人生、それはわからん

最後から二番目の虚妄

.

チョット バチガイ、、、カ、、モ、、ネ。

  1. 2016.11.10(木) _10:57:29
  2. メイジももんじゃ
  3.  コメント:0
【総天然色 ルイン様 対 大怪獣軍団!】

陸焼く猛焔の超竜か! 空舞う極彩の大蛾か! 海裂く清冽の巨亀か!
三大怪獣決戦の地に舞い降りた女神の惶惑やいかに――地上最大の激斗!




最上級
2 《怒炎壊獣ドゴラン》
1 《怪粉壊獣ガダーラ》
1 《海亀壊獣ガメシエル》
3 《破滅の女神ルイン》

上級
1 《サイバー・エンジェル-韋駄天-》
2 《サイバー・エンジェル-弁天-》


下級
3 《コーリング・ノヴァ》
3 《シャインエンジェル》
2 《オネスト》
3 《サイバー・プチ・エンジェル》


魔法 
3 《エンド・オブ・ザ・ワールド》
1 《機械天使の儀式》
3 《儀式の下準備》
2 《テラ・フォーミング》
3 《祝福の教会-リチューアル・チャーチ》
2 《妨げられた壊獣の眠り》
1 《月鏡の盾》
1 《サイクロン》
1 《ハーピィの羽根帚》
1 《ブラック・ホール》
1 《死者蘇生》


(罠なし)

EX 
1 《聖光の宣告者》
1 《神騎セイントレア》
1 《ダイガスタ・エメラル》
1 《励輝士ヴェルズビュート》
1 《フェアリー・チア・ガール》
1 《輝光子パラディオス》
1 《No.101 S・H・Ark Knight》
1 《No.50 ブラック・コーン号》
2 《No.39 希望皇ホープ》
1 《星騎士 デルタテロス》
1 《SNo.39 希望皇ホープONE》
2 《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》
1 《聖刻神龍-エネアード》






私は悩んでいた――――

以前も使っていた、《破滅の女神ルイン》を主軸に据えたデッキを一新して戦おうと思い立ったはいいものの、
昔のコンセプトのままでは速度が遅すぎて到底現在のファンデッキ群にすら追いつけず、
かと言ってサポートカードを共有でき、相性のいいサイバー・エンジェル等を大々的に組み込んでいくと、
「これもうサイバーエンジェル単体で組んだ方が良くね?」としか言えないような回り方になってしまう――。

効果自体が完全な下位互換ではないことや、《儀式の下準備》が使用可能な事など、
対抗馬となる《サイバー・エンジェル-荼吉尼-》との差別化自体は可能なのだが、
それを『どう活かせばいいか』が課題の主な焦点だった。

そして過去の記憶に手がかりを求めたその時、一つの発想に思い至る――


「……ルイン様を壊獣と無理矢理戦わせたら……面白くない?




radon.jpg
(私の心の中のわるい部分を司るラドン)



仮にも『女神』と呼ばれる者が、
バラエティ番組の身体張った芸人程にまで扱いが落ち込んだ瞬間であった――






 


1_201611100711468bc.jpg11_20161110071212339.jpg

《破滅の女神ルイン》  / 儀式・効果モンスター
★8 / 光属性 / 天使族 / 攻2300 / 守2000

「エンド・オブ・ザ・ワールド」により降臨。
フィールドか手札から、レベルの合計が8になるよう
カードを生け贄に捧げなければならない。
このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、
もう1度だけ続けて攻撃を行う事ができる。

《エンド・オブ・ザ・ワールド》  / 儀式魔法

「破滅の女神ルイン」「終焉の王デミス」の降臨に使用する事ができる。
フィールドか手札から、儀式召喚するモンスターと同じレベルになるように
生け贄を捧げなければならない。


降臨の為にはレベルを8『ちょうど』になるようにリリース素材を確保せねばならず、
唯一の効果は戦闘破壊を介さなければ発動できず、
戦闘破壊するための肝心の攻撃力は2300帝ラインにすら届いておらず、
必須級の儀式サポートカードだった《儀式の準備》にも対応しておらず、
さらには他の女性型モンスター達に比して貧なる乳を持つということで、
一部からは『ポンコツ』『駄女神』などと心ない謗りを受けるルイン様……

かつては(平均4枚ほどのカード消費を必要とする大型儀式モンスターとして)
『不意打ち又佐にデーモンの斧持たせれば2枚でいいじゃん』
などとよく揶揄されていたルイン様……

しかし!

儀式魔法とセットでサーチすることが可能な《儀式の下準備》の登場で、使い勝手が大幅にアップ!
さらに《祝福の教会-リチューアル・チャーチ》という強力な光儀式サポートフィールドの登場で、
サーチ手段は格段に充実してきているのである……!


確かに、素の攻撃力が3300もあり、闇の護封剣などと併せて様々な対処と強力なバーンを撃てるシナトや、
貫通効果を持ち更なる展開に繋げられる荼吉尼といった対抗馬も強力ではあるが、
ルイン様が最も得意とするのはそのいずれにもない『連続攻撃』
すなわち《オネスト》との相性は候補中最良と言え、また複数モンスターの処理能力も一歩上回る……!

今回のデッキは、そこを最大限に活かそうとしながらも
何かを踏み外した気がしないでもない、そういう構築である!






というわけで、解説をします。


基本的にはルイン様は素出しして立たせておいて強いモンスターではないので、
初手では動けるときでも冷静に様子を見て、相手に合わせて動くのが理想的です。

動くための準備が整っていなければ、以下のカードで整えていきます。


8_2016111007120220b.jpg

《祝福の教会-リチューアル・チャーチ》  / フィールド魔法

「祝福の教会-リチューアル・チャーチ」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の手札から魔法カード1枚を捨ててこの効果を発動できる。
デッキから光属性の儀式モンスター1体または儀式魔法カード1枚を手札に加える。
(2):自分の墓地の魔法カードを任意の数だけデッキに戻し、
デッキに戻した数と同じレベルを持つ、自分の墓地の天使族・光属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。


テラ・フォーミングや二枚目以降のフィールド魔法、また儀式魔法カードなどが手札でダブついた時にも、
コストとして墓地に送りながら足りない儀式モンスター・儀式魔法をサーチし、
それと同時に(2)の蘇生効果のための魔法カードを墓地に溜め込むことが出来る優秀なフィールド。

こんな幸せそうな絵柄ですが、片方がデッキ、片方が墓地関連の効果です。示唆的ですね。
結婚は人生の墓場とはよく言ったものです。墓場に入れるだけマシという意見もあります。


基本的に蘇生効果では《サイバー・プチ・エンジェル》を蘇生し、特殊召喚時の効果を使っていきますが、
場合によっては使用後の《オネスト》を蘇生して効果で手札に呼び戻したり、
光・天使なので、魔法カードが8枚あればルイン様本人を蘇生することすら可能です。


地味にこの『魔法カードをデッキに戻す』効果が、
儀式の下準備の発動条件である『儀式魔法がデッキに残っていること』を満たすのに役立ってくれたりもします。
因果を感じますね。
あらゆる結果には原因があるという事が知られています。皆さんは結果ですか? 原因の方ですか?



7_2016111007120195f.jpg

《サイバー・プチ・エンジェル》  / 効果モンスター
★2 / 光属性 / 天使族 / 攻 300 / 守 200

「サイバー・プチ・エンジェル」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「サイバー・エンジェル」モンスター1体または
「機械天使の儀式」1枚を手札に加える。


この善行を積んで秩序ルートに進化したハロみたいなのを活用して素材を揃えていきます。
コーリング・ノヴァやシャインエンジェルからも出てきます。皆さんは何から出てきますか?
人生そのものが墓場という意見もあります。

出てきてしまった。

出てきてしまったなあ。





6_20161110095112de2.jpg5_201611100951110fc.jpg

《サイバー・エンジェル-弁天-》  / 儀式・効果モンスター
★6 / 光属性 / 天使族 / 攻1800 / 守1500

「機械天使の儀式」により降臨。
(1):このカードが戦闘でモンスターを破壊し墓地へ送った場合に発動する。
そのモンスターの元々の守備力分のダメージを相手に与える。
(2):このカードがリリースされた場合に発動できる。
デッキから天使族・光属性モンスター1体を手札に加える。

《サイバー・エンジェル-韋駄天-》  / 儀式・効果モンスター
★6 / 光属性 / 天使族 / 攻1600 / 守2000

「機械天使の儀式」により降臨。
(1):このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から儀式魔法カード1枚を選んで手札に加える。
(2):このカードがリリースされた場合に発動できる。
自分フィールドの全ての儀式モンスターの攻撃力・守備力は1000アップする。


こちらは超兄貴の主人公ですね。ルイン様と手札に並ぶと胸の格差が本当によくわかる
サイバー・プチ・エンジェルからどちらかをサーチすることで合計★8となり、ルイン様の降臨条件を満たします。
基本的には《オネスト》を引っ張ってこられる弁天を優先しましょう。

また、手札が振るわない時には弁天をコストに韋駄天を儀式召喚することで、
エンド・オブ・ザ・ワールドとルイン様を両方持ってくることができます。頭の片隅にとどめておきましょう。
用途が限定的ではあるので、好みによっては弁天3枚のみでもいいかもしれませんね。



9_20161110071204409.jpg

《機械天使の儀式》  / 儀式魔法

「サイバー・エンジェル」儀式モンスターの降臨に必要。
(1):レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、
自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、
手札から「サイバー・エンジェル」儀式モンスター1体を儀式召喚する。
(2):自分フィールドの光属性モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。


ついでに、サイバー・プチ・エンジェルから持ってこられる儀式魔法カードですが、
墓地に落ちている時に除外することで光属性モンスターの破壊を一度免れることができます。
ブラック・ホールなどで複数破壊される場合でも、光属性である限り全員守れます。

祝福の教会の(2)の効果でサイバー・プチ・エンジェルを蘇生し、蘇生時の効果でこれをサーチして、
(1)の効果のためのコストにするプレイングなどがスマートでいい感じです。
これ単体では滅多に発動することはありません。たまにあるけど。


とまあ、以上がこのデッキの基本展開を行う上で最重要なカード群ですね。


……ああ、そうそう! 祝福の教会の手札コストとしても優秀でありながら、
戦況によっては普通にも使える強力なカード
がもう一つありましたね。





10_20161110071205231.jpg

《妨げられた壊獣の眠り》  / 通常魔法

「妨げられた壊獣の眠り」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):フィールドのモンスターを全て破壊する。
その後、デッキからカード名が異なる「壊獣」モンスターを
自分・相手のフィールドに1体ずつ攻撃表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは表示形式を変更できず、
攻撃可能な場合は攻撃しなければならない。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「壊獣」モンスター1体を手札に加える。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

おはよー!!起きてー!!カンカンカンカン!!カンカンカンカンカン!!朝だよ!!外明るい!!ねえねえ!!見て見て!!すごい!!外!!明るい!!!!カンカンカンカンカンカンカンカン!!カンカンカンカン!!起きてー!!カンカンカン!!



はい、いきなりデッキの雲行きが怪しくなってきました。

このカードを使った瞬間、安らかな眠りに包まれていた壊獣たちが目を覚まし、
自然界から人間への警鐘とかそんなんのため、
フィールドにいたモンスターが残らずこっぱみじんになります。
人間はなぜ戦争という同じ過ちを繰り返すのでしょうか?
アーカーシャの記憶は何を伝えようとしていたのでしょうか?

この時代の皆さんには関係のないお話ですね。記述を続けます。おお……宇宙……

まあ追加効果を持つブラック・ホールのように使えるので除去として非常に優秀です。
たまにルインさんも巻き込まれてカメに踏まれたりしますが、必要な犠牲と思いましょう。

(2)の効果がまた優秀で、祝福の教会のコストとして使用した次のターンに、
デッキから『壊獣』を手札に加えることができます。


では採用している壊獣たちを見ていきましょう。
今夜のイカれたメンバーを紹介するぜ!



2_2016111007114701d.jpg

《怒炎壊獣ドゴラン》  / 効果モンスター
★8 / 炎属性 / 恐竜族 / 攻3000 / 守1200

(1):このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、
手札から相手フィールドに攻撃表示で特殊召喚できる。
(2):相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合、
このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。
(3):「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(4):1ターンに1度、自分・相手フィールドの壊獣カウンターを3つ取り除いて発動できる。
相手フィールドのモンスターを全て破壊する。
この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。

大陸の暴君、ドゴラン!
その巨体で町をふみつぶし、もう烈なほのおを吐いてあばれまわるぞ!



3_20161110071149ac1.jpg

《怪粉壊獣ガダーラ》  / 効果モンスター
★8 / 風属性 / 昆虫族 / 攻2700 / 守1600

(1):このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、
手札から相手フィールドに攻撃表示で特殊召喚できる。
(2):相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合、
このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。
(3):「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(4):1ターンに1度、自分・相手フィールドの壊獣カウンターを3つ取り除いて発動できる。
このカード以外のフィールドのモンスターの攻撃力・守備力を半分にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

大空の覇者、ガダーラ!
マッハ3で空をとび、もう毒のりん粉をまきちらして敵を幻わくするぞ!



4_201611100711508fe.jpg

《海亀壊獣ガメシエル》  / 効果モンスター
★8 / 水属性 / 水族 / 攻2200 / 守3000

(1):このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、
手札から相手フィールドに攻撃表示で特殊召喚できる。
(2):相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合、
このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。
(3):「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(4):相手が「海亀壊獣ガメシエル」以外の魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、
自分・相手フィールドの壊獣カウンターを2つ取り除いて発動できる。
その発動を無効にし除外する。

大海の王者、ガメシエル!
するどいキバはせん水かんをかみくだき、かたい甲らはミサイルほうもはね返すぞ!






いやあ、
見れば見るほど、ルイン様の方が来る場所間違えてる感がすごいですね!

なんでこんな怪獣大戦争の最中に放り込まれてるんでしょうルイン様!
スケールのでかいイモトかな


いずれにしても、壊獣カウンター系のカードは採用していないので後半の効果は使いません。
相手にも利用されちゃいますし、やるなら壊獣に特化させない限り手に余りますからね。

重要なのは各種ステータスと、共通効果――すなわち、

『相手フィールドのモンスターをリリースして、相手フィールドに特殊召喚できる』効果と、
『相手フィールドに壊獣がいれば、ノーコストで自分フィールドに特殊召喚できる』効果です。


そう、これら壊獣を相手フィールドに出してから、
ルイン様が《オネスト》を能動的に使用することで、
その壊獣の攻撃力をそのまま吸収した二撃目を放つことができるのですッ!

これは昔からルイン様デッキではラヴァ・ゴーレムで時折用いられていた方法でしたが、
その『ラヴァゴオネスト二段攻撃』コンボの部分に注目し、
現代のカードプールで可能な限りそれを通しやすくしたのがこのデッキというわけなのでした。


ついでにこの三種は★8なので、手札やフィールドにいればルイン様の儀式召喚のためのコストにもなりますし、
かなり限定的な使い方ですが、ルイン様と並べば《聖刻神龍-エネアード》になり、
状況突破能力を持たせることができます。除去札を使い終わってなおロックがキマッて膠着した時などに。



これら三種のうち、ガメシエルだけはルイン様が素で撃破できるため、
墓地の《妨げられた壊獣の眠り》を除外して手札に呼び込むことで、
《オネスト》が無い時も手軽な相手モンスターの除去として役立ってくれます。

ドゴランとガダーラについては、《妨げられた壊獣の眠り》を使用する場合も
わりと好みでどちらを相手に渡すか選んでもいいのですが、
基本的にはルイン様が殴りかかって能動的にオネストを使用し、
その攻撃力を得た状態で追加攻撃&こちらの場に残った壊獣の攻撃が通れば大抵勝てます。

無論、ルイン様が出せない状況下で除去を兼ねて使う場合は、
こちらにドゴランを置いて即座に敵壊獣を戦闘破壊しましょう。




ちなみにエクシーズについては、あまり使うことは多くないものの、
状況突破能力の高い汎用エクシーズを幾つか採用しており、祝福の教会の蘇生などから繋げられるほか、
時々リクルーターを読んで、安全に除去するアテがある場合に防御して放置されることがあったり、
初手リクルーター同士で防戦&防戦の構えになったりする場合があり、そういう時に状況判断で使います。

が、ちょっと変わったところではこんなのも。


12_2016111009485377c.jpg

《フェアリー・チア・ガール》  / エクシーズ・効果モンスター
☆4 / 光属性 / 天使族 / 攻1900 / 守1500
天使族レベル4モンスター×2

このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキからカードを1枚ドローする。
「フェアリー・チア・ガール」の効果は1ターンに1度しか使用できない。


リクルーター二体を潰してこれを出すべき状況というのは多少の判断力がいるのですが、
まあ「これはもう読まれてるな、活かせんだろ」と思った時はちゃっちゃと切り替えてドローしちゃいましょう。

そのドローで儀式召喚の準備が進めばそれでよし、
ドローしたカードがオネストだったりしたら、まんまと攻撃してきた相手に手痛い一撃を加えられるかもしれません。
このデッキだと使用後蘇生からの回収もしやすいですしね。






「ルイン様 対 怒炎壊獣ドゴラン!」などの意味不明な劇場版が頻繁に発生するので
なかなか使っていて楽しいです。ゴジラ対若大将と似たアトモスフィアを感じる。
「ドゴラン・ガダーラ・ルイン様! 三大怪獣・地球最大の決戦!」とかも宣言できます。
一回ガダーラ撃破したところでルイン様が除去られて勝者ドゴランになりました。何デッキだよ


あと、一度《儀式の下準備》発動した直後に《死のデッキ破壊ウイルス》を撃たれて
すべての壊獣とルイン様がインフルエンザで死んでいったことがあります。
独自の進化を遂げてきた壊獣は免疫機能が特殊なので細菌兵器がよく効く。SFですね。ストップ・ザ・バイオテロ。


……今度はルイン対メカルインでも作りましょうか。DNA改造手術でリミッター解除するの。




gozira.jpg
(私の心の中のよい部分を司るゴジラ)


gidora.jpg
(悪い仲間 キングギドラ)
edit

<<FUTURE | BLOG TOP | ピエロみたいなので揺らす>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP