人生、それはわからん

最後から二番目の虚妄

.

ダンディズムってのはな…

  1. 2013.09.11(水) _04:52:51
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0

トリックスター、運営変わってデータ移管時にキャラが消滅して以来触れてなかったんですが
最近ひさびさにやってます。
七年分のデータなので、失ったものが多すぎてアですけど。
ふっ……下手するとリアルマネー換算で100万円分くらいのアイテムが消えたぜ……。

せっかくなので白熊も作ってみようかしら。
まずはメインとサブを元のレベルにまで追い付かせてから……!



トリスタの魅力は「キャラがかわいい」という一言に全てが集約されるので、
キャラだけはいいクソゲーとかのアトモスフィアが好きな人にこそ向いている気がする……(








◆エリオノール・エルランジェ
中世フランス出身の吟遊詩人。崩壊前から同様に存在する人間。
“賢者”と呼ぶには些か枠を外れた“透見者”と称される。
“時の砂の詩”など、過去や未来を見透すような独特の神話めいた詩を多く詠い、書き留めたが、
周囲からは詩人としてより、占い師、もしくは魔術師としての方が名高かったようだ。
18歳の若さで死去。原因は、当時の医学では不明であった。


「軈て来たる別離を憐れみたもうな。
 厳(いつく)しき時の流れも、ろうたし刻の瞬きも、なべて落つ猩紅の赫りに過ぎぬ」
「憙々……月も日も星も我が身さえも、
 幽冥《ユメ》を廻る蝶であり、蝶を巡る夢幻《ユメ》に過ぎぬのだ」
「ああ、しかし神よ。神よ、慙悔せよ――」



様々な作中で登場する詩っぽいものの半分くらいは、エルランジェの作品とゆー設定です。
正体は謎。








亜人の分類

生物学的亜種ではなく「デミ・ヒューマン」(半人間)の訳語である亜人種ですが、
その囲いの中にも様々な種類があります。
白人とか黒人とか、そーゆーアレよりもーちょっと変わってる部分が多い感じ。
その中でも、細かい種はさらに文化します。

ちなみに生物学的な“同種”の条件は、
交配した時に同じ種が生まれ続けることができるかどうか。
異種交配で発生したライガーなどの動物は、生殖能力を失います。
人間は肌の色が違ってもとりあえず人間が生まれるので“人間”として同種。
亜人はどれだけ分類が違っても“亜人”として同種。
亜人と人間との交配はできるけど、ハーフっぽくはならず、必ず母側の種が生まれます。


亜人種の大まかな分類は以下に。


◆エルーン
 人間との外見的な差が少ない、エルフっぽい種族。魔力の扱いに優れる。人口比率多め。
 反面、身体は人間よりも華奢である事が多い。長命ではないが老化は遅い。
 耳の尖りや獣毛、小さな飾り羽のようなものが発現する事が多い。
 リミルやティア、ヒスイなどがこれ。

◆ドルファ
 強靭な骨格と頑健な肉体を持つ、膂力や体力に優れた種。ドワーフめいた種。
 量より密度からくる強靭さであるため、必ずしも外見的な頑強さは付随しない。
 地竜や猛獣を思わせる無骨なツノや、皮膚が硬質化した甲殻が発現する事が多い。
 クロスやリウェゼア、ゼノンなどがこれ。

◆ヴィント
 細身で身軽な個体が多い。空間把握能力に優れ、すばしっこい種。
 飛竜を思わせる細い角や、飾り羽、翼状器官(翔べはしない)が発現する事が多い。
 重力魔法に遺伝的な適性を持つ。
 ライトやシグマ、ラファエル、デューなどがこれ。

◆リリット
 小型の亜人種。小人族。どれだけ成長しても子供のようにしか見えなかったり、
 身長そのものが人間の半分程度だったりする。体力は少ないが、総じて手先が器用。
 外見的特徴は少ないが、獣耳が発現する場合が多い。
 オタ文化が敷衍してきた最近では、よくロリット族とか言われる。
 華鈴やラスティなどがこれ。

◆フェアリー
 一纏めにされがちな亜人種に対し“妖精種”と特筆される、超小型の種族。
 人口比率が最も少ない希少種であり、独自の集落を形成する事が多いため、
 街中で目にすることは稀である。身体能力は無も同然だが、魔法全般に高い適性を示す。
 燐がこれ。

◆イヴル
 身体能力や魔法力にバランス良く優れた種。精神的な成熟も早い傾向にある。
 色素が不安定なのか、肌や髪は透き通るような白か、黒が多い。中には青や紫なども。
 悪魔を思わせる尖角や翼などが多く発現する。
 兇闇や聖、ルシフェルなどがこれ。

◆リーフィ
 フェアリーに次いで稀少な種。他種に比しても鮮やかな色彩の髪や瞳を持つ。
 独特の甘い香りや、蜜のような味の涙などを持つ個体など、どこか植物を思わせる。
 男女問わず容姿に優れ、また知識面や思考能力に優れる者が多い。
 死の寸前まで、殆ど若い姿で過ごす。寿命は30年~140年ほどで、ばらつきがある。
 (一応)マヤがこれ。彼女が老いないのには別の理由もあるけど。

◆ミディア
 “吸血種”と特筆される種。外見特徴的にはイヴルやエルーンに似ている。
 血などの体液を通じて他者の魔力を吸収することができ、人より寿命が僅かに長い。
 力や魔力、精神力など、全体的に優れているが、体力は少なく、不器用な傾向がある。
 また、貧血気味な者が多い。
 レムがこれ。


より細かい分類は更に多岐に渡る。


edit

<<メイジももんじゃ | BLOG TOP | Beyond the darkness, lies greatness.>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP