんどん決闘者として知のうがてい下している気がする




解説をします。

まず《超カバーカーニバル》によって特殊召喚されたトークンは『リリース』ができないのですが、
『破壊』や『除外』はできるので、ヒッポをリリースして光帝クライスをアドバンス召喚すれば、
カバートークン二体を破壊して二枚ドローできたり、
Theアトモスフィアの特殊召喚コストにすることができます。

また、発動ターンに《団結の力》をつけるだけで
攻撃力4800のカバがものすごい勢いで突っ込んでいきます。
これだけトークン召喚系のカードがあるとモンスターの枚数維持も結構簡単ですし。

このタイプのデッキだと、弱小モンスターを立ててでもトークンを減らしにくることが多くあるので、
敢えてこのご時世にミラーフォースを三枚採用しています。

発動ターンは《カバートークン》以外を攻撃できなくなる制約も結構便利なもので、
破壊されたくないモンスターは高確率で守ることができます。



《トークン復活祭》  / 通常魔法

自分フィールド上に存在するトークンを全て破壊する。
この効果で破壊したトークンの数まで、フィールド上に存在するカードを破壊する。


そして祭りは次の段階へ――

対象を取らない優秀な選択破壊カード。しかもスタロ発動不可(発動時に破壊枚数が未確定なため)。
カバを殺して供物にした数だけ神の裁きが降りそそぎ、敵をほろぼします。
慈悲はありません。


以前勘違いしていたのですが、これは破壊したトークンの数『まで』カードを破壊する効果なので、
犠牲になったトークンの数ぴったりに破壊する必要はありません。相手のカードだけ破壊できます。


また、


kaba6.jpg

《カバリスト》  / 効果モンスター
☆1 / 地属性 / サイキック族 / 攻100 / 守100

このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、
800ライフポイントを払う事で
自分のデッキからサイキック族モンスター1体を手札に加える。

カバリストとかいうカバのなかまの効果が発動できれば、



sai.jpg

《サイ・ガール》  / チューナー・効果モンスター
☆2 / 地属性 / サイキック族 / 攻500 / 守300

ゲームから除外されているこのカードが特殊召喚に成功した時、
自分のデッキの一番上のカードを裏側表示でゲームから除外する。
このカードがフィールド上から墓地へ送られた時、
このカードの効果で除外した自分のカードを手札に加える。

サイが友情出演します。


カバートークンがフィールド上に存在している限りエクストラデッキからの特殊召喚はできないので、
それだけ注意する必要があるのですが、
自身も☆1チューナーであるスケープ・ゴーストの黒羊トークンや、
スケープ・ゴートの羊トークンならばシンクロ召喚の素材にできるので、
カバまつり閉幕中はここから様々に展開することができます。

特にサイ・ガール+羊トークン一体で出せるシンクロチューナーの《たつのこ》は、
手札のモンスターを素材にシンクロできるので、Theアトモスフィアを用いることで《星態龍》になったり、
大くしゃみのカバザウルス等と合わせて《クリアウィング・シンクロ・ドラゴン》になったり、
さらにトークン二体や素早いモモンガの☆2をプラスすることで《氷結界の龍 トリシューラ》にもなります。


《たつのこ》  / シンクロ・チューナー・効果モンスター
☆3 / 水属性 / 幻竜族 / 攻1700 / 守500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上

S召喚したこのカードを素材としてS召喚をする場合、
手札のモンスター1体もS素材にできる。

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカードはこのカード以外のモンスターの効果を受けない。



サイ・ガールに羊トークン4体だけでも、貫通効果を持つ《HSR魔剣ダーマ》がいるので、
それからカバまつりを再開させ、団結の力を装備させるだけで
ゲームエンドに持っていけるだけのパワーがあります。


あまり登場頻度は多くないのですが、
素早いモモンガ二体から《No.64 古狸三太夫》も出せます。

《No.64 古狸三太夫》  / エクシーズ・効果モンスター
★2 / 地属性 / 獣族 / 攻1000 / 守1000
獣族レベル2モンスター×2

1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
自分フィールド上に「影武者狸トークン」(獣族・地・星1・攻?/守0)1体を特殊召喚する。
このトークンの攻撃力は、このトークンの特殊召喚時にフィールド上に存在する
攻撃力が一番高いモンスターと同じ攻撃力になる。
自分フィールド上にこのカード以外の獣族モンスターが存在する限り、
このカードは戦闘及びカードの効果では破壊されない。


相手フィールドに強力な攻撃力を持つモンスターが立っている場合、このカードがもし出せれば、
影武者狸トークンはその攻撃力をコピーできるため、打開策になりえます。
狸トークンも復活祭の犠牲にできますし、シンクロ素材にもできます。
一体いれば《たつのこ》を作るのには充分でしょう。


シンクロした後にカバまつりを盛大に執り行い、団結の力で大強化したり、
トークン復活祭で相手の場をKONAMI人にしてから突撃するといい感じです。


妨害系の罠などがちょっと少なすぎるので、
(カバまつりとスケープゴートに本来防御札の枠を割いているので仕方ないんですが)
バランスを取る過程で神宣やデモチェやブレスルなんかが入るかもしれませんね。
トークン生成カードを抜いたら勢いが出なくなって中途半端になるかもなんですが。
ミラフォはプレイヤー心理を突いて採用してるけど、読まれやすいは読まれやすいからアウトしてもいいかも。



スポンサーサイト
edit

ダンカンこの野郎! 手札捨てろバカ野郎この野郎!

  1. 2016.07.26(火) _02:30:56
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0

【ビートたけし】

下級
3 ゾンビ・マスター
3 ピラミッド・タートル
2 馬頭鬼
2 不知火の隠者
1 ゴブリンゾンビ
3 魂を削る死霊
2 妖刀-不知火
1 ペインペインター


魔法
3 生者の書-禁断の呪術-
3 強制転移
1 おろかな埋葬
3 一族の結束
3 ヴァンパイア帝国
1 ハーピィの羽根帚
1 ブラック・ホール
1 死者蘇生
1 サイクロン



2 奈落の落とし穴
2 ブレイクスルー・スキル
2 強制脱出装置


EX
シンクロ
2 戦神-不知火
2 アンデット・スカル・デーモン
1 刀神-不知火
2 蘇りし魔王 ハ・デス
2 デスカイザー・ドラゴン


エクシーズ
1 ゴーストリックの堕天使
1 ハートランドラコ
1 ガガガガンマン
2 ゴーストリック・アルカード
1 No.45 滅亡の予言者 クランブル・ロゴス






待たせたな! クソデッキのお時間だ!!


ましいを
ずる
りょう による、

ビートダウンを積極的に行いハンデスしながらライフを削るデッキ


それがビートたけしデッキ!!

というわけで、
魂を削る死霊で直接攻撃する時に「ビートたけし!!」と叫びたいがために組んだデッキです。
なんかさっきから「叫びたい」とかいう理由でしかデッキを組んでいない気がしますね


《魂を削る死霊》  / 効果モンスター
☆3 / 闇属性 / アンデット族 / 攻300 / 守200

このカードは戦闘では破壊されない。
このカードがカードの効果の対象になった時、このカードを破壊する。
このカードが直接攻撃によって相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、
相手の手札をランダムに1枚捨てる。


かつての有名カードなので、今更説明が必要な人はあまり多くないと思いますが、
優秀な戦闘破壊耐性を持ち、反面貧弱な効果弱点を持つ弱小アンデット族です。
くず鉄のかかしを見ただけでショック死する(多分もう死んでるけど)驚きの貧弱さ!

昔はこの『対象に取られたら死ぬ』という弱点からマシュマロンが優先されがちでしたが、
現在は環境の移り変わりにより、エクシーズを始めとした手軽なモンスター除去が標準化。
マシュマロンが安定性を失うと同時に、たけしの持つ『直接攻撃時にハンデス』という効果は、
マシュマロンにはない利点として、静かに優先順位の差が埋まってきています。


《一族の結束》  / 永続魔法

(1):自分の墓地の全てのモンスターの元々の種族が同じ場合、
自分フィールドのその種族のモンスターの攻撃力は800アップする。


《ヴァンパイア帝国》  / フィールド魔法

フィールド上のアンデット族モンスターの攻撃力は
ダメージ計算時のみ500ポイントアップする。
また、1ターンに1度、相手のデッキからカードが墓地へ送られた時、
自分の手札・デッキから「ヴァンパイア」と名のついた
闇属性モンスター1体を墓地へ送り、
フィールド上のカード1枚を選択して破壊する。


たけしは装備魔法などの対象に取れないので、全体強化が必須です。
フィールド魔法は闇偏重にしてダーク・ゾーンでもいいんですが、闇属性モンスターはとにかく数が多く、
敵に塩を送る結果にもなりやすいため、汎用シンクロやエクシーズにもほとんど数のない
アンデット族を指定して強化する、ヴァンパイア帝国を用います。
これなら不知火も使えますし。

一族の結束はたけし軍団の結束力を示
種族統一しないと使えないデメリットがキツいんですが、
複数発動した場合、ビートダウンデッキとしての爆発力は非常に高くなるため、
『除去』もしくは『火力の底上げ』が割合高めで必須なこのデッキでは、ロマン砲めいて採用されています。
本当は強化札ではなく防御札や除去札でもいいんですけどね、直接攻撃通すだけなら。


基本的には『たけしで殴り殺す』のではなく、『たけしの直接攻撃を通す』のを何よりの目的として、
他に強化されたゾンビ・マスターやシンクロアンデットを立たせて露払いをします。

《妖刀-不知火》  / チューナー・効果モンスター
☆2 / 炎属性 / アンデット族 / 攻800 / 守0

「妖刀-不知火」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが墓地に存在する場合、チューナー以外の
自分の墓地のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターとこのカードを墓地から除外し、
その2体のレベルの合計と同じレベルを持つ
アンデット族Sモンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚する。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。


《不知火の隠者》  / 効果モンスター
☆4 / 炎属性 / アンデット族 / 攻500 / 守0

「不知火の隠者」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドのアンデット族モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキから守備力0のアンデット族チューナー1体を特殊召喚する。

(2):このカードが除外された場合、「不知火の隠者」以外の除外されている
自分の「不知火」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果の発動時にフィールドに「不知火流 転生の陣」が存在する場合、
この効果の対象を2体にできる。


隠者の効果で妖刀を呼び、妖刀の効果で隠者を除外すれば妖刀が帰ってくるという、
実に無駄のない動きができます。

アンデット・スカル・デーモンはたけしの自壊効果をも防いでくれるので、横に立たせておくと
戦闘破壊と効果破壊を完全に防ぐようになります。
妖刀-不知火の効果で出す場合、素材縛りを無視できるので、
ゾンビキャリアでもない☆2+☆4で普通に出せます。(蘇生制限は満たせないけど)

場合によっては墓地発動効果を封じるために蘇りし魔王ハ・デスを出してもいいし、
防御力が0なので、ハ・デスを経由してチューナーを蘇生・再利用し、戦神-不知火を出しても、
効果で墓地のハ・デスを除外して攻撃力を増強できます。


《戦神-不知火》  / シンクロ・効果モンスター
☆8 / 炎属性 / アンデット族 / 攻3000 / 守0

アンデット族チューナー+チューナー以外のアンデット族モンスター1体以上
自分は「戦神-不知火」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。

(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地のアンデット族モンスター1体を除外して発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、
除外したモンスターの元々の攻撃力分アップする。

(2):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合、
除外されている自分の守備力0のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを墓地に戻す。



こんな奴らに横に立たれては、たけしを除去している暇はなかなかありません。
そう、それこそが狙いッ……! たけしは決して独力で生命を奪おうとしなくていい、
敵の死角から直接攻撃をコンスタントに与えて、手札を落とし続ければいいッ!
なので可能な限りそういう厭らしい感じの動きをしていきます。


実際に使ってた人ならわかると思うんですが、【アンデシンクロ】の全盛期なんかにも、
『あ……このターン魂を削る死霊で殴れるな、殴っとこ』というターンがたまにあったと思うんですよ。
そういうターンを極力増やすような構築にしようとしています。
【アンデシンクロ】を全体強化主軸にして、たけしを三積みにして、それに合わせた調整を施した感じです。

とは言っても、まだ戦闘試行回数が少なくて調整不足なところは否めないので、
枚数バランスなどは闘いながら調整していこうと思います。
月の書も相性いいし、今は試験的に神宣とか入れてないし、
このデッキなら多分40枚に留める必要もないですからねー。
燕の太刀が使えるほど不知火が入ってないのが惜しいところです。



edit

DARKNESS

  1. 2016.07.23(土) _08:45:34
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0


【ダークネス・デストロイヤー!! ~あんこくの破かい神~】(仮)

最上級
3 《ダークネス・デストロイヤー》

上級
3 《邪帝ガイウス》
1 《冥界の魔王 ハ・デス》

下級
2 《ファイヤー・ハンド》
2 《アイス・ハンド》
3 《スケープ・ゴースト》
1 《バトルフェーダー》


魔法
2 《強欲で謙虚な壺》
3 《終焉の焔》
3 《進撃の帝王》
2 《帝王の烈旋》
2 《テラ・フォーミング》
2 《オレイカルコスの結界》
1 《ハーピィの羽根箒》
1 《汎神の帝王》
1 《ブラック・ホール》
1 《死者蘇生》
1 《サイクロン》



2 《始原の帝王》
2 《奈落の落とし穴》
2 《オーバーウェルム》


EX
なんも考えてないけどシンクロ意外と出せるよ




「ダークネス・デストロイヤ――――ッッ!」


9a458afde3b71f159e1c493f6ddc8c804bcae74e.gif


というわけで、『カード名を叫んだ時の響きの良さ』が最高級のモンスターのひとつ、
ダークネス・デストロイヤーさんです。
ダークネス・デストロイヤーて。今日び中学生でも言いませんよ、こんなどストレートなの。



《ダークネス・デストロイヤー》  / 効果モンスター
☆7 / 闇属性 / 悪魔族 / 攻2300 / 守1800
このカードは特殊召喚できない。
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が超えていれば、
その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。
このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃する事ができる。

しかもそれで出てくるのがこんなのですからね。
でもメッチャ言いたいじゃないですか。
出しながら「ダァァ――クネスッ…… (溜め) デストロイヤァァ――ッッ!」て。
そんな小学生ソウルを抑えきれない僕のためのデッキです。

というわけで、このダークネス・デストロイヤー単体の弱いポイントですが、

・特殊召喚不可能の最上級モンスターゆえに二体のリリースを必要とする重さ
・打点2300という心許なさ 汎用エクシーズモンスター等に容易に殴り殺される
・その上魔法・罠・モンスター効果などに一切の耐性を持たない


といった感じですね。
逆に強みになるのが、

・貫通効果と二回攻撃という噛み合った二つの効果

いじょうです。

……そう! 『弱いことも書いてある』けど『強いことも書いてある』
弱いことしか書いてないカードに比べてなんて組みやすいカードなのでしょう!
《ボアソルジャー》とか《ラーバモス》とは違うんですよ!?
このようにクソカード考察には慣れれば慣れるほど頭がおかしくなるという症状が見られます


さて、ここで考えられた二つのデッキパターンは『悪魔の憑代』型と『アドバンス召喚』型です。
憑代でリリースを軽減し、破壊を肩代わりするというのも一つの手としてアリだったのですが、
憑代自体をサーチする手段に乏しかったのもあって、
今回は『いっそ特殊召喚できないならアドバンス召喚することに強みを持たせよう』という後者に決定。
弱点を逆手に取って武器にしてしまおうという話ですね。


《進撃の帝王》  / 永続魔法
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
自分フィールドのアドバンス召喚したモンスターは
効果の対象にならず、効果では破壊されない。
(2):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
自分はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。


アドバンス召喚さえしてしまえば、この永続魔法カードが強力な効果耐性を与えてくれます。
『対象にならない』のは大きいですね。除外やコントロール奪取からも守れます。
破壊そのものを防いでいるので、対象を取らなくても破壊だったら防げます。
アドバンス召喚なのでS・H・Ark Knightの効果が効かないのも地味にポイント。


アドバンス召喚のためのリリース確保ですが、
闇属性なら定番の『終焉の焔』や、条件付きでダブルコストとなる罠モンスター『始原の帝王』
除去を兼ねた『炎氷ハンド』のリクルートの他、特に重要なのがこいつです。

《スケープ・ゴースト》  / リバース・チューナー・効果モンスター
☆1 / 闇属性 / アンデット族 / 攻0 / 守0
(1):このカードがリバースした場合に発動できる。
自分フィールドに「黒羊トークン」(アンデット族・闇・星1・攻/守0)を任意の数だけ特殊召喚する。


リバース時に、リリース可能なトークンを四体(まで)一気に出すことができます。
こいつ自身もチューナーなので、生きてたら自分でリバースすることで☆2~5のシンクロに繋げられ、
展開後に引いた際にも、効果を終えたガイウスなども使って☆7~8のシンクロができます。
自分のエクストラを封じるカードも多々あるので、あくまでも隠し技の一つといった感じですが。

トークン四体のうち二体を用いてアドバンス召喚を行うことにより、
可能な限りカードの損失を抑えることができます。


しかし、出したところで攻撃力2300では、いくら効果破壊耐性があっても容易に戦闘破壊されてしまう……
というわけで、用意された強化カードがこちらです。

《オレイカルコスの結界》  / フィールド魔法
このカードの発動時に、自分フィールド上の特殊召喚されたモンスターを全て破壊する。
このカードがフィールド上に存在する限り、
自分はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できず、
自分フィールド上のモンスターの攻撃力は500ポイントアップする。
1ターンに1度、このカードはカードの効果では破壊されない。
自分フィールド上にモンスターが表側攻撃表示で2体以上存在する場合、
相手は攻撃力の一番低いモンスターを攻撃対象に選択できない。
「オレイカルコスの結界」はデュエル中に1枚しか発動できない。


これさえあれば攻撃力2800。そこそこのラインです。
進撃の帝王があれば笑顔竜もいなせますし、ビッグアイにも奪われずに殴れます。
フィールド魔法のくせに自分にしか恩恵を齎さないのは大きいですね。
そしてターンに一度の破壊耐性。羽根箒やサイクロン一枚あってもまだ耐えます。
こいつを採用するために《闇》《ダークゾーン》を泣く泣く諦めました。

でも発動時に『特殊召喚されたモンスター』を破壊してしまうので、タイミングには注意ですね。
始原の帝王や黒羊トークンが粉々になります。(発動後に出せば平気)
デュエル中に一度しか発動できないので、もし余ったら始原の帝王の手札コストにでもしましょう。
テラフォと合わせて4枚なので、そんなにダブつくこともないですけど。


とまあ、このへんが主要なギミックです。
更に高打点のモンスターで上回られるとキツいんですが、そういうときは奈落に落としたり、
モンスター効果起点なら出る前にカウンター罠で潰したり、
出てしまったらガイウスやファイアー・ハンドや帝王の烈旋で除去しましょう。
あまり相手に粘られると息切れするので、なるべく速攻を心がけたいところです。

「カード化してるダークネスの、弱い方なんて……もう言わせないぜ!


その他の解説

◆《邪帝ガイウス》
言わずと知れた強力な帝です。アドバンス召喚サポートとの噛み合い方はご存知の通り。
主に除去札&火力補助として使われます。
ダークネス・デストロイヤーの効果の強みはガイウスとは違う部類のものなので、
意外と両方活かし時があるんですよね。

◆《冥界の魔王 ハ・デス》
これ出したら絶対に相手の反応面白いだろうなと思って入れました
ダークネス・デストロイヤーさんも邪帝ガイウスも、もちろんコイツも悪魔族なので、
相手の墓地発動効果を無効にして反撃・展開の起点を潰すことが結構できます。

◆《ファイヤー・ハンド》 《アイス・ハンド》
リクルートによるリリース確保と同時に相手の場を除去するための札です。
アイスハンドがいるからサイクロン少なめでもまあいいか的な。場合によってはちゃんと積みましょう。

◆《強欲で謙虚な壺》
闇の誘惑と迷うところなんですが、前述のハンドもいるし、どうせ自ターンに特殊召喚あんましないので、
ドローソースとして三枚めくれる強謙を採用しています。

◆《帝王の烈旋》
バトルフェイズを行えるクロスソウル。厄介な壁モンスターの除去などに使います。
破壊や墓地送りや除外ではなく『リリース』というのが実にいいですね。対象にも取りません。
例え神の警告でアドバンス召喚を無効にされてもリリースはされます。強い。

◆《オーバーウェルム》
魔法にだけは使えないカウンター罠。罠とモンスター効果は無効にできます。
魔法より罠が重要視されがちで、それ以上に強力なモンスター効果に頼りがちな現在では、
ノーコストでかなり広範なギミックを止めることができます。
反面、魔法素通しが痛手になる場合もあるので、やっぱり神宣神警積んだほうがいいかも。
レベル7以上じゃないと条件満たせないから、ガイウスやハ・デスだけいても使えないし……。
でもコレのおかげで助かる局面かなりあります。



他、入りきらなかった採用候補として、《強制転移》や《闇の護封剣》、《月の書》などがあります。
《冥王の咆哮》なんかも、ライフコストはそんなに重くないし、元の打点の低さを補えます。
相手を邪魔する札は最重要なんですけど、多すぎると攻め手に欠けるので、バランスが難しいところ。
デモチェやブレスルも入れたかったんだけど、適当に回しつつ様子見です。




edit

ฅ꒰ •.̫ • ꒱ฅ

  1. 2016.07.21(木) _17:05:01
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
678.jpg

シュナイデン 軽くイメージで
昔のヒーローはすぐ襟足を遊ばせる


679.jpg

カジュアル&力士とかいう虚無


680.jpg

髪型君とかいう夢あふれるシステム!
キャッスルプレートの人生ってなんだったんでしょうね


681.jpg

「……あのさあ、ぼくが言うことじゃない気がすんだけど、
 もっとこう、無いのが目立たなくて可愛いのがあると思うんだけど……
 ……これがいいの? ……念のため聞くけどイジメとかじゃないよねコレ?」

ビキニの日とかいうイベントがあったので
貧乳を全くごまかす気のないビキニはいいぞという話だったのじゃ……

リミルたゃんは頼むと結構変なものも着てくれます。頼まないと(『提案』くらいだと)着ない。
「着てくれッ!見たいんだッ!絶対可愛いからッ!」くらい言えばわりとオッケー。好きな相手になら。

変なものを着せてはいけません


686.jpg

ショタライト
竜型亜人種の鱗耳は骨格の発達に伴ってわずかに上に移動するので、
身体が幼いうちはやや横向き(本来の耳孔の向きにより近い)についています
ネコ科動物なんかもそうですね 子猫は耳がやや横向きです

そりゃあこのいきものを日常的に目の前にしていたらレイ博士も
『ウグッ飼いたい、いや助け……助……あわよくば剥いて抱っこして寝たい!!』ってなるじゃんね
じゃんねじゃないよ






今更ながらキャシャーンの実写映画を観ました
メッチャ面白かったです やっぱ批評家の言うことはアテになりませんね!
ブレードランナーと地獄の黙示録を一度に観たかのような視聴後感でした。重い。


edit

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。