人生、それはわからん

最後から二番目の虚妄

.

子どもを たにへ おとす

  1. 2013.02.25(月) _05:33:37
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0

にゃーっと小説更新しました。二話分です。


#037:かつて世は死の縄目に掛り

死の縄目という語句は、
J.S.バッハ作“キリストは死の縄目につながれたり”から持ってきました。


クロニクルとアゲートに関する説明が済み、一行がやるべきことを説明して、
一路アメリカ合衆国へ。カリフォルニア州は西の海岸沿いです。
アゲート世界は『断片A』で描かれた世界ですね。ルッシー達がいた。

ちなみに2002~4年まで計算速度世界一だった日本のスパコンの名前は
『地球シミュレータ』。そのまんまですね。色々シミュレートします。
あと重力相互作用のみをシミュレートする専用機にGRAPEってのがあります。
グラヴィティ・パイ、略してGRA-PE。

ティエラ・セグンダとはスペイン語で第二地球の意。女性名詞です。
「かつての人工生命の名を借りて~」と言っているのは、
かつてPC上でシミュレートされた『進化』をキーワードとする人工生命ティエラのこと。

このティエラが西暦2100年にザナドゥのコードを持ちだして色々引っ掻き回した挙句、
ディエス・イレ後に人工生命体を率いて人類に反旗を翻したりしますがそれはまた別の話。








#038:かくて仔は死の運命に落つ

そして。

fa481a44.jpg

死にました。
スタートレックみたいな死に方しました。
バ…バカな… か…簡単すぎる… あっけなさすぎる…



1358606124281.jpg





1358606349564.jpg


おいといて。


十二歳のレイが苦戦していた
「量子重力理論上のヒルベルト空間における波動関数の記述について」とは、
ハートル=ホーキングの境界条件を満たす波動関数のことです。
で、経路積分を用いたその計算法を助言したのが十三歳の現。化物と化物です。

『黒神』という名字の意味についてもよーやく出ました。
世界のデバッガー。それが彼らです。
現くんは能力的にズバ抜けてますけど。
長く生きてると世界のバランスを崩しかねないので勝手に死にます。
うーんアポトーシス。
胎児の指がちゃんと分かれる理由は、指の隙間の細胞が言われた通り自殺するからです。
バビルサと言う動物は、キバが伸び続けた結果脳に刺さって死にます。
彼らには死ぬべき期間が決められている。

イルカは群れが増えすぎると、
自ら陸に上がって生命を断つというぜ!
(別に理由があるかもしれないというのが一般的だけど)



そんなわけで、次回はいよいよ第三幕冒頭でやってた「ノルウェー編」
果たしてわりと一般的な十二歳の華鈴ちゃんは北欧の戦場でやっていけるのか!
どうせ健全サイトなのでアレな目には遭わないけど下手を打てば即死確実!
それともこのまま屈強な女戦士として覚醒してしまうのか!

……それはそれで嫌だ!


頑張れ!負けろ華鈴!現在このサイトのロリ成分はキミで保っている!


167.jpg



ロリ成分がまた一つ無くなりそうなサイト あまえびわーるどです

edit

<<ウッウッウッ身体がッ動かウッウッ | BLOG TOP | 床一面には六芒星>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP