人生、それはわからん

最後から二番目の虚妄

.

BURN

  1. 2016.09.24(土) _01:31:56
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0

繰り返される闘争の日々……


打った手にこそ手を打たれ、

その対処にまたも腐心する


輪転する戦の螺旋のさなか

疲弊し果てた我々は、

終に一つの結論に至る――





122927561140b_20160923190735460.jpg





【燃えさかる大地】

最上級
2 《古代の機械熱核竜》

上級
2 《陽炎獣 サーベラス》

下級 
3 《フレムベル・ヘルドッグ》
2 《フレムベル・マジカル》
2 《炎王獣 キリン》
3 《レッド・リゾネーター》
2 《きつね火》
2 《フレムベル・ベビー》


魔法 
3 《燃えさかる大地》
2 《炎王の急襲》
2 《真炎の爆発》
2 《歯車街》
2 《闇の護封剣》
1 《ハーピィの羽根帚》
1 《ブラック・ホール》
1 《死者蘇生》
1 《サイクロン》


罠 
2 《吠え猛る大地》
2 《幻獣の角》
1 《奈落の落とし穴》
2 《ブレイクスルー・スキル》


EX 
1 《恐牙狼 ダイヤウルフ》
1 《No.59 背反の料理人》


1 《たつのこ》
1 《古神クトグア》
1 《ラヴァル・ツインスレイヤー》
1 《獣神ヴァルカン》
1 《炎星侯-ホウシン》
1 《大地の騎士ガイアナイト》
1 《クリアウィング・シンクロ・ドラゴン》
1 《ライトニング・トライコーン》
1 《えん魔竜 レッド・デーモン》
1 《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》
1 《神樹の守護獣-牙王》
1 《えん魔竜 レッド・デーモン・ベリアル》
1 《A BF-神立のオニマル》








 
インド神話の話をします。



2_2016092319554015a.jpg

文明が発達し、その代償に人は神々の力より遠ざけられ、悟りの道は閉ざされました。

神話の中で循環する四つの時代(ユガ)のうち、
今は最後の『魔の時代』すなわちカリ・ユガと呼ばれる段階にあるとされています。
法と倫理は失われ、人心は荒廃し、世は頽廃の一途を辿ります。

そしてカリ・ユガの終わりに、秩序の神ヴィシュヌの化身カルキによって世に蔓延る悪は討ち滅ぼされ、
そして大いなる暗黒(マハー・カーラ)、善き破壊神シヴァは、新たなる世界の創造のために、
罪に染まり荒廃した世界を、浄化の炎で灼き尽くすのです。




1_20160923195539abd.jpg

*天から降りそそぐものが世界をほろぼす*





そして終焉の灼熱から ひとすじに立ちのぼる光は



3_201609231955429af.jpg

人類最大の叡智にして罪

プロメテウスの灯

夜明けをもたらすもの


"核"の光――









「この熱核竜には、核弾頭が積んであります!」

言いたいですよね。
さあ、青く美しい地球を原罪で薄汚れた人類どもから取り戻すため天を灼きましょう!



《燃えさかる大地》  / 永続魔法

このカードの発動時に、フィールド上のフィールド魔法カードを全て破壊する。
また、お互いのスタンバイフェイズ時、
ターンプレイヤーは500ポイントダメージを受ける。


《歯車街》  / フィールド魔法

(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
お互いのプレイヤーは「アンティーク・ギア」モンスターを召喚する場合に
必要なリリースを1体少なくできる。
(2):このカードが破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「アンティーク・ギア」モンスター1体を選んで特殊召喚する。


《古代の機械熱核竜》  / 効果モンスター
☆9 / 地属性 / 機械族 / 攻 3000 / 守 3000

(1):「アンティーク・ギア」モンスターをリリースして
アドバンス召喚したこのカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
(2):「ガジェット」モンスターをリリースして
アドバンス召喚したこのカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。
(3):このカードが攻撃する場合、相手はダメージステップ終了時まで
モンスターの効果・魔法・罠カードを発動できない。

(4):このカードが攻撃したダメージステップ終了時に発動できる。
フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで破壊する。


攻撃するたびに原子の光が空を染め、魔法罠をばくはつさせる極悪カードよ!
しかも攻撃時に効果を受け付けない防御フィールドつき! 伏せミラフォなどを実質完封できる超装甲!
前半の効果はマジックで消してください。


これ書いてた段階では熱核竜はまだ出てない(発売今日ですね)んですが、一応カジュアルな環境では、
適当な禁止カードを突っ込み「これ熱核竜ね!」と予め了承を貰ってプレイすることで
デッキの動き方をシミュレートすることができます。実戦で試すのはもう少し待ちましょう。

もし待ちきれなければ、
あなたが光速に近い速度で動くことによって外部の時間を一気に進めることができます。
空間には時間が存在し、進んでいくということが知られています。
無理に戻そうとした人はバグって██に、████でしまいました。運命を受け入れることが重要です。


……さて、まるでデッキの中核ギミックのように『歯車街からの熱核竜』を押し出しましたが、
これは単に『燃えさかる大地を使ってたら入るギミックの一つ』であって、
デッキ全体のコンセプトはあくまでも『燃えさかる大地』です。
歯車街ギミックだけやるなら同じストラクのカタパルトかダブル・サイクロンでいいですからね。

そのへんも踏まえて、解説をします。




まずこのデッキの基本は【炎属性】【獣族】の複合下級ビートダウン&シンクロデッキです。
そこに《燃えさかる大地》アンティークギアがぶちこまれているわけですが、

自分で言っててなんでこんな混沌としたデッキになっているのかよくわからなくなってきました


宇宙とは……? イデアとは……? なぜ人は戦争という同じ過ちを繰り返すのか……?


まあいいや、ぜんぶ燃やしてしまえばかたづく。皆さんも燃やすことで片付けることができます。



4_2016092322225776d.jpg

《吠え猛る大地》  / 永続罠

自分フィールド上に存在する獣族モンスター
守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が超えていれば、
その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。

この効果が適用された事によって相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、
相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体の
攻撃力・守備力は500ポイントダウンする。


二枚目の《大地》です。

ここまでくると薄々勘付いている方もいるかもしれませんが、
《大地讃頌》も入れようとしてて活かしようが無かったので断念しました。何あのクソカード

ともかくこの効果によって『獣族』に貫通を付与することができ、
ライフアドバンテージを継続的に稼ぎやすくなります。


……そう、燃えさかる大地の効果はフィールド破壊だけではありません。

『自分と相手に500ダメージを与える継続バーン効果』!

それも『交互に』です。同時ではないので、引き分けることはありません。
これを最大限に活用するため、とにかく相手に防戦を許さず、削りきることを意識していきます。
神宣などのライフコストカードが入ってないのもこれが理由です。


ちなみに日本語版で揃えても「燃えさかる大地」&「吠え猛る大地」で語呂が合いますが、
英語版で揃えたら「Burning Land」&「Roaring Earth」とそれはそれで響きがいい感じになります。

ええ、《燃え上がる大海》を泣く泣く抜いた理由の一つですね。



5_20160923224301c88.jpg

《闇の護封剣》  / 永続魔法

このカードの発動時に、相手フィールド上の全てのモンスターを裏側守備表示にする。
また、このカードがフィールド上に存在する限り、
相手フィールド上のモンスターは表示形式を変更できない。
このカードは発動後2回目の自分のスタンバイフェイズ時に破壊される。


そして永続貫通効果と相性がよく、厄介なモンスターへの対処札としても優秀な闇の護封剣。

対象を取らずに相手フィールドの全モンスターを裏側守備表示にするので、
こちらの動きを阻害するような永続効果を遮断して展開ができ、しかも次のターンも反転できず、
極めつけが永続魔法なのでセルフバウンスして再利用が可能というポイントです。



6_20160923230224534.jpg

《獣神ヴァルカン》  / シンクロ・効果モンスター
☆6 / 炎属性 / 獣戦士族 / 攻 2000 / 守 1600
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上

「獣神ヴァルカン」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合、
自分及び相手フィールドの表側表示のカードを1枚ずつ対象として発動する。
その自分及び相手の表側表示のカードを手札に戻す。
このターン、自分はこの効果で手札に戻したカード
及びそれらの同名カードの効果を発動できない。


☆4フレムベル・ヘルドッグ + ☆2レッド・リゾネーターや、
☆2きつね火 + ☆4フレムベル・マジカルの組み合わせで出せる《獣神ヴァルカン》なら、
相手の場の厄介なカードを一時バウンスしながら、闇の護封剣を回収して再利用したり、
ライフアドで上回られた時に「鎮火」などと言いつつ燃えさかる大地を引っ込めることができます。

幻獣の角がある場合はそのまま打点として活用してもいいですが、
使い終わったらクリスタルウィングにしちゃってもいい感じですね。防御も厚くなるし。



7_20160923230517669.jpg

《幻獣の角》  / 通常罠

発動後このカードは攻撃力800ポイントアップの装備カードとなり、
自分フィールド上の獣族・獣戦士族モンスター1体に装備する。
装備モンスターが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、
自分のデッキからカードを1枚ドローする。


そしてこの《幻獣の角》を用いて貫通ダメージを更に引き上げ、カードアドにも繋げます。

理想としてはフレムベル・ヘルドッグに攻撃してきた相手にダメステ発動して迎撃することでしょうか。
一度でも決まれば相手の盤面を減らしながらリクルートとドローが行えます。
その時点で消費1枚で相手-1、自分+2で合計2アド。


これが装備可能なモンスターは、メインデッキでは『サーベラス、ヘルドッグ、キリン』
EXデッキでは『ダイヤウルフ、ヴァルカン、ホウシン、トライコーン、牙王』です。
全てではないので、把握して運用することが肝要ですね。
人間も把握されるほど効率よく運用されていくことが知られています。


8_201609232342289dc.jpg

《レッド・リゾネーター》  / チューナー・効果モンスター
☆2 / 炎属性 / 悪魔族 / 攻 600 / 守 200

「レッド・リゾネーター」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
手札からレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードが特殊召喚に成功した時
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力分だけ自分はLPを回復する。


チューナーには主にレッド・リゾネーターを用います。

通常召喚時の展開補助力もさることながら、
ヘルドッグの効果や《真炎の爆発》などで特殊召喚した際にLPを大回復させる現象は、
常に両者のライフが減り続けるこのデッキにおいては単なるオマケ以上の意味を持ちます。

継続バーンが張られている環境で、LP差はそのままプレッシャーとなり、焦りを誘発します。
かつてブッダはマーラによる誘惑にも、降りそそぐ岩と刃のまぼろしにも、無明の闇にも心乱されず悟りを開きました。
皆さんは、悟りを開きますか?
そのためには大地が燃えさかっていても臆さぬ精神が求められます。

戦うとニルヴァーナが目指せるデッキ。
斬新なことですね。心頭滅却すれば火もまた涼しといいます。
まあそれ言った人は焼死したんですけど。
精神修行はじゅうようですが、精神が強くても肉体が死ねば死ぬんですね。危険からはちゃんと急いで逃げましょう。



シンクロルートとして、記憶にとどめておいた方がよいものは、

炎王の急襲からサーベラス+レッド・リゾネーター通常召喚で、
☆8ライトニング・トライコーンやレッド・デーモンズ・ドラゴンを出しつつ、手札のヘルドッグをフィールドに残したり、

きつね火で1ターン耐えた後にレッド・リゾネーター通常召喚で古神クトグアを出せば、
リゾネーター効果で手札の☆4を出してランク4エクシーズ&1ドローが可能だったり、
この時にフレムベル・マジカルを出していればクリスタルウィングが立ちます。

炎王の急襲からサーベラス+フレムベル・マジカルで牙王というルートも忘れてはいけません。


また、フレムベル・ベビーときつね火で《たつのこ》を出せれば、
手札に来ちゃった熱核竜で破壊耐性を持つ3000打点のオニマルを立たせた上で、
墓地の熱核竜は変わらず歯車街から出すことができます。
熱核竜自体が強力なので、場合によってはアドバンス召喚を狙ってもいいんですけどね。



ちなみに『真炎の爆発』などに対応している守備200の炎属性は、
メインデッキのモンスターが熱核竜以外の全て
EXデッキにいるのが《No.59 背反の料理人》《古神クトグア》《ラヴァル・ツインスレイヤー》の三体です。

料理人は状況対処能力こそあれ、機会が限定的すぎるので、
デッキに噛み合う獣神ヴァルカンをもう1枚増やしてもいいかもしれませんね。




なお、このデッキを使用していて対戦相手が悟りを開きはじめてしまった場合などの苦情は受け付けません。
人生、宇宙、すべての答えについて思いを馳せ始めたらお気をつけください。
ヒュレーとは……エイドスとは……一体……42とは……


1358577877437.jpg
これ言わないとキルミーベイベーのキャプってそうそうわかんないな
edit

<<食いたいものも食えないこんな世の中じゃポイズン | BLOG TOP | モす / モさない>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP