人生、それはわからん

最後から二番目の虚妄

.

Ruined kingdom/HIZAKI grace project

  1. 2008.11.04(火) _01:57:39
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:2
三連休と呼ばれるべき時に全く休めてません丸君です
身体のほうはまだ平気なんですけど
精神的に疲れすぎてて不意に意思を喰われること屡々

悩みなんて全く無いし自分可哀想アピールとかじゃないのに
いきなりすぎる自殺衝動が出てきかけてます
願望じゃなくて衝動のほうです無意識のやつです
これは明らかにヤバい……!

このタイプの衝動は下手をすると他人に向くこともあるからなあ
心理学と西洋儀式魔術の知識吸収しといてよかったぜ……
意識変容の基礎さえできればとりあえず怖くないっ


テンプレ通りの同情文句とか
上に立ったような目で見たアドバイスとか
そんなものはしちゃいかんのです誰もいらないのです
そういうの欲しがるのはただ甘えで鬱鬱言ってる人のみッ

人は誰でも近くに同類を欲しがるのですよ
上でも下でもない存在に対する感覚の共有から癒しを求めるのです
八方が闇では安定は得られません
どちらを地面として足をついていいのか解らないからです
自分と同じベクトルを向く者がいて初めて安定していると思うのです
足をつく方向が同じである人が近くにいるから地面を作れるのです
まあ本当はそんな安定なんて錯覚の生み出す虚像なんですけどね

そんなわけで
まず癒せそうな人が周囲に誰一人いない時点で私はもうダメです
ここまで突き抜けると同類なんて滅多にいません
一般から数歩多めに逸脱してしまう状態
人はそれを精神異常と呼ぶ、
正確に言うなら、それを自覚できない人間を

ああ誰か癒してください、この異次元空間の住人をッ!
ただし同じ異次元空間の住人でないと不可能です



とりあえずあと一週間で金が入るからまたCD買い込もうと思います
もはやある種の精神安定剤
でも入れる棚がないからはやくベッド片付けないとな!


……そこで心理学の知識をフル活用して客観的に自分を見るならば
ベッドを片付けると言うのも一種の現実逃避行動
ある程度の時間と労力を使うことに目を向けて他から目を逸らしている
その逃避のための理由づけに大義名分を自分で設定しているに過ぎません
ケアを目的としない〝冷たい精神科医〟がいたら、たぶんそう診断されんだろうなァ

せめて苦に立ち向かえる程度には強くありたいものです
自分の書く物語の登場人物を超えるくらいでいてみせなければ
その親としての力無しッ……!



***



安く売ってたのでMÄR全部買ってきて全部読みました
所々にちりばめられたメタルネタがとてもいい感じです
序盤のトゥリッリ公とか言う文字には思わず吹き出した
いいですね正統派バトル漫画、少年向けはこうでなければッ


あとかってに改蔵もコンプリーツ
全部読んだことはあったんですけど20巻以降持ってなかったもので
私の知る限り最高にして最大規模のひどい夢オチをやってのけた漫画です
あれは泣いた
一話完結式漫画のラストでここまで泣かせるオチがあったろうかッ!?
絶望先生はどうなるんだろうか……果たして。


やっぱり何か読まないと書く力も出ませんとゆー話
文章が出てこないのは燃料不足のせいだと自分でわかっているのに
たくさん読むと時間がもったいないこの悪循環
次が一番書いてて(自分が)楽しい所なんでどうにかしたいところですナ


***



日記をカオスに仕上げてるときとマジメに書いてるとき
私自身の精神に余裕があるかないかでこの日記の趣向は変わります
最近あんまりカオスなこと書けてないな……頑張ろう
頑張らないことを頑張ろう


edit

<<スマトラ警備隊/相対性理論 | BLOG TOP | Mr.Torture/Helloween>>

comment

  1. 2008/11/04(火) 13:39:41 
  2. URL 
  3. 童子 
  4. [ 編集 ] 
まんがよみましたた。 相変わらず良いノリをしていらっしゃるる。

そういや労働続きでぶっ倒れそうな人ほどそういう自殺衝動に駆られるとなんかで聞いたことあるなぁ。

  1. 2008/11/07(金) 00:48:55 
  2. URL 
  3. まるくん 
  4. [ 編集 ] 
ありがとうごじゃいましゅるー(ポシュル語)
そう言って貰えるとふしぎな ちからが くわわる! くわわる!

まだ生きる気満々マンなのに突発的に死のうとするのはおっそろしいです
人数足りなくて一人一人が全仕事を代る代るするので暇無し
+六連勤とか余裕で入ってくるという環境がいけないんですねわかります
この職場ちょっと問題なのかもしれない


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP