人生、それはわからん

最後から二番目の虚妄

.

家路/ムック

  1. 2008.12.28(日) _21:28:08
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
そんなわけでオフ会でした。

ナンジャ→カラオケ→ハバネロ→死→転生→宅オフの流れだったわけですが
僕らのノリはいつになってもどこに行っても変わりません。
はしゃぎまくり。
それいけチルドレンソウル。
チルドレンオブボドム。(?)

 

トリコさんのホームグラウンド(たぶん彼が格ゲーで敵として出たら背景ここになる)ナンジャ
餃子のち甘いもの巡り
世界のアイスコーナーは相変わらずカオティックである
インペリアルバニラとか言う悪事働いたらスタァァァーップされそうなのとか
ドラキュラ・ザ・クール(にんにくアイス)とか言う凄まじい厨ネーミングとか
酒入ってるとすぐわかる程度のアルコール濃度のワインアイスとか
まむしアイスとかキャビアアイス(1500円)とか
思わず買いたくなる珍品目白押し
チョコの噴水にマシュマロや苺をつけて食うとかわけのわからないイベントもやっていた

可愛いグッズ類の中で異彩を放つカニ能面(仮)が欲しかった……

 

ともきお兄さんからの連絡待ちでしばしゲーセンで時間を潰す
バングはキモカワイイ

まさかこの寒い中バイクで単騎池袋まで特攻とは畏れ入った

 

そんなこんなで辿り着いたカラオケではお兄さんのテンションが出だしからリミットブレイク
徹夜の影響か喉の調子がヤバかったので自重せずにムック歌ったらおそろしーと好評でした
グラインドゴアやブルータルデス系の下水道デス声が僕のメインなので
これ系ならまだどうにか(死ぬほどカラオケに向いていないメインヴォイス)
まぁこの状態で残-ZAN-とか歌わなくて良かった、かな……?
あ、でもスクリーモ気味で時雨のTelecastic fake showは行けた

しかしチルノのパーフェクトさんすうPV付にはわろた
いいのかこれ

 

夕飯とすべく予約していた赤ちり鍋へ
鍋は非常に美味でしたが最後に現れたハバネロチキンLv5に全て持ってかれました
七人で二ピース頼んだのに五人で一ピースしか消費しきれず
結局今度は俺がリミットブレイクしてほぼ一ピース分貪り食らう
水は全部飲んだので完全に背水の陣である

 

 

 
【パーティは全滅した……】

 

 

これは……これはダメだダメダメだ
「挑戦されるのは何名様ですかー」とか訊かれながら
持つために“手袋を渡された”時から嫌な予感はしていたが
甘党と辛党を併せ持つ程度の能力では太刀打ちできなかった……
て言うかそれでも並の辛党は凌ぐだろうと自負してはいたのに負けた
予想を二桁は上回るダメージに笑いながらマジ泣きする者続出
斯く言う俺も涙目
喰うときにちょっと触れただけの頬さえ焼けつく痛みを放つ
自分の吐息の熱ですら口内に特大ダメージ
暴君もデスレインもハバネロカレーも赤子のようだ

作戦を「ガンガンいこうぜ」から「いのちをだいじに」に変えておけばよかった
特攻したら着弾する前に撃ち落とされた感じの刹那さがあります

 

皆が喋れるようになるまで十分くらいかかりました
死にはしなかったのでよかったですね!

 

 

とりあえず11時くらいに翔さん宅へ到着
まさかお兄さんが池袋からバイクでここまで来るとは畏れ入った
なんか凍え死にそうになってたけど

あとはいつも通り家でゲームとか
遊戯王で限界バトル叩きつけてる所を観戦

みんなのアイドル、ワイトがそりゃもう飛び回る(墓地に)
しかし童子さんの負け際デスティニードロー率には吹いた
俺が使ったらワイトが出だしに三枚とかカオスに事故った事を考えると
これがデッキへの愛の差ですねわかります
俺も実際のカードでデッキ作ろうかなァ

結局寝たのは四時
起きたのは七時

昼飯食って適当にまったりしてるうちに
なんか一人ずつ消えていくという
ミステリ的な展開に

六時ぐらいに全員消滅
このgdgdな解散方式がいかにも僕ららしいです

まぁたぶんメンバー中半数は明日ビッグサイトで会うんでしょうけど!

 

 

とまぁそんなノリでの年末オフでした
あらゆる見せ場をハバネロに持ってかれた気がしますが
私は元気です
edit

<<真実と轍/REKION | BLOG TOP | 白日/ムック>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP