人生、それはわからん

最後から二番目の虚妄

.

ハリーポッターと死のデッキ破壊ウイルス

  1. 2011.07.14(木) _23:07:47
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
ハリーポッターと盗賊の七つ道具によりカウンター



*



というわけで、短編漫画を描きました。
ここから飛べます。

今回ならラブコメだと言い張っても許される気がします。
きかんしゃトーマスは表紙の存在をすっかり忘れてて三十秒で描きました。



インペリアルバニラは岩手県の藤原養蜂場で販売されているジェラートです。
まさにそこで採れたハチミツを使ったバニラアイス。
余計な添加物はなし、素材にもこだわっているようです。バニラビーンズ入り。
何がインペリアル(帝国)なのかはよくわかりません。

池袋のナンジャタウンにはいろんなアイスが日本中から集結した空間があるんですよ。
これみたいなガチで美味しいものから、うなぎとかラーメンとか意味のわからないものまで。
キャビアとまむしがやたらと高い(千円以上する)ので、気になるのに手を出せてません。

ちなみにこのインペリアルバニラも若干高い部類に入るので、
奢ってもらうのにコレを選択する兇闇はなかなかしたたかなヤツです(



普段、わたしは漫画を描くときに最も意識していることが二つあって、

「自分がさっと描けそうもない、または面倒なポーズや構図のコマを作らない」
「モチベを維持して短期で仕上げるためにページ数は極力少なめにまとめる」


という面倒臭がり全開の法則なのですが、
今回はやりたいことをやるためにそれを敢えて両方破棄してみました。

この“七不思議”というネタの羅列が主となるテーマは、
畳み掛けるように高速で大量のボケとツッコミを繰り返し展開させることになるので
充分なページ数がなければ、テンポの調節ができないのです……!
わりと最初から最後まで走りっぱなし。
なので、少し引き伸ばして遅いパートを作り緩急をつけなければ、
うまくバランスがとれないのです。難しいところね。



*



とりすた

レベル163まで上がりました。
友達のサポートに回ってばかりで、雪山には手をつけてません。

シクレがなかなか出ないのです。15と16だけ。ち、ちくしょう。



*



久々に私の家で、結構多人数でのオフ会をやりました。

最初は学校帰りにトルテさんと待ち合わせて、そのまま私の家に。
本当はここで部屋さんも合流する予定だったんですけどねー。

ちなみに、地味にこの待ち合わせ前に時間があいちゃったので
ジュリィーの1stアルバム初回盤を見つけて衝動買いしてました。相変わらずです。

家ではスペランカーやらシャドウゲイトやら特撰ひじき打やら
よくわからないゲームをひたすらやらせてました。
そのうちひちゃんが来て、程なくして部屋さんも来て、ひこにゃん……は
来る予定だったのがなんかベントされたのでこれで全員です。

一日目はひちゃんがマリオストーリーやってる横で部屋さんがひたすらバスタード読んでたり
久々に遊戯王やったり変なネタゲーやったりと言ったかんじで。

遊戯王やっぱ楽しいです。
周りがヴァンガードに流れがちでしたが、あれまだ変なネタカードそこまでないんですもん。

「墓地から三体のレベルスティーラーを特殊召喚!
 行くぜ! てんとう虫のサンバにより、サンバのリズムで神降臨!
 ♪あなた~とwwwwわた~しが~wwwwオ ベ リ ス ク !!」

(召喚時口上)

そのうちなんか部屋さんが零~紅い蝶~をやる流れに。
クロックタワー3も勧めたんですがだめでした。色々とだめでした。

めっちゃくちゃ怖がる部屋さんとトルテさん、
そしてそれを見て楽しむ私とひちゃん。
完全にメンバーが二つの勢力に割れました。
部屋さんの怖がりかたが非常におもしろかったです。

あとこれもまた久々にポップンやったり。またブランクでレベル下がってます。
元ゲーセン勢であった我々と違ってあまり音ゲーに触れてなかった二人も
ちょっと引きこもうとしてみたり。
多分ひちゃんはDIVAやってたからかもう9ボタン行ける。

で、トルテさんが部屋さんの足を枕にして寝っ転がりはじめて、
それを枕にして私が寝っ転がりはじめて、
それを枕にしてひちゃんが寝っ転がりはじめて、

もうなんか何が何だかわからない事態に。

そのうち誰も抜け出せなくなり、お互いがお互いを攻撃する不毛な世界に。
くすぐられたりつままれたり足を折られたり何故か脱がされたり。
あれはたぶん地獄です。


たぶん私たち、集まるとろくな事にならない。


edit

<<忍法・微塵隠れ(スーサイドバースト)! | BLOG TOP | 死など恐るるに足らず>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP